2013年01月

2013年01月08日

既存建物を変容させる

改築されたばかりの東京駅でもプロジェクション・マッピングのショウが行われ、話題となった。このニュースで紹介された試みも、近似的なもので、既存の建物を何らかの方法によって変容させるものだ。

建物の外壁に、別の建物を出現させたり、建物の中に、別の機能を付加したりしている。すでにできあがった建物は固定的なものと考えがちだが、これらの方法によって、かなり自由に変容させられるわけだ。もしかすると、それら変容を前提に、設計された建物が登場するかもしれない。

archinet_japan at 13:07|PermalinkTrackBack(0)