カテゴリ: 掲載

Zipped: Space in Small Japanese Houses Bernardo Martin


ウルグアイの建築図書に、設計した建物が掲載されました。


「Zipped: Space in Small Japanese Houses」 Bernardo Martin


一軒一軒、丁寧にパースが作成されていて、とても手の掛かった本です。


大学の授業や研究のひとつとして作業されたのか、制作に関わった学生さんらしき写真が最後の方に掲載されていました。


掲載されたのは

奈良:五位堂の家

大阪:昭和町の家

大阪:南田辺の家

石川:白山の家

となります。

The Japanese House Reinvented Philip JodidiosRGB


The Japanese House Reinvented(Thames & Hudson イギリスの出版社)に、京都の向日の家徳島の羽ノ浦の家が掲載されました。
といっても、だいぶん前のことのようです。

先日、連絡をいただいた姫路の建築主の方に、教えていただきました。


IMG_9932sRGB

海外からの出版社からの問い合わせは多く、写真を送ってもその後音沙汰がなかったり、WEBからのデータ?で本に掲載されているようです。

以前も、アマゾンで全く知らないアメリカの建築本の表紙に、弊社の建物が掲載されていました。

IMG_9933sRGB

こうやって海外のものでも掲載されながらも、実際の建築の依頼につながっていくのは、うれしいかぎりです。

776_o (1)

掲載 月間ハウジング(リクルート)に、写真がすこし掲載されました。

download


更新を再開したインスタグラムも、順調にフォロワーも増えてきました。

作品数が多くなっているため、ホームページとはまた違った視点で、見て頂けるようにしています。

藤原・室建築設計事務所掲載事例

明日から使える内外装マテリアル300(エクスナレッジ)に掲載されました。

上野芝の家をはじめ、手掛けた建物が数件掲載されています。

木 、塗装・左官材 、モルタル・セメント 、タイル・サイディング 、石 、クロス・紙 、金属 、ガラス・樹脂

といったカテゴリーです。

専門家向けの書籍になりますので、大型書店などの建築コーナーに立ち寄った際は、ぜひ見ていただけたらと思います。

SUMAI no SEKKEI(住まいの設計) 2018年7月号 (2018年05月21日発売)

少し告知が遅れたのですが、

SUMAI no SEKKEI(住まいの設計) 2018年7月号 (2018年05月21日発売)

に、

「3世帯の家」

が掲載されました。

正確には4世代の2世帯住宅です。

表紙にはハウスメーカーという文字が書いてありますが、2世帯住宅の特集も後半にしっかりとあり、そちらのほうに掲載されています。

住まいの設計という雑誌は、設計事務所の住宅を、生活の視点から、独自取材で記事にされている有名な雑誌です。ですので、おそらくスポンサーや広告の意味合いで、タイトルがハウスメーカーに、、、。

雑誌の記事はホームページの写真とはまた違い、様子や素材感がわかりやすいと評判です。


石切りの家(大阪府東大阪市)

7月5日発売の建築〜インテリア系の雑誌「コンフォルト」に掲載されました。

「贅沢のある家」

という特集に、以前設計を手掛けた東大阪の「石切りの家」が掲載されました。

やわらかな光に満たされて 石切りの家

という切り口になっています。

贅沢の趣旨としては、コストを掛けた豪華な家という意味ではなく、自分たちにとって贅沢とは何かという価値観を突き詰めた住まいを取り上げているとのこと。
共感できるテーマであり、その一つとして掲載されたことはうれしい限りです。

コンフォルトのサイトはこちら

雑誌でありながらも、ひとつひとつ丁寧に取材されていて、長くそばに置いておける内容ではないかと思います。

Daytona
徳島県で手掛けた藍住ベースが、Daytonaマガジンに掲載されました。

http://www.daytona-mag.com/

Daytonaマガジンはガレージライフ向けの雑誌です。

設計を依頼される方に、車好きの方も多く、ガレージをつくることも多くなってきています。

藍住ベースは、年々家の遊び方を進化させていくようなイメージがありました。

ガレージというより、趣味の倉庫的な空間に、車があるというほうがいい方としてはいいかもしれませんね。

download


世界で最も影響力のある、と謳うイギリス発の建築・インテリア・デザインウェブマガジン

DEZEENというサイトの、

Dezeen's top 10 houses of 2017 

にて、向洋の家が選ばれています。

mukainada fujiwaramuro

60代の方ご夫婦の終の棲家。

あまり尖った主張がない住まいという要望でした。

気の張らないリラックスした感じの雰囲気が、かえって独特な世界観を形成しているのかもしれません。

DEZEEN 向洋の家

新建築住宅特集2017年11月号窓と軒

本日発売の住宅特集に、南田辺の家が掲載されました。

現在発売中の住宅系の雑誌

「住まいの設計」
「モダンリビング」
「住宅特集」

という、主な住宅雑誌に設計した建物が軒並み掲載されています。

雑誌の発行期間が長くなっている中、貴重な紙面に掲載されていて、ありがたいかぎりです。

それぞれ違う建物が掲載されているのも、藤原・室建築設計事務所ならではなのかもしれません。

よろしければチェックしてみてください。

↑このページのトップヘ