グッズ

2013年12月13日

アップルが26日から「12 DAYS プレゼント」でアプリなどを無償提供

 OSや純正ソフトウェアをの無償提供を始めたりと、アップルはビジネスモデルを変えつつあるのだろうか。少しばかり意地悪く考えれば、かつてのような新機軸はなくとも、iPhoneとiPadが売れに売れているということだ。

 そんな中…..続きを読む

archinet_japan at 18:54|PermalinkTrackBack(0)

2010年05月17日

「OLYMPUS PEN artist’s Life Project」プレゼントキャンペーン

 オリンパスイメージング株式会社では、OLYMPUS PEN artist’s Life内にて第3弾となるプレゼントキャンペーンを2010年5月11日(火)から実施中。OLYMPUS PEN Liteやアーティストサイン入りグッズが抽選で当たる。

OLYMPUS PEN artist's Life

オリンパス E-P1 3年間保証セット
 誕生した年から50年を経て、デジタルカメラとして復活した“マイクロ一眼"OLYMPUS PEN"。

 「OLYMPUS PEN artist’s Life Project」とは、ファッション、音楽、建築、デザイン、映画、ゲーム、漫画など様々な分野のアーティストと「オリンパス・ペン」のコラボレーションによって生まれた表現作品(写真・動画)やインタビューを一堂に集めたWEBコンテンツ「artist's Life」を創り上げるプロジェクト。現在、建築家では、青木淳、隈研吾が参加している。

AFPBB News

archinet_japan at 09:03|PermalinkTrackBack(0)

2009年09月03日

小型デジタル一眼「ルミックス」新機種

 世界最小・最軽量※1でスタイリッシュなボディで、写真だけでなく、ハイビジョン動画も撮影可能なレンズ交換式デジタル一眼カメラ「DMC-GF1」。

 同社では、昨年10月にマイクロフォーサーズシステム規格に準拠した小型・軽量のデジタル一眼カメラ「DMC-G1」、本年4月には世界初となるフルタイムオートフォーカスでのハイビジョン動画撮影を可能にした「DMC-GH1」を発売した。

 G1/GH1は、LUMIX Gシリーズの特長である小型・軽量、フルタイムライブビュー、おまかせiA機能、AVCHD動画などに高い評価を受け、カメラ愛好家から初心者まで幅広く支持されている。GF1は、G1/GH1に比べ飛躍的な小型・軽量化を図り、より日常的にデジタル一眼を持ち歩き、撮影を楽しむタイルの提案を目的に開発。

※1)
フラッシュ内蔵レンズ交換式デジタルカメラのボディとして2009年9月2日現在。




 コマーシャルには女性の樋口可南子氏を登用。一眼カメラというと操作が難しいとの女性の意見を集約し、操作性の向上も実現、美しさとコンパクトカメラの便利さを両立させた「コンパクト一眼」という市場を創出し、女性に提案していくとのこと。

特長
(1)世界最小・最軽量※1でスタイリッシュなデジタル一眼カメラ。
(2)AVCHD Lite動画でテレビ・レコーダー等のAV機器と簡単連携。
(3)進化した「おまかせiA」「マイカラーモード」で簡単撮影もこだわり撮影も可能。

価格
・オープン価格

出典
「DMC-GF1」ニュースリリース

archinet_japan at 05:47|PermalinkTrackBack(0)

2008年11月05日

ライカは「M8.2」はプロ仕様のデジタルカメラ



 このライカは「M8.2」は9月17日に発売が公表されたもの。レンジファインダーのデジタルカメラの新機種。2006年秋発売の「M8」のリファインモデル。

 シャッターは金属縦走り。最高シャッター速度は1/4,000秒に低下。液晶モニターのカバーガラスにサファイアガラスを採用。するなど、M8アップグレードサービスと重複する 新機能として「スナップショット」モードを追加。シャッタースピードダイヤルを「S」ポジションにすると、シャッター速度、ISO感度、ホワイトバランスを自動で設定する。Mマウントなので絞りはユーザーが設定可。また、主要な設定をカメラに任せるモードとなっており、絞り優先AEはM8から引き継ぐ。

 バッテリー充電器を小型化し、90分でバッテリー容量の80%まで充電可。本体サイズは幅138.6×奥行き36.9×高さ80.2mで重量は約545g(バッテリー含まず)。 RAW現像ソフトとしてCapture One 4が付属。撮像素子は18×27mmの有効1,030万画素CCDで、実撮影画角はレンズ表記の焦点距離の1.33倍に相当。最高感度はISO2500。

ライカ「M8.2」公式サイト
価格.com(最安値情報)

archinet_japan at 13:56|PermalinkTrackBack(0)