建築

2014年03月29日

部屋をスキャンすると間取り図を作ってくれるアプリ「RoomScan Pro」

 当方のFBにやってくるのは年長の方々が多いので、年度替りに、引っ越しなんてないと思うのだが、確かに、引っ越しなどで新居に移る時に、このアプリがある便利だろう。

 壁を貼り替えたい、家具を入れなおしたいという時に、失敗しないように….
続きを読む

archinet_japan at 20:58|PermalinkTrackBack(0)

2014年03月20日

大成建設の基本給1.5%相当のベア歓迎と共に懸念材料も

 GDPの過半を消費が占めるのだから、最も効果的な景気対策は、ベースアップだ。大成建設の基本給1.5%相当のベアを10年間続けると、どうなるのか。決して経営側の味方ではないのだが、かなりの決断なのがわかる。

 東京、大阪、名古屋の三大都市圏の地価がリーマンショック発生時以来、6年ぶりに上昇に転じるなど……続きを読む

archinet_japan at 20:10|PermalinkTrackBack(0)

2014年03月07日

ザハ・ハディド・アーキテクツ設計の「水飲み場」

 
 新国立競技場。どこまで信憑性があるかの裏とりはできていないが、不動産投資市場の現況について調べている際に、ある工事業者から聞いた話だ。

 上の方(類推してほしいのだが)から、準備もあるので、新国立競技場の近くに事務所を確保してほしいと要請されたというのだ。

 すでに、既定の事実として…続きを読む

archinet_japan at 20:04|PermalinkTrackBack(0)

2014年01月24日

手っ取り早く外国人だとの施策は通用しないかもしれない


 取材で歩いていると、声高には誰も叫ばないが、建築業界では、人手が足りない、材料がない、仕事は増えているけれど、儲からない….が聞こえてくる。

 この報道をみて、やはりなのかという思いだ。2020年までの6年間が勝負だ。その後は、また仕事も減るかもしれない。それならば…続きを読む

archinet_japan at 17:42|PermalinkTrackBack(0)

2014年01月22日

背景には二世帯住宅へのニーズの変化などがある

 昨年の後半、某雑誌の特集号の企画のために不動産市場の動向について調べた。その際に、住宅メーカーへの取材で顕著な動きがあるのを知った。

 背景には、所得が伸びず、若年層の住宅取得が困難となっていることや相続税の基礎控除額が…続きを読む

archinet_japan at 20:19|PermalinkTrackBack(0)

2013年12月12日

「一棟まるごとアパートWi-Fiサービス」の導入サービス始まる

 「木造アパートのオーナー様限定」というのが超お洒落ではないけれど、こういう時代なのだろう。一戸あたりで割り振れば安いものだ。

 こちらはというと、12月1日でキャンペーン終わりですよ、と急かされて、iPhone5SとiPad Airにした。iPhoneの方は、4G回線でも一年間は約1,000円値引きだから、前とほとんど変わらず、旧iPhoneの残債をもってもらったので、まあお得。

 iPad Airの方は、これも旧iPadの残債分を含めても下取りで、これまたメリット大だった。というよりも、それだけやっても、まだ膨大な利益が出るのだから、もっと安くなるのではと逆に訝しい。

 それでも、少しでも通信費を節約したいので….
続きを読む

archinet_japan at 18:27|PermalinkTrackBack(0)

2013年12月09日

シドニーのオペラハウスを「シェア」する

 アーキネット・ジャパン事務局の方にも書きましたが、こちらでも。不動産のシェア(なのかな)というと、いくつかの課題も指摘されている「ワンルームマンションの区分所有」なども頭をよぎりますが。

 これは建築という箱物=「究極のハードウェア」を、どのようにして「シェア」するのかという新しい試みかもしれません。

 勿論、シドニーのランドマークといえるオペラハウスという著名の建物だから可能だといえるのですが….続きを読む

archinet_japan at 21:41|PermalinkTrackBack(0)

2012年12月20日

私権制限もやむを得ないのか


行政側の決意として、遅きに失した気もするが、ひとつの提案として徳島県は一石を投じた。3.11の被災地でも、集団移転などに際して、私権の制限との兼ね合いで、対策が進まないとも報じられた。今後の津波対策を考える際、私権の制限に踏み込まざるを得ないが、その際にも、あくまでも科学的で、公正であり、人々が納得できる情報公開を最優先すべきだ。

また、移転を余儀なくされた人々に対する財政的な支援も必要だろう。その際に、どこまで、公が担うのかの議論もしなければならない。いずれにしろ、これまでとは異なる発想で、私と公が協力し、安全で暮らしやすいインフラを作らなければならない。

archinet_japan at 16:13|PermalinkTrackBack(0)

2012年12月12日

具体的な数値目標の可視化がポイント


IT技術を用いて建築物の運営、ランニング・コスト削減を行う試みは、我が国でもかなり以前から実践されている。電気、空調、給排水・衛生などの建築物運営の鍵を握る設備群の背後には、すでにインターネット回線が張り巡らされており、季節変化による建築物の外部・内部環境の制御、ワークスタイルの変化に応じた対人的サービスの効率化を実現している。そのため、このニュース自体は、それほど目新しいものではないが、米国発というところと、具体的な数値目標が明らかとされていることが注目できる。

また、シカゴという米国経済の一翼を担う一つの大都市が一丸となって取り組もうとしていることも意義深い。米国は京都議定書に参加もせず、地球温暖化対策には消極的だった。またシェールガス革命ともいわれている新技術の出現で、やがて中東から石油を輸入せず、近い将来には輸出国になるとの環境変化の中で、これらの試みが行われるのが興味深い。米国も、ようやく地球温暖化対策の重要性に気づいたのかもしれない。

archinet_japan at 15:12|PermalinkTrackBack(0)

2012年12月04日

さて我が国ではどの程度の設定なのか


 今では当然のようにエレベーターはコンピュータ制御されている。この20秒だが、我が国ではどのような設定がなされているのだろうか。そんなに急いでどうするのかとも思うが、いざ自分自身を考えると、結構、いらいらしたりもある。

 それでも最近、エレベーターの事故をよく報道で聞くので、まずは安全だろうし、かなりエレベーターの稼働には電力も食っているはずだから、省電力の方に配慮すべきだ。20秒.....。う〜ん。いざとなると長いのだろうか。

archinet_japan at 16:38|PermalinkTrackBack(0)

2012年11月27日

古くて新しいルーフデッキ論


 このニュースにあるように「新鮮な空気の下で仕事をするとストレスが下がり、仕事の能率が上がる場合があるとの調査結果」とは大いに理解できる。ことさらシリコンバレーだからということでもなく、室内空間と地続きのようにして使い勝手の良いルーフデッキは心地よいものだ。決して、目新しい建築手法ではない。

 では、今、何故なのか。ひとつには、かつてのように都市の大気汚染の度合いが低くなったことがあるだろう。また有線のケーブルに支配されていたネットワーク環境が無線化に向かい、しかも高速・大容量化が進んだことも大きい。更に、屋上緑化にみられるように、室外空間を快適に演出できる技術も進化している。写真を観ただけでも気分はよさそうだ。

archinet_japan at 19:08|PermalinkTrackBack(0)

2012年11月22日

まだ着工前だったアップルの新社屋


 この社屋もジョブズの置き土産。計画の発表とともに、デザインが公表されたのは彼が存命中だった。かつてクパチーノを訪ねたことがある。緑が多く、こんな環境で仕事ができたらと思ったものだ。

 時代は過ぎたが、やはりこの西海岸には、かつてのカウンターカルチャーの残り香が感じられる。その中でジョブズは生まれ、アップルが成長したことをまた思い出した。建物の完成後に、訪問できたら嬉しい限りだ。

archinet_japan at 19:13|PermalinkTrackBack(0)

2012年11月15日

不況の最中のオープンとは


 ジャン・ヌーベル、我が国では汐留の電通本社ビルの設計者として知られている。彼の作品は、透過性の高いガラスなどの素材を用いて視覚的効果を最大限に発揮、Vanishing Architecture=消失する建築とも評されている。このホテルは最高級の部類の属するだろう。

 ヨーロッパ、中でもスペインは高い失業率に喘いでおり、EU横断的なデモも行われた。この時期のオープン。古くから建築の抱えているジレンマは、大きな資金、パトロンが必要なことだ。今の時代状況とかけ離れて存在できないであろう建築作品。市井の人々は、どんな思いで、この建物を見上げるのか。

archinet_japan at 20:20|PermalinkTrackBack(0)

2012年10月01日

巨大な浴槽は防弾チョッキ?をまとっている



 さて、約10年がかりの改装工事を終えて前週再オープンしたアムステルダム市立美術館は何故、複合素材でコーティングされ、「鉄より5倍強い」仕様とされたのか。推測するに、その強さよりも、3,000平方メートルの壁面を継ぎ目のないパネルで覆うことに意味があったのかもしれない。

 この新館の拡張部分の設計を担当したのは、スキポール空港などを手がけた建築家メルス・クローウェル。写真にもあるバスタブのような形のウィングが、新しくなった市立美術館の入り口となっているそうだ。

archinet_japan at 21:09|PermalinkTrackBack(0)

2012年04月10日

iTunes App「東京建築ナビ」

主に1980年以降の東京の有名建築家による作品群、約1000件を網羅。安藤忠雄、磯崎新、妹島和世、伊藤豊雄...大御所から若手まで有名建築を網羅。それぞれの建築について建築家名、建物名、住所、年代、写真、建築家のプロフィールなどを確認可能。GPSにより自分の周囲にある有名建築を一発検索。その建築までの距離やルートも検索可能。建築家名、建物名から検索 もちろん、建築家の名前や建築物の名前からも検索可能。例えば「安藤忠雄」と検索すれば、彼の建築がリスト化され表示される。有料=350円。(C)R-STORE LTD.

archinet_japan at 18:54|PermalinkTrackBack(0)

2012年04月06日

iTunes App「Gaudi Gallery」



「Gaudi Gallery 〜ガウディの美学〜」は、スペイン・カタルーニャの孤高の天才建築家 アントニ・ガウディの美学、こだわりを動画と解説付き写真集で紹介するアプリケーション。高画質の美しい写真と動画でガウディの美学を再認識できる。有料=85円。(C)Rolling Company, Ltd。

archinet_japan at 14:24|PermalinkTrackBack(0)

2012年04月05日

iTunes App「Antoni GAUDI-Yoji ISHIKAWA ”world tour”」

 Mytec Entertainment~~鬼才!Antoni GAUDIサグラダ.ファミリアとグエル公園を中心に観光的な眼でブラリ散歩した作品。写真集モードでは画面をタップするとサムネイル・スライドショー・設定メニューが表示される。ピンチイン/アウトまたはダブルタップでズームが可能。左右フリックでページを切り替えられる。スライドショーモードでは、 スライドショーでは、設定した時間が経過すると自動的に写真が切り替わっていく。有料=250円。(C)Yoji ISHIKAWA。

archinet_japan at 21:02|PermalinkTrackBack(0)

2012年04月04日

iTunes App「空撮日本」

 空撮データ:368件(54件追加:岬、競艇場を追加)名所カテゴリーを細分化(名所、遺跡・古墳、タワー、温泉)日本を空撮(Googleマップ)で見てみませんか?日本の名所や有名な建築物、スポーツ施設、世界遺産、神社仏閣、テーマパーク、山や海などを上空から楽しむ「空撮日本」。(C)Aerial Photography of Japan。

archinet_japan at 20:01|PermalinkTrackBack(0)

2012年04月03日

iTunes App「ART and ARCHITECTURE REVIEW」

 株式会社アートイット~~アートと建築の分野を横断するWebマガジン『ART and ARCHITECTURE REVIEW (AAR)』(http://aar.art-it.asia)の公式iPhoneアプリ。アートと建築のジャンルをクロスする毎月の特集記事をはじめ、日本各地の若手建築家、建築写真家等によるブログも楽しめる。(C)ART and ARCHITECTURE REVIEW。

archinet_japan at 13:01|PermalinkTrackBack(0)

2012年04月02日

iTunes App「建築Walker」

 地図上から全国の有名建築を探すことができるシンプルなアプリケーション。ユーザーの現在地周辺の建築を地図に表示できるほか、好きな建築家名、建物名などから検索することができる。ユーザーの撮った建築写真は、そのままTwitterに送ることができ、好きな建築を巡った足跡を残すことができる。ホームページ「建築作品データベースpocketNAVI.」(http://kenchikuka.com/)の公式アプリ。(C)Norie NIWA。

archinet_japan at 11:04|PermalinkTrackBack(0)