2014年01月

2014年01月31日

SNSの「友達」がそばにいたら声をかけるのだろうか

 
 このアプリへの評価はわかれるのではないだろうか。システム的には、「部屋に1歩入れば、室内にソーシャルネットワークを介して自分とつながっている人がいるかどうかをスマートフォンが教えてくれる」のはわかる。

 問題は、それまでにリアルな関係を築いていない人に会いたいのか、SNSを通じての通知機能があると思うが….続きを読む

archinet_japan at 20:05|PermalinkTrackBack(0) IT関連 

2014年01月30日

世界ではまだ「We Shall Overcome」が謳われている

 
 僕(ら)の世代はアメリカに、勝手に、近親憎悪的に影響されて育った。

 1963年11月22日金曜日(現地時間)、初の衛星放送中継で飛び込んできたケネディ大統領暗殺。1964年初頭までテレビ放映された「パパは何でも知っている」。

 何か暗い面もあるなと思いながら、こんなにも豊かな生活があるのだと思い知らされた。カッコいい車、大型の冷蔵庫…。

 そして、その間もベトナムへの…続きを読む

archinet_japan at 17:58|PermalinkTrackBack(0) 音楽 

2014年01月29日

吉祥寺に「キラリナ京王吉祥寺」開業

 引き続きの再開発ネタ。

 自宅からバスで吉祥寺に行ける。ここ一年ほどはご無沙汰だが、時間があると、渋谷から井の頭線に乗って吉祥寺まで行き、そこからバスで帰ることもある。

 その吉祥寺に、新たな商業施設として….続きを読む

archinet_japan at 18:25|PermalinkTrackBack(0) 街・ストリート 

2014年01月28日

「米国で処理されることに同意します」といわれても困るのだが

 
 相変わらず米当局による個人情報の収集に関する確執は続いている。

 この報道では、米国政府がフェイスブック、グーグル、リンクトイン、マイクロソフト、ヤフーの5社に対して行った、米情報機関による顧客情報の提供要請についての概要の公表を許可することで、合意したのことだか、一般のユーザー寄りに、何かが改善されたとは、とても思えない。

 要は、これまでは、当局から、それらIT企業への個人情報提供の要請の有無さえも公開が不可であったのが….続きを読む

archinet_japan at 17:17|PermalinkTrackBack(0) 社会・国際情勢 

2014年01月27日

久しぶりに数寄屋橋を通ったら馴染みのビルが消えていた

 
 京橋にある清水建設を取材し、その後、福井コンピュータアーキテクトに立ち寄り、数寄屋橋交差点まで歩いた時だった。

 最近、どれだけ銀座に来ていなかったかを露呈(別に卑下するのでもないが)してしまうが、数寄屋橋交番の向かい側にあった銀座TSビルが完全に解体され、工事用のフェンスで中は見えないようになっていた。

 時間がなかったので、チラ見だったが、日建設計と清水建設の名前は読めたが.....続きを読む

archinet_japan at 19:48|PermalinkTrackBack(0) 街・ストリート 

2014年01月25日

われわれのコミュニケーションが、痛みを和らげる薬と心を明るくする美酒となるように



 信仰はもっていない。「物神」を崇めてはいけないと思っているからだ。それでも、宗教が傷んでいる人々に何かの恩恵を与えられるのであれば、この上もなく嬉しい。

 ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王。CNNなどでも、その動向を伝えているが、彼が防弾車から降りて、人々の中に入っていく姿をよく見かける。

 警備担当者は…続きを読む

archinet_japan at 19:41|PermalinkTrackBack(0) 文化・歴史 

2014年01月24日

手っ取り早く外国人だとの施策は通用しないかもしれない


 取材で歩いていると、声高には誰も叫ばないが、建築業界では、人手が足りない、材料がない、仕事は増えているけれど、儲からない….が聞こえてくる。

 この報道をみて、やはりなのかという思いだ。2020年までの6年間が勝負だ。その後は、また仕事も減るかもしれない。それならば…続きを読む

archinet_japan at 17:42|PermalinkTrackBack(0) 建築 

2014年01月23日

外出すれば数度はぶつかりそうになる「ながらスマホ」の危うさ

 
 バラエティ番組で、いかに「ながらスマホ」が危険なのかを実験していたことがあった。

 そこでは視線が狭まり、衝突のリスクが高まるとの結果だったが、この報道によると、「ながらスマホ」では……続きを読む

archinet_japan at 18:21|PermalinkTrackBack(0) IT関連 

2014年01月22日

背景には二世帯住宅へのニーズの変化などがある

 昨年の後半、某雑誌の特集号の企画のために不動産市場の動向について調べた。その際に、住宅メーカーへの取材で顕著な動きがあるのを知った。

 背景には、所得が伸びず、若年層の住宅取得が困難となっていることや相続税の基礎控除額が…続きを読む

archinet_japan at 20:19|PermalinkTrackBack(0) 建築 

2014年01月21日

テニスプレーヤー用のウェアラブル・コンピュータ

 これも一種のウェアラブル・コンピュータ。このように、さまざまにセンシングされたデータをスマホやタブレット側のアプリで分析、解析、わかりやすく加工して提示する。スポーツ分野は、その利用に最も適した分野に違いない。

 これらのアプリで実現している最も重要な機能、要素は…..続きを読む

archinet_japan at 17:29|PermalinkTrackBack(0) 最新技術動向 

2014年01月20日

法律の恣意的な運用が恐怖を招く

 
 独裁の怖いところは、表面的な「強権」よりも、民主主義を装って制定された法律で、広く大きく網をかけ、その後は、恣意的にそれを運用することだ。

 この報道によると「同性愛プロパガンダ禁止法」は….続きを読む

archinet_japan at 20:48|PermalinkTrackBack(0) 社会・国際情勢 

2014年01月18日

経済産業省も脱原発への流れを先読みしたのか?


 東京都知事選挙をめぐり、小泉劇場の再演も始まろうとしている。その影響力は無視できないのか、彼を政治の師匠といってはばからない政府のトップも、基本的に、原発依存からは将来的には脱却するとのトーンの発言も始めている。

 経済産業省といえば、これまでは原発を推進してきた一大勢力だったが……続きを読む

archinet_japan at 20:09|PermalinkTrackBack(0) 最新技術動向 

2014年01月17日

何故、マイクロソフトは強権的な政権に協力するのだろうか

 
 おいおいスカイプまでもかよ....。教会で少しやり過ぎだったかもしれないプッシー・ライオット。あれで逮捕されて、牢獄入り。とても考えられない。大統領の思いつきで恩赦され、牢獄から解き放たれた。そんな人権無視が目立つ隣国での出来事。

 立法措置によって治安機関からの要請に応じて…続きを読む

archinet_japan at 18:39|PermalinkTrackBack(0) 社会・国際情勢 

2014年01月16日

米国NSAがネット未接続のデバイスからも情報収集

 
 インターネット。ありとあらゆるデバイスがとにかく繋がっている。繋がっていることが最大のメリットでデメリット。  

 最近では、外部から遮断すれば、インターネットに繋げなければデータは守れるとのことから、不便を承知の上で、インターネット未接続のサーバーなどにデータを蓄えるケースも増えている。

 こちらも、IDとパスワードを記録しているファイルは…続きを読む

archinet_japan at 18:37|PermalinkTrackBack(0) 社会・国際情勢 

2014年01月15日

スマホ時代の写真を巡る新たなリアルとバーチャルの融合


 この報道にもあるが、先日、渋谷駅前で、友人と待ち合わせをしていると、女子高生たちが「チェキ」で写真を印刷し、それを「回し見」しながら盛り上がっていた。何度か書いたが、今は、人類史上、最も写真を撮影している時代。

 SNSなどに投稿するのであれば、スマホ一台あれば、デジカメなしでも事足りる。

 そんな中、何故、「チェキ」なのか…続きを読む

archinet_japan at 19:25|PermalinkTrackBack(0) 最新技術動向 

2014年01月14日

LED採用で本格的な自己防衛も考えたい


 消費増税という錦の御旗があるので、値上げの決定だけは素早い。14日、各方面のメディアで公表されたが、東電は消費増税に合わせて、5月分から電気料金を値上げすると発表した。標準世帯(30アンペア・月間使用量290キロワット時)では、現行の7,315円から209円増の7,524円となるとのことだ。

 折から東京都知事選挙の立候補者も出揃いつつあり….続きを読む

archinet_japan at 19:25|PermalinkTrackBack(0) 社会・国際情勢 

2014年01月10日

電源の多様化で広がる自動車の社会的役割

 
 自動車の役割の多様化が進んでいる。我が国でも「電気自動車」を家庭の蓄電池として夜間電力利用によるコスト削減に利用したり、緊急時の非常用電源として準備するなどの動きが急だ。

 一般の地上波ニュースでも、米国ラスベガスで開催中の世界最大級の家電見本市「国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」の模様を報道しているが、その際も、スマホなどのIT機器の最新動向と共に…続きを読む

archinet_japan at 19:51|PermalinkTrackBack(0) 最新技術動向 

2014年01月09日

ツイッターは新アプリ「Jelly(ジェリー)」で大変身するかもしれない

 
 ツイッターはやっていない。前にも触れたが、緊急時などの情報伝達手段として有効なのはわかっているが、頭痛い、腹痛いとつぶやいても何になるのかなと偏見もあるのかも。それでもこの報道を読んで、やってみるかなとも思っている。

 というのは…続きを読む

archinet_japan at 15:22|PermalinkTrackBack(0) 最新技術動向 

2014年01月08日

身体性とのより高い親和性が問われる情報機器

 米国ラスベガスで開催中の国際展示会「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」。地上波のニュースでも取り上げられるなど、注目が集まっている。先程は、何とペット用のウエアラブル・コンピュータが登場したとの報道があった。

 ペットの健康管理ができるだけでなく…続きを読む

archinet_japan at 21:45|PermalinkTrackBack(0) 最新技術動向 

2014年01月07日

とうとう兵器産業での「3Dプリンター」利用が始まった

 
 この報道を観て、やるだろうなと思っていたが、やはり….だという思いだ。3Dプリンターの話題が喧伝され始めたかなり早い時期にCNNで観たのが「銃」の製造シーン。試射もしていたし、既成の銃器と同様の殺傷性能もあるとのことだった。

 古今東西、資本の側からする、兵器産業は最も、儲かる商売だ。多くの政府が一定程度の予算を支出し続けているから、安定した売上が確保できる。ましてやリアルな紛争が起これば… 続きを読む

archinet_japan at 16:56|PermalinkTrackBack(0) 社会・国際情勢