福山のタイル施工中

広島:福山の家3 リビングの壁にもタイルを張っています。

タイルですが、張るのは簡単そうですが、実は結構難しいのです。

角や梁、窓など、すべての目地を計算して張っていかないと、変なことになってしまいます。

タイルの目地によって、ドアの大きさも逆算して調整をしていったりと。

とはいえ、それを逐一説明することは難しいところでもあります。

建築主の方も、むしろきれいに進めてほしいという意向もあり、工期を結構延長して慎重に進めていくことになりました。理解をしてただきありがたい限りです。

奈良の学園前 フレーム

奈良:学園前の家 折角の骨組みを、フレームの状態で見ておきたいと思い、現場へ。

設計者にとっては、この構造の状態というは、建築を考える上で重要なイメージです。

ということで、大工さんの作業の合間を縫って、建築用のレンズでしっかりと撮影をしていきました。

IMG_4588

内部工事もひと段落がつきそうです。

奧にはキッチンも設置されました。

視線が自然と上を向くような空間かと思います。

吹抜けの天井仕上げを、床の材と同じ材料、貼方向でまとめながら吹抜け空間の特徴を作っています。

次の工程は検査機関の完了検査となります。

宝塚フレンチ上棟

兵庫:宝塚のフレンチレストラン 上棟しました。

なかなかのボリュームです。

レストラン部分の天井高さを取っているためです。

隠れ家的なイメージだったはずが、隠れてないやん。

といったツッコミはあるかもしれませんが。

宝塚フレンチ上棟式

上棟式を開催しました。

作業に来る職人さんは、打ち合わせに参加していないので、どういった思いやプロセスでここまでやってきたか、などを知ってもらうことが出来るいい機会でした。

建築主の方の心のこもったおもてなしもあり、より良い仕事をしていただけ、より良いものが出来そうです。

IMG_4287 (1)

構造設計していただいた構造家の方が、東京から来られたので一緒に現場を見ていきました。

お写真は、お施主さんも来られていて、撮影していただきました。

構造設計の方は、概ねいつも現場確認が上棟で終わってしまうので、あまり完成を見る機会が少ないそうです。

でも本当は見に行きたいようです。

今回はうまく予定ができて良かったです。

建物はほぼ完成で設備や建具工事が残るのみで、外構工事に入ってきています。

福山のタイル外壁

広島:福山の家3 足場が解体され、外壁が現れました。

ぐっと雰囲気が良く見えてきます。

これから塀などもできるのですが、写真ではわかりづらいですが、外壁はタイルです。

タイルの質感と平屋ということもあり、周囲に落ち着いた雰囲気をもたらしているように感じます。

IMG_4489

箕面のほうで、計画が始まっています。

分譲地で、まだちらほらと、家が建っている程度でした。

静かな山並みが眺められる環境でした。

多分ですが、この計画が完成するころには、まわりの風景が変わっていることかと思います。

また報告できればと思っています。

愛媛の家サイディング外観

愛媛の家:外観が、だいぶんと現れてきました。

お子さんは、外観をすごく気に入っているようで、よかったです。

外部がイメージしやすくなっているので、駐車場などの外構の打ち合わせをしていきました。

方針は決定したのですが、特に急がずに、決めたほうがいいという結論になりました。

2階の手摺などもこれから出来上がってくるので、もう少し周囲からの目線は塞がれそうですね。

学園前骨組みドローン

奈良:学園前の家 少し前ですが、骨組みが組みあがりました。

ここまで来るのに、事務所としてはかなりの労力が掛かっています。

家は小さいですが、大きさに関わらず、家づくりというのは結構手間が掛るものです。

といっても、こちらで考えたことですが。

↑このページのトップヘ