プロジェクター投影ができるiPhoneケース経済はやはり元気な方がいい

2012年03月08日

「Siri」の日本語対応も同時発表

 9.7インチの高解像ディスプレイ「Retina」は従来のiPadの4倍の解像度だという。これまでもかなり綺麗だったが、さて早速、店頭で見てこよう。それと合わせて、話題のLTE高速通信方式に対応するのも魅力だが、何よりも、「iOS 5.1」で「Siri」の日本語対応も実現したのが嬉しい。

 高度な音声認識システムに初めて日常的に向き合うこととなる。米国の「Siri」に関するコマーシャルによると、単なる音声認識でなく、一種、「対話」に近い能力を発揮していた。日本語でそこまでいけるのかも興味深いし、どんな学習をしていくのかも楽しみだ。この「Siri」もジョブズの置き土産だ。せいぜい「対話」してみようと思う。

archinet_japan at 18:42│TrackBack(0) 最新技術動向 

トラックバックURL

プロジェクター投影ができるiPhoneケース経済はやはり元気な方がいい