さいたま市の小さなハートフルビルダー。
一級建築士・宅建取引士・ファイナンシャルプランナーである40代社長の家づくり日記。

ブロック塀の耐震診断

昨年は大きな災害に見舞われた年でした。
清水寺で行われている今年の漢字も「災」でした。

大阪北部地震でブロック塀が倒れ、尊い命がなくなり、ブロック塀は大きな凶器となることを改めて思い知らされました。
建物の耐震化の影でおざなりになっていたのでしょうか。

今年はブロック塀の耐震診断が義務化になります。
対象は自治体指定の緊急輸送道路など沿いにつくられている塀で、倒壊すると道路の半分を超えて塞ぐ恐れのある高さがあるもので、原則として長さ25メートル超の塀です。
学校などの公共施設や工場の塀などを想定していますが、ご自宅のブロック塀も気にした方がよいでしょう。

昨年末ブロック塀の耐震診断講習を受講しました。
ブロック塀のお問い合わせがあってもいいように準備しています。

DSC_0498






平成31年さいたま市新年名刺交換会

当社の仕事始めは6日(月)から。
私は4日(金)からウォーミングアップ。

午前中に出勤し、昨年のうちにまとめていた書類をプリントアウトし浦和区のさいたま市建築総務課に提出。
その後、中央区のさいたま市公園管理課へ移動し昨年のうちに完了した工事鍵を返却。
昼食をとり、大宮区のパレスホテルに向かい、新年名刺交換会へ。
午後は南区の建築士事務所協会へ書類と差し入れを届けてウォーミングアップ終了となりました。

さいたま市は昨年130万人を突破した模様です。
全体の人口が減る中、まだ増え続けるさいたま市はとても魅力的なのでしょう。
そんな街とともに今年もよろしくお願いします。

DSC_0542

DSC_0543





断熱と耐震とリフォームと

和室から洋室への寝室リフォームが完成しました。
お客様の希望は『洋室にしたい』の1点。
そこから打ち合わせが始まり、完成したときにはとても喜んでくださいました。

DSCF3534
築30年の平屋部分を解体して耐震と断熱も同時に施工することにしました。
建物は多少傾いていますが、雨漏りもなく構造躯体はこのまま使用することが出来そうです。

DSCF3548
既存の柱・梁・土台・筋かいに金物を取り付けました。
平屋部分ということもあり、建物全体のバランスを考えての補強です。

DSCF3590
床にはマット状の断熱材をダブル(大引間・根太間)に敷き込みました。

DSCF3598
隙間には断熱材を詰め込み。
冷気が室内に入り込むのを防止します。

DSCF3624
壁と天井裏にはグラスウールを充填。
天井には気密シートを貼り、暖気が天井裏に漏れないようにしています。

DSC01071
フローリングは無垢。
掃出し窓はアルミ樹脂複合に交換。
出窓はインナーサッシを後付け(写真は未施工)

お客様にはホテルみたいな寝室と喜んでくださいました。

FLIR0354
サーモカメラにて断熱施工チェックをおこないましたが、やはり出隅とコンセントの施工力を上げなければと感じました。

布団からベッドに変わったお客様は
『ベッドって布団より暖かいのね〜、とても暖かいわ!』
と喜んでくださっています。

・・・理由はどうあれ、真冬の前に暖かい寝室が出来上がりました。







川口マラソン大会2018

DSC_0419

毎年恒例の川口マラソン。
天候は曇りで気温も上がらず、走るにはいい気候でした。

いつも一人で参加しているのですが、今年は仲間が出来てオリジナルTシャツも作成して楽しんで走れました。
スタート前、ゴール後に一緒に走った仲間と話ができるのっていいですね。
会場までの往復12劼蘯転車で快走でき、心臓もヒザも問題ありません。

せっかく作ったTシャツを着るために次の大会の約束をして1日が終了しました。


DSC_0421

ご冥福をお祈りいたします

高橋政雄前社長の次男が亡くなりました。
23歳、大学3年生でした。

私が彼に初めて会ったのは20年ほど前でした。
まだ保育園に通っていた頃でよく会社でかくれんぼしてました。

気づけば芝浦工業大学の建築工学科に入学していて、設計課題や授業内容などいろいろと話をしてくれました。
特に建築模型は考え込んでしまって提出期限に間に合わないという話をよく聞きました。
斎場にはその課題が並べられていました。

よく出来ています。

話はよくしましたが、作品を見るのは初めてでした。
素晴らしい作品だと思います。

提出期限切れで評価が下がっている採点もありました。
がんばったと思います。

ひそかに彼の卒業式に出るつもりでいましたが、叶わなくなってしまいました。

まーくん、安らかお眠りください。

DSC_0397







健康シンポジウム

「病気知らず、医者いらずの健康生活」
「住宅の断熱不足が健康に与える影響と対策」

という2大テーマによるシンポジウムに参加しました。

DSC_0337

第一部はイシハラクリニックの石原副院長。
テレビでも有名な先生なんですって。

冷えは万病のもと、体を温めれば病気にならない。
かなり要約しましたが、そう言っていました。

DSC_0338

そして住宅断熱の話。

この手の話は何回聞いたっていい。
忘れることはないですが、やんなくちゃという思いに駆られます。

DSC_0342

最後にこのグラフが住宅の断熱性が高くなると健康状態がよくなるというエビデンス。
ここで重要なのが暖房して温かくするのと、断熱性を高めて暖房するのとでは意味が違うということ。
低断熱の家で思い切り暖房を効かせても健康にはなりません。

住宅の断熱化が健康を招くというシンポジウムでした。







ドローン練習

本日は無風晴天。
よって屋根葺き替え現場にてドローンの練習を行いました。

1540185886014
離陸します。
高度10メートルまでしか上昇することができない当社のドローンは航空法規制対象外です。

1540185967267
左を見ます。

1540185973882
右を見ます。


1540185980906
また正面を見ます。
瓦屋さんがドローンに気付いてこっちを見ています。

高度10メートルは建物調査をする上で十分な高さです。
今回は電池が切れるまで実験してみましたが、電池が切れる直前に自分で安全に着陸してくれました。

隣地が接近している場合や風がある日など飛ばせない日もありますが、建物調査としては十分に性能発揮してくれています。






ベビーベッド卒業

DSC_0327

事務所のベビーベッドが撤去され、少し大きなフリースペースが出来上がりました。
どうやらベッドでは手狭になってきたようです。

しっかりと本棚には落下防止策を施しています。

私はほとんど外で仕事をしているので、たまに事務所に帰ってきて赤ちゃんに対面すると泣かれます・・・。

最近は泣かれる直前で身を引く技術を覚えました。
なので事務所はおだやかです。

そのうちこの柵をガシガシする日がくるのでしょうか。






全国大会参加

DSC_0316

建築士事務所全国大会に参加しました。
今年はスタッフとして半年前から準備していたこともあり、当日集合は朝9時。
3000人を収容する会場はまだ誰も来ていません。

DSC_0318

基調講演やパネルディスカッションを経て、大会が終了したのは午後5時。
懇親会と打ち上げ終了が午後8時。

帰路で人身事故が発生し、帰宅は午後11時。

まるまる長い一日でしたが、最後の東京大会を何事もなく無事に終わらすことができてほっとしています。







台風一過

早朝のニュースで
『さいたま市緑区中尾で建設現場の足場倒壊』
を見て飛び起きた。

・・・まさかウチの現場ではないだろうな。

ニュース映像を見ると、近くの商業施設の改修現場だ。
そういえば片面だけ足場がかかっていたっけな。

DSCF3343
近くを通った時の写真です。
通行止めでクレーン車で対策中でした。

DSCF3331
ウチの現場は直前にシートを外しておいたからなんの問題もありませんでした。

DSCF3358
カーポートの屋根が飛んで行ったのは想定外でしたけど。

それにしても足場のシートの脱着は今年何回目だろう。
もう台風はたくさんです。





プロフィール

一級建築士
宅地建物取引士
福祉住環境コーディネーター2級
ファイナンシャルプランニング技能士3級
被災建築物応急危険度判定士
被災宅地危険度判定士
住宅省エネルギー設計技術者
住宅省エネルギー施工技術者
木づかいコーディネーター
木づかい耐震エコリフォーム相談員
既存住宅状況調査技術者
耐震診断・耐震改修技術者
少額短期保険募集人


プロフィール
昭和51年浦和市(現さいたま市緑区)に生まれる。
中学生の時にものつくりに興味を持ち、高校生で建築士という資格を知る。
一年間の浪人生活後、大学(建築科)在学中にインターン社員を経て、2000年入社。
2000年 二級建築士取得
2005年 福祉住環境コーディネーター取得
2006年 一級建築士取得
2007年 取締役社長に就任
2009年 日経ホームビルダー掲載
2011年 読売新聞掲載
2011年 宅地建物取引主任者取得
2012年 ファイナンシャルプランナー取得
2014年 建築士事務所協会浦和支部長
2014年 リフォーム産業新聞掲載
2015年 読売新聞掲載
2016年 建築士事務所協会副会長
趣味はソフトボールとツーリング。

月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ