名水百選「観音水」の地元で生まれた「呼吸する和紙のモビール」部屋をスキャンすると間取り図を作ってくれるアプリ「RoomScan Pro」

2014年03月28日

「500色の色えんぴつ」で世界にはこんなにも「色がある」と思えるかも

 この前の東京オリンピックの時に、かつての我が家にカラーテレビが来た。それまでセピア色のようだった世界が一挙にカラーになった。それだけカラーテレビは鮮烈で、世界にはこんなにも「色がある」のかと思い知らされた。

 そんな育ち方だから、いわゆる色彩感覚とかはきっと欠落していて…..


 「色」を意識してのオシャレとかも苦手なのだろう。

 だから「色」には、コンプレックスのようなものがあって、この「500色の色えんぴつ」とか、見せられると目も点になる。

 絵心もないので、もしも、これを手に入れても、何か描くとかはないけれど、見ているだけでも楽しいし、世界中の色を手に入れられたようで嬉しくなるはずだ。



archinet_japan at 17:21│TrackBack(0) 編集部便り 

トラックバックURL

名水百選「観音水」の地元で生まれた「呼吸する和紙のモビール」部屋をスキャンすると間取り図を作ってくれるアプリ「RoomScan Pro」