2014年02月

2014年02月27日

スターバックスコーヒーに行ってみようか

 この報道を読んで久しぶりに明るい気分だ。別にこちらが給与を払うのではないけれど、諸手を上げて大賛成だ。

 スターバックスコーヒー。米国では銃の持ち込みを拒否したり、独自の企業理念に基づき、店舗展開している。

 国内に登場した際、まだ喫煙していたので…続きを読む

archinet_japan at 20:28|PermalinkTrackBack(0) 街・ストリート 

2014年02月26日

LINEがキャリア横断型の低料金通話サービスを開始

 (音声)電話をほとんどしなくなった。すぐに連絡したい際もショートメールだ。文字数が限られているケースもあるので、最近ではLINEだ。いつ(音声)電話するのかというと、トラブル発生時。顔色まではうかがえないが、声のトーン程度はわかるので、直接、会うのに近いからだ。

 いつかやるかと思っていたが、LINEがキャリア横断型の低料金通話サービスを始める。スマホゲームからの収益に依存する体質を改善するため…..
続きを読む

archinet_japan at 18:43|PermalinkTrackBack(0) IT関連 

2014年02月24日

アンネは「普遍」と共に、普通も体現したからこそ、今も生き続けている

 誰がやったにしろ、ひどい話だ。本は図書館内で傷つけたようだから、容疑者が特定されるのも近いかもしれないし、その後、その人物を巡る報道も喧しくなるだろう。

 だから、過剰となるかもしれない騒がしさの前に、誤解を恐れずにいうと……続きを読む

archinet_japan at 21:01|PermalinkTrackBack(0) 文学 

2014年02月21日

SNSがよりリアルな出会いさえ演出する


 フェイスブックやツイッターを航空券購入の「入口」にする作戦は理解できる。二つのサービス共に、個人データ提供を受け取れたユーザーが利用しているからだ。

 匿名性に根ざした行動ではないので、サービスの提供側としても、個人として「購買」というアクションに繋げやすい。

 この報道で気になるのが.......続きを読む

archinet_japan at 16:53|PermalinkTrackBack(0) 社会・国際情勢 

2014年02月20日

アマゾン・コムが発行するバーチャル貨幣を利用するものだともいえよう

 この報道を読んでも、アマゾン・コムが最初から、金融業への進出を考えていたのかは定かではない。

 アマゾン・コムはデジタル時代の覇者のようにいわれるが、実は、書籍などのリアル=非デジタル商品を扱う物流企業だともいえる。

 小売業者向け融資サービス「アマゾン レンディング」によって…続きを読む

archinet_japan at 17:51|PermalinkTrackBack(0) IT関連 

2014年02月19日

どんなに「嫌」を叫ぼうとも、炊飯器の爆買いが有難いという冷徹な経済原則

 最近、書店に行くと、隣国に対して「嫌」の文字を明示した数多くの書籍が平積みされているのに驚かされる。どんな意見を表明しようと自由だし、批判するつもりもないが、どこからかやってくる居心地の悪さはある。

 歴史を手繰りよせれば、さまざまあったし…続きを読む

archinet_japan at 17:51|PermalinkTrackBack(0) 社会・国際情勢 

2014年02月18日

消費増税で円単位で上がる銀行の手数料を考えてみる

 
 消費増税で銀行の振込や出入金手数料も円単位で上がる。かつてほどではないが、いまだに、手数料が何故、高いのかは不可思議だ。というよりも、消費者は気づいている。それ自体が金融機関の重要な収益源なのだと。

 インターネット専業のネットバンクはというと….続きを読む

archinet_japan at 19:13|PermalinkTrackBack(0) 最新技術動向 

2014年02月17日

「信仰も化学も同じやうになる」地平とは

 
 宗教はもっていない。世界には、神も仏もないと、まだ気張っているし、魂もないから、逝けば逝ったきりだと思っている。昨年、身近に、生き死にの大病があったけれど、残り時間が少ないぞと思い知らされたくらいで、だからといって、急に、特別に、しゃかりきに、頑張ってもいない。

 そんなものなので、政教分離だとしている米国で、大統領就任宣誓の際に聖書に手を当てるのも理解できないし、出自がほぼ同じで、聖人さえも共有しているのに、あまりにもの近親憎悪で、殺し合いをしているユダヤ、キリスト、イスラムもわからない。

 だから….続きを読む

archinet_japan at 17:56|PermalinkTrackBack(0) 文学 

2014年02月14日

この国ではFB上で「第三の性」を公表するのは難しいだろう

 
 僕はストレートだし、そうではない人に興味はない。ただ、そういう人がいることは認めているし、好き嫌いとは別に理解はできる。

 米国では保守的な州でも同性婚よしとの判決も出ているし、ロシアの対応を訝って、オバマも開会式にはいかなかった。

 そんな流れからすると、Facebookの対応は遅かったのかもしれない。早速、自分のFacebookの基本データを見たら….続きを読む

archinet_japan at 18:11|PermalinkTrackBack(0) 社会・国際情勢 

2014年02月13日

バーチャルキーボード?でiOS独特のオペレーションも

 バーチャルキーボード? Bluetoothで接続してスマホ、タブレット、パソコンにキー入力可。機器自体は幅3.5☓奥行き2.0☓高さ7.0cm。キーボード自体は100mm x 240mmで映しだされるとのこと。

 ネット上で前にも見たような気がする.....のよりも進化した部分は…..
続きを読む

archinet_japan at 17:56|PermalinkTrackBack(0) 最新技術動向 

2014年02月12日

インフォグラフィック=>2020年に向けて不動産はどうなるのか

 不動産を転がす予定も力もないのですが、不動産市場の調査、取材は続けています。そんな中で、こんな情報を見つけました。
 
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、じゃ〜、いったいどうなるのか。不動産のプロ100名に今後の不動産市況についてのアンケートを実施し…..
続きを読む

archinet_japan at 16:14|PermalinkTrackBack(0) 街・ストリート 

2014年02月10日

創業10周年記念のサービスだった自分史動画

 
 Facebookが自動的に作ってくれる映像による自分史。こちらの情報は全て握られていて、それを勝手に使って、BGMも入れて、映像化してしまう。なかなかの出来具合で直截に、文句もいいにくい。

 なんで、このタイミングでFacebookが、こんなサービスを始めたのかというと….続きを読む

archinet_japan at 18:26|PermalinkTrackBack(0) IT関連 

2014年02月06日

Mac30歳の動画のメーキングが面白い

 Macが30歳を迎えたのは少し前に書いた。国内のアップルサイトにはよくアクセスするが、米国のそれにはご無沙汰だった。

 30歳になったのだから、何かやっているのではと思い、アクセスしてみた。

 するし、「Happy Birthday,Mac.」の下に…..
続きを読む

archinet_japan at 20:48|PermalinkTrackBack(0) IT関連 

2014年02月05日

ビル・ゲイツは自らを奮い起こせるのだろうか

 
 ビル・ゲイツ氏が米マイクロソフト社の会長職を退任。

 完全に慈善事業主体の生活を送るのかと思っていたら、真逆だった。「技術アドバイザー」として「社により多くの時間をささげる」意向とのことだ。

 有り余るほどの資産を手にし、すでにマイクロソフトの経営には距離をおいていると思われていたのに….続きを読む

archinet_japan at 18:11|PermalinkTrackBack(0) IT関連 

2014年02月04日

半数近くがFacebookには「うんざり」しているのだが

 
 Facebookは、決して「人生」のど真ん中にはいないけれど、やはり気になる存在。この報道でのアンケート結果を読むと、結局、ユーザーは揺れ動いている。

 「他人が必要以上に自分の個人情報を共有しているとの概念」について…続きを読む

archinet_japan at 17:13|PermalinkTrackBack(0) 編集部便り 

2014年02月03日

「電気は買いたくない」と語った女性たち

 統計的にしっかりとしたデータでなく、感触データなので、そのあたりは割り引いて欲しい。

 昨年の後半に、いわゆる団塊世代の方々を対象に、二世帯住宅に対するヒアリング調査を行った。その際に、別テーマとして話し合った時に提示された意見を紹介する。

 3.11が余りにも大きな衝撃だったので……続きを読む

archinet_japan at 19:04|PermalinkTrackBack(0) 最新技術動向 

2014年02月01日

iTunesが「カラヤン・ベスト100」を23円(1曲)で配信開始

 コンテンツの価格とは何かを考えてしまう。

 デジタル配信限定アルバム「カラヤン・ベスト100」。今回の限定配信では、何と1曲あたり23円☓100曲収録だ。

 デジタル配信技術の進化と….続きを読む

archinet_japan at 17:26|PermalinkTrackBack(0) 音楽