さいたま市の小さなハートフルビルダー。
一級建築士・宅建取引士・ファイナンシャルプランナーである40代社長の家づくり日記。

2009年12月

今年もおつかれさま会

CIMG2002学生時代に一緒にアルバイトをしていた仲間と年に一回の飲み会。

10年以上もたつのに今でも仲良くしています。

メールという便利な方法があるにもかかわらず、近況報告もかねて時間をかけて一人ずつ電話で召集。

結果、大人11名、子ども7名の大人数。
あまりの反応の良さに集めている私もうれしくなりますね。

アルバイトをしていた頃は10代や20代でしたが、しっかりと年齢を重ね今や全員30代。下は30歳から上は38歳。私はちょうど真ん中くらいになりますね。。

年に一回しか会えない人、趣味を通じてしょっちゅう会う人、仕事を通じて現場で会う人。いろんな先輩後輩がいますが全員そろうのは年一回。

それにしても去年より子どもが増えている・・・。少子化は別の話??

最後にはどれがだれの子どもか分からなくなり、とりあえずあやす状態。

子どもを間違えて連れて帰ることはないのだろうか?ないか。。


今年の疲れを癒し、また来年。

また子どもが増えるのだろうか?

アットホーム賞

CIMG1987アットホーム賞頂きました。

年末恒例スクラッチくじ。

1等の上の特等!
本数は全国で30本。

結果的に関東では1社。当社のみの当たりだったみたいです。


くじを引いたスタッフの右手をいっぱい触っておきました。ごりやくがあるかもしれませんからね。

明治神宮

先日、明治神宮に行ってまいりました。

詣でではなく友人の結婚式です。

せっかくですから少しはやく出て「宝物殿」を見学することにしました。

そのまえに、まずは代々木でお昼ご飯&生ビールで乾杯。。。

北参道をとおり宝物殿に到着。

CIMG1943展示物よりも建物を眺めるだけで良かったのですが、拝観料は敷地の門からいただくという事なので、半歩敷地に入り一枚パチリ。

遠めにしか見ることはできませんでした。

拝観料を払っても良かったのですが、集合時間も近づいていたので宝物殿をあとにしました。




そして、披露宴は明治記念館。

親族はマイクロバスが用意してあったのですが、友人にはタクシーの手配の仕方を説明を受けました。

・・・徒歩を選びました。

明治神宮から明治記念館まで約2キロ。

到着した頃はだいぶ耐力を消耗していましたよ。

CIMG1956披露宴も無事終わり、2次会へ出席。

このころにはもう3次会へ行く元気もなく・・・。

3次会があったのかどうかは分かりませんが。。



それにしても新郎新婦の人脈の広さに脱帽です。

2次会はおよそ100名。

こんなに多いのははじめてです。

トイレに行くのも一苦労、料理をとるのは二苦労。


なんにしてもご両人お幸せに。。。

芝浦木造住宅学会

学生の頃お世話になった先生の招集により、木造住宅に関わる教え子を集めた会が発足しました。

横のつながりは密にあるけれども、世代を超えた縦のネットワークをつくり、木造住宅の勉強をしながら交流を深めるという趣旨らしいです。

私よりも10歳も20歳も上の先輩が来てたり、また卒業したての10歳下もの後輩が来てたり、職業は官公庁から独立行政法人、財団法人、工務店、住宅メーカーと多岐に渡る人たちが集まり、とても有意義な時間を過ごせました。

普通に仕事をしていては交わることのない職種の人もいるので、このような会を発足してもらったことは私にとってとてもありがたいです。

本日は設立準備会ということで顔合わせ程度でしたが、次回は勉強が始まるということでとても楽しみにしています。

また、先生の講義が聴けるのかな??

FRP防水

木造住宅のバルコニーに多く使われるのが「FRP防水」

Fiber(繊維) Reinforced(強化された) Plastics(プラスチック)です。

防弾チョッキや新幹線の先端部分にも使われています。


防水工事はサッシの下にやらなければなりません。

しかし、工程上また防犯上サッシは先に取り付けられます。

そこで、防水屋さんが入ったときにサッシをわざわざ外すんです。

そして、防水が終わってサッシを本取り付けします。


大変な作業ですが、建物を雨から守るために必要な作業なんです。


CIMG1829

ユニットバス設置

CIMG1827ユニットバスが設置されました。

水まわりの設備では一番早く搬入されます。

ですから、断熱材はあらかじめ入れておかなければなりません。




ユニットバスはまだまだ誤解が多いですね。



浴室をそのまま持ってきて置く、と思っている方。

いえいえ違います。

現場で床、浴槽、壁、天井と組み立てるのですよ。



トイレ、洗面、お風呂がセットになっているのが「ユニット」と思っている方。

いえいえ違います。

お風呂だけでもユニットバスです。

システムキッチンと同じようにシステムバスと呼ぶこともありますね。


そして、出来上がったお風呂に一枚の注意書き、

「物置ではありません。(笑)」




CIMG1826

硝子繊維協会の講習会

「硝子繊維」

グラスウールのことです。

建物を断熱するのに使われている材料です。



どうしても聞きたい講習会だったので車で2時間かけて柏まで行って来ました。

外断熱や内断熱という言葉がありますが、それはコンクリートに使う言葉なのです。

木造住宅には外張り断熱、充填断熱と言っています。


グラスウールは充填断熱工法で使われます。

木造住宅では昔から使われてきた工法です。


最近では外張り断熱が流行っていますね。

両者の長所短所をしっかりと把握しておかないといけないですから。


次は外張り断熱の講習会に行ってみたいと思います。

日経ホームビルダー12月号

当社の話も3ヶ月目に入り、ついに完結となりました。

最終話で私は大仏に変身しちゃってます・・・。

実生活で手を合わせられても困っちゃいますけど、まんがですからね。



この3ヶ月間雑誌が出るのが楽しみでした。

取材を受けたのも初めてだし、ましてや主人公で3ヶ月間も載ってしまうとは。。

良い経験です。

CIMG1831

太陽光発電のセミナー

本日、太陽光発電のセミナーに行ってまいりました。

住宅に限らないのですが、流行りモノには必ずと言っていいほど、異業種や訪問販売の業者が現れます。


今回の太陽光発電もその一つ。

訪問販売でリフォームを受注する業者や、家電量販店で工事を契約できます。


太陽光発電は家電ではありません。

設置する位置、方位、屋根の形状、変換効率、周りの影の影響、配線距離、地域の電圧等、いろんなことを考えて設置しなければなりません。

そして、もちろん家のこと。

屋根にモノを置いて大丈夫なのか?重さに耐えられるのか?雨漏りはしないか?


など、建築のプロフェッショナルでなければ分からないことがたくさんあるのです。

補助金や売電のよるメリット、デメリットをしっかりと説明を受けなければあとで後悔することもあるようです。


最後にもう一回。

ホームセンターや量販店には建築士はいませんよ。

道路の舗装

CIMG1824一度掘った道路を復旧するのは日数がかかるのです。

なぜかというと、車の通行や雨などで道路の下の地面が固まるのを待つためです。

時間が経ち、舗装の時期になると本復旧という作業になります。

道路をナナメに切りアスファルトコンクリートで舗装します。


アスファルトは大忙しの工事なのです。

固まらないうちに敷き詰め、平らにします。

その作業は多くの人数で短時間に終わらせます。
プロフィール

一級建築士
宅地建物取引士
福祉住環境コーディネーター2級
ファイナンシャルプランニング技能士3級
被災建築物応急危険度判定士
被災宅地危険度判定士
住宅省エネルギー設計技術者
住宅省エネルギー施工技術者
木づかいコーディネーター
木づかい耐震エコリフォーム相談員
既存住宅状況調査技術者
耐震診断・耐震改修技術者
少額短期保険募集人


プロフィール
昭和51年浦和市(現さいたま市緑区)に生まれる。
中学生の時にものつくりに興味を持ち、高校生で建築士という資格を知る。
一年間の浪人生活後、大学(建築科)在学中にインターン社員を経て、2000年入社。
2000年 二級建築士取得
2005年 福祉住環境コーディネーター取得
2006年 一級建築士取得
2007年 取締役社長に就任
2009年 日経ホームビルダー掲載
2011年 読売新聞掲載
2011年 宅地建物取引主任者取得
2012年 ファイナンシャルプランナー取得
2014年 建築士事務所協会浦和支部長
2014年 リフォーム産業新聞掲載
2015年 読売新聞掲載
2016年 建築士事務所協会副会長
趣味はソフトボールとツーリング。

月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ