カテゴリ: 建ものなどの探訪

今治市役所

先日、愛媛の今治に行く機会がありました。

タオルを購入したり

建築家 丹下健三氏の出身地だそうで、設計した建物が沢山あるそうです。、、、知りませんでした。

写真は今治市役所。ダイナミックコンクリートの建造物ですが、エッジのディテールも面白いです。
 

猪熊源一郎美術館

先日、香川県の丸亀にある、猪熊源一郎現代美術館に行ってきました。

建物を貫く階段スペースと、その先にある空が広がる屋上スペースが、印象的な建物です。 

美術館の動線が、そのスペースを一部横断しているのも面白いかったです。

随分とゆったりと絵を見ることができ、充実した時間を過ごすことができました。 

奈良の鹿

奈良公園には、のどかな雰囲気がただよっていました。
 

夕方頃になると、鹿が群れをなして、一斉に草を食べはじめていましたが、鹿はたくさん居ても静かですね。


何かの拍子にビニールの音がすると、一斉に鹿がこちらに駆け寄ってきましたが、何もないとわかると、0.1秒後にはその場で草を食べはじめます。

相棒というドラマを見ていたら、「若草山の鹿の数ほどの」と台詞があって、思わずこの光景を思い浮かべてしまいました。 



混構造

奈良の現場附近にある建物。

1階がRC?らしき仕上がりで、上部にプレハブが大きく乗っている、大胆な建物ですが、あまり見ないバランス感覚で、面白いです。

加古川ウェルネスパーク

兵庫の加古川ウェルネスパークという施設に行く機会がありました。

ジムや図書館、ホールがある複合施設です。子供からお年寄りまで沢山の人で大賑わいでした。面白いのは、建物の周りに浅い池があるのですが、それが小さな子供用プールとして皆が使っていたことです。景色と建物のなかに、遊んでいる子供の様子が自然とからまっていて、楽しげです。

写真は、スリットのある光天井。

お知らせ

7/16(土)17(日)に見学会を開催します。

詳しくは、
藤原・室 建築設計事務所 奈良のオープンハウス
をご覧になり、お申し込みください。

神奈川県立近代美術館

建物に入る入り口から見ると、少しそっけない感じでした。

中に入って、ぐるぐる巡ってみると、建物の向こう側に池がありました。

美術館を出て、外側をぐるっとまわって、対岸から建物を見ると、四角いボックスが池の上に浮かんでいて、池に建物が映りこんでいました。

まるで、こちらのほうから見られることを待っていたかのような見え方でした。でも、来館する人は、ほとんどこちらから見ることはないのでしょうね。

茅葺方形屋根

茅葺の方形屋根です。

日常生活では、あまり屋根を上から見ることはないと思います。

そういえば、ある現場で、現場監督さんが「綺麗な屋根やねんけど、だれもみてくれへんからな〜」とぼやいていました。

大谷石

神奈川県立近代美術館の1階の壁面です。

建物が建設されたのは随分前だと思いますが、外壁の大谷石は、まだ綺麗な状態です。

以前から、大谷石をどこかに使うということで、進めているプロジェクトがあり、大谷石が気になっているところです。
よく、塀などに使われているのですが、ちょっと違った使い方がないかと、まさに考えているところであったりします。

スカイビル

スカイビルを大阪駅に隣接するビルの屋上から撮影したところです。

写真に映っていないのですが、右側のほうに、いまマンションが複数建築している途中でした。建築現場は男心をくすぐるようで、男性陣がカメラを持って構えていました。

スカイツリー

スカイツリー見てきました。

近くの駅からは、既に見上げるような高さでした。

近隣には、既にグッズショップなどもありました。

まだ工事中ですが、完成し、展望台に行くのが楽しみです。

↑このページのトップヘ