2009年04月

2009年04月02日

特別な装置なしで3次元撮影+再生が可能なのは優れものだ



 人は被写体を2つの眼でとらえて、脳内で瞬時に画像合成することで、3次元として世界を捉えている。それと同様の仕組みで、特殊なメガネをかけずに裸眼で立体映像を楽しめる。

 左右に並べた高解像度・高精細フジノンレンズを2基搭載したレンズシステムが人の眼とと同様の働きをする。特に優れているのは、背面の液晶が3次元対応している点。そのため、リアルタイムで、撮影対象をが立体化されるいるのを視認ながらシャッターを切ることが可能。

 この仕組みを支えるのが左右の目に入る光を最適制御するLight Direction Control System(ライト・ディレクション・コントロール・システム)。

3Dデジタル映像システム「FUJIFILM FinePix Real 3D System」・ニュースリリース

archinet_japan at 21:22|PermalinkTrackBack(0) 最新技術動向 

2009年04月01日

グーグルの「アンドロイド」搭載携帯は新しい流れとなるのか


 グーグルの携帯向けOS「アンドロイド」。国内でも、その普及を期待する人も多い。これまたグーグルの思うつぼなのだが、それには「アンドロイド」陣営は世界的にも広がりを見せている背景があるようだ。

 勿論、「アンドロイド」がパソコンの採用された場合、一般的なアプリケーションなどは、マイクロソフトのものは使用できないから、これもまたグーグル提供のものを使用することになるだろう。このHPの試みの鍵となるのは、ユーザーがどちらの利便性をとるかにかかっている。

archinet_japan at 21:29|PermalinkTrackBack(0) IT関連