不思議なワクワク感のある「光る本棚」を見つけたケーブルを「絡まるくらいならアートにしちゃえばいいじゃない」

2014年04月02日

手のひらをディスプレイにするウェアラブル・デバイス

 パソコン、iPad、iPhoneとディスプレイをずっと見ている。クラウドやらで同期もしているので、大切なデータは、ひとつのデバイスでの変更で済む。

 確かに便利なのだが、ちょっと飽きてもきている。

 いよいよ次はウェアラブルかなと思っていたら…..


 「Predictables」というデバイスを見つけた。

 開発しているのは、イスラエルのデザイナーdor tal氏。手のひらをディスプレイにするという発想も面白い。

 三脚の上にプロジェクターがついているものも同じ機能。こっちは壁などに投影して、しかも、それを操作できるというもの。これって、プレゼンとかにも使える。

 「Predictables」という製品名は、もっと先進的な機能ももっていることも示唆しているらしい。それは使う側の行動パターンなどを読み取って、先回りの提案もするとか。



archinet_japan at 19:42│TrackBack(0) 最新技術動向 

トラックバックURL

不思議なワクワク感のある「光る本棚」を見つけたケーブルを「絡まるくらいならアートにしちゃえばいいじゃない」