「構想力訓練」のためにも、せせこましくいく大成建設の基本給1.5%相当のベア歓迎と共に懸念材料も

2014年03月19日

国土地理院が3Dプリンタ出力で模型化もできる「立体地図」を公開

 ネットの普及と共に、地図を見る機会が増えた。初めての取材先を訪問する際には、以前ならば、地図サイトで検索し、出力を持参したが、今では、iPhoneがあれば事足りる。

 人類史上、一番、写真を撮っているのではと書いたが…

 地図も同様で、一番、地図を見ているのではないだろうか。

 さて、何でもかんでも「3D」だ。サイトにアクセスしたが、混んでいるようで、繋がらない。タイミングを見計らってみよう。

 かつて小学生時代、平面地図から等高線を読み取り、紙粘土で立体地図を作ったのを思い出した。それが3Dプリンタで出力される。それにしても便利になったものだ。


archinet_japan at 19:37│TrackBack(0) 最新技術動向 

トラックバックURL

「構想力訓練」のためにも、せせこましくいく大成建設の基本給1.5%相当のベア歓迎と共に懸念材料も