さいたま市の小さなハートフルビルダー。
一級建築士・宅建取引士・ファイナンシャルプランナーである40代社長の家づくり日記。

櫛引町の家

初めての気密測定

DSCF1977


DSCF1970

建物が完成に近づき、気密測定を行いました。
当社では遅ればせながら初の気密測定です。

家の隙間がどのくらいあるかの測定です。
隙間が少なければ少ないほど冷暖房費の削減が見込めます。

通常の住宅だと5.0以下、2.0を下回ると高気密住宅といえるそうです。
当社の施工レベルでは感覚で1.0前後を予想していましたが、0.80という数字が出ました。

同じくらいの性能の家では真夏に24時間エアコンを稼働させて、電気代7000円位に収まると聞きました。

玄関が引き戸なので、開き戸ならもう少しいい数値がでたかなとも思いつつ、予想を上回る数値が出たことに安堵しました。

さてと、明日は完成見学会です。
時間は短いですが多くの人のお越しをお待ちしています。

冨永邸完成見学会





夏涼しい家

暑い日が続いております本日のさいたま市の気温は33度。

午後1時、サーモカメラを持って屋根に上がりました。


屋根の表面温度は65度。

FLIR0300


屋根裏の表面温度は37.4度。

FLIR0302


2階天井温度は37度。

FLIR0304


1階天井温度は36.8度

FLIR0312


この猛暑のなか、1階、2階、天井裏の温度差がないことに安心しました。

冬もこのような温度差のない家になることを祈りつつ仕上げ工事を急ピッチで進めています。






トリプルガラス搬入

「櫛引町の家」では吹き抜けの上部に断熱性の高いトリプルガラスを採用しています。

DSCF1198
現場にトリプルガラスが運ばれてきました。
車から降ろすのは大人3人。

DSCF1199
持ち運びは大人2人で十分です。

DSCF1202
が、2階へ持ち上げるには大人6人がかりです。
下3人、上3人。

DSCF1203
1時間ほどで2枚のトリプルガラスが取り付けられました。


point_img_01
断熱性を向上させたトリプルガラス。
吹き抜けでも寒くならない工夫をしています。





「櫛引町の家」中間検査

「櫛引町の家」の中間検査に無事合格しました。

DSCF1193
建物外部をチェックします。構造用合板が図面通りに張ってあるか。
釘の長さは規定通りか。
釘の間隔は規定通りか。

DSCF1195
建物内部もチェックします。
金物は図面通りに取り付けてあるか。
ビスの種類は合っているか。
ビスの本数は足りているか。

中間検査とは主に建物の構造チェックです。
図面通りに施工されているかを判断します。

検査は約1時間、建物の隅から隅までみっちりとチェックされ合格しました。

もっとも合格しないと工事を進めることはできません。
今回検査に通ったことで次の段階に進むことができます。

梅雨に入る前にやることがいくつかあります。
急げ急げ!!







「櫛引町の家」上棟

朝7時30分に現場に到着して、準備。
8時を回ったところで、建て方が始まりました。
木造2階建て、長期優良住宅、耐震等級3の住宅です。

DSC09852
材料は「厳選‼」国産木材を使っております。

DSCF1070
四方差しの4m柱です。
強度を高めるために金物工法を採用しています。

DSCF1073
午後になり空がどんよりしてきましたが、なんとか降られることなく上棟することができました。

DSCF1082
これから真夏の引き渡しに向けてノンストップで進んでまいります。




地中梁工法

まるで発掘調査のような建築現場です。

BlogPaint
櫛引町の家は耐震等級3、制震住宅、地中梁工法を採用しています。
耐力壁線に地中梁を配置し、地震には特にこだわって強い住宅をつくっています。

DSCF0994


DSCF1028
第三者検査機関による配筋検査も無事通りました。
あとはコンクリートを丁寧に流し込み、固まるのを待つのみです。



「櫛引町の家」地鎮祭

DSC09639
初回の打ち合わせから約半年、長期優良住宅申請もギリギリ3月31日に認定され、地鎮祭を執り行うことができました。
新年度、友引、晴天、微風、とても良い日に恵まれたと思います。

お施主様は10年ほど前まで当社に勤めていた当時の私の後輩です。
現在は大手不動産会社で活躍されていますが、当社を指名してくれて大変感謝しています。

夏の完成に向けて安全第一で工事を進めて参ります。
今後ともよろしくお願いいたします。

本日はおめでとうございます。






プロフィール

一級建築士
宅地建物取引士
福祉住環境コーディネーター2級
ファイナンシャルプランニング技能士3級
被災建築物応急危険度判定士
被災宅地危険度判定士
住宅省エネルギー設計技術者
住宅省エネルギー施工技術者
木づかいコーディネーター
木づかい耐震エコリフォーム相談員
既存住宅状況調査技術者
耐震診断・耐震改修技術者
少額短期保険募集人


プロフィール
昭和51年浦和市(現さいたま市緑区)に生まれる。
中学生の時にものつくりに興味を持ち、高校生で建築士という資格を知る。
一年間の浪人生活後、大学(建築科)在学中にインターン社員を経て、2000年入社。
2000年 二級建築士取得
2005年 福祉住環境コーディネーター取得
2006年 一級建築士取得
2007年 取締役社長に就任
2009年 日経ホームビルダー掲載
2011年 読売新聞掲載
2011年 宅地建物取引主任者取得
2012年 ファイナンシャルプランナー取得
2014年 建築士事務所協会浦和支部長
2014年 リフォーム産業新聞掲載
2015年 読売新聞掲載
2016年 建築士事務所協会副会長
趣味はソフトボールとツーリング。

月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ