手のひらをディスプレイにするウェアラブル・デバイス増税直後に旗艦店オープンとはZARAの自信の現れ?

2014年04月04日

ケーブルを「絡まるくらいならアートにしちゃえばいいじゃない」

 空き時間に家電量販店のアップル・コーナーによったら「コンセントボックス」を見つけた。絡み合い、整理もままならないケーブル類をまとめて収納する容器だった。

 展示されていたのは主にプラスチック様のものだったが、ネットで調べると、木製など、さまざまなタイプが見つかる。

 ネットを探索していて……


 見つけたのが、やっかいなケーブルを「絡まるくらいならアートにしちゃえばいいじゃない」という提案。

 デジタル機器周りは、何か手をつけると、現状維持とならず、必ずトラブルので、自らやりたいとは思わないが、確かに、なかなか美しくもある。こんな手もあったのだ。



archinet_japan at 19:29│TrackBack(0) アート 

トラックバックURL

手のひらをディスプレイにするウェアラブル・デバイス増税直後に旗艦店オープンとはZARAの自信の現れ?