カテゴリ: 兵庫:三田の家

niwa

先日、三田の家を訪問する機会がありました。

この住まいには、建築中からいつ行っても、なぜか天気が快晴となり不思議です。

庭も随分と手入れが進んでいて植物が沢山植わっていました。これからの季節屋外で食事が楽しめそうです。

poodol

兵庫:三田の家 ベンチ

兵庫:三田の家 名張の家に続いて、住まい主によるベンチの製作シリーズです。

奥様製作のベンチがありました。

レンガを脚にして、その上に枕木が置いてあります。

どれも重たい素材です。ここに持ってくるには、3.5メートル上にある玄関から持ってこないといけないのですが、、、

ph_c1











兵庫:三田の家が、本日発売の”住まいの設計”(扶桑社)に掲載されました。

お子様が沢山集まる家で、取材当日は、一体だれがここの家の子なんですか? 
なんていう質問も取材陣からされたくらいです。
わいわいと楽しそうな家になっています。

本のタイトルは正確には ”SUMAI no SEKKEI” です。本のタイトルがローマ字で書かれているので、書店で購入される場合は気をつけてください。

兵庫:三田の家 家族の一員

兵庫:三田の家 先日、住まいの設計という雑誌の取材がありました。

写真は、そのときの様子です。

子供たちが一緒に窓から景色を見ていたときのこと、引越しして直ぐに家族となったプードルのベロちゃんも景色を一緒に見ていました。すっかり家族と仲良しになっていますね。

わんちゃんも景色を楽しむのでしょうね。

この家に来た頃は大人しかった気がするのですが、、、いつの間にか、この家に来る沢山の子供たちといつも一緒に遊んでいるからでしょう。
取材の方に集中していると、脚に何度か飛び掛ってきて、ワンッ!(遊んでくれないのか?)と吠えられました。

兵庫:住まいの設計

住人十色という、大阪毎日放送(MBS)に、兵庫:三田の家が出ます(関西限定)。

日時は7月10日(土)17:00~となっています。

よろしければご覧ください。

TVのロケは結構な時間がかかるもので、すまい主の方は、最初は顔が引きつったり?してましたが、最後の方では、大分慣れて楽しかったです。
との感想でした。

片づけは大変らしかったのですが、ずっと探していた手帳が見つかったり、懐かしい地図が出てきたり(家を建てる時にどのあたりが良いか二人で作った地図)という発見もあったらしく、部屋もいつもになく、綺麗になって一石二鳥、とのことでした。

建物というよりは、すまい主の方の生活が主役の番組ですので、お気軽にご覧ください。内容は見ていないのでわかりませんが、たぶん、奥様がいつもしている ** でしょうね、、、


NEWS

大阪:東住吉の家 オープンハウス開催します。

兵庫:三田の家 取材

先日、兵庫:三田の家で、TV取材の打ち合わせがありました。

取材内容は建物というより、ご家族の住まいのほうです。

お住まいになってから2年が経過し、お子様の成長とともに、子供部屋もパワーアップしていました。

そして、2年経過してから、住まい方に少し変化がありました。

ご主人の書斎が、男の子の部屋と交代したのです。

間仕切りを出来るだけつくらないというのが、ご家族の希望だったのですが、最終的には男の子の部屋を仕切っていました。

でも、その部屋が家の一番奥にあるので、怖いからという理由だそうです。



ところで、この家の冬に見える窓からの景色の写真を奥様に見せてもらいましたが、かなり綺麗でした。そのあたりも放映されると良いですね。

放映は関西方面限定ですが、決まりましたらお知らせします。

兵庫:三田の家 取材

兵庫:三田の家ですが、雑誌の取材をすることになりました。

「取材があると、片付けしようとするので、家が綺麗になっていいですね」

と、前向きなコメントをいただきまして、ありがとうございます。

住まいが始まってから2年が経過しつつあるのですが、先日、レンガをホームセンターで200個ほど購入し、ご主人に 「 どんだけ ひまやねん 」と、軽くつっこみもいれられつつ、、、2階の玄関から数個づつ1階に持ち運んだとのこと。

庭造りもちゃくちゃくと進んでいるようですね。

NEWS

skip floor

2010年 5月22(土) 5月23日(日) "スロープの家" オープンハウスを開催します。
こちらからお申し込みください。→ 
藤原・室 建築設計事務所HPへ  

兵庫県三田の家

兵庫県三田の家の前にある、小さな植栽スペースに植栽が植わっていました。

竣工当初は植栽が無く、幾分無機質な建物の様子ではありましたが、植栽が植わることで、建物と植栽がお互いを引き立てあうような、良い雰囲気になっていました。

まだ、大きな方の庭はこれから。
小さな庭でもこんな風に素敵になっているので、大きな庭のほうがどんな風になるかと期待しています。
植栽の方は、プロにお願いする場合もありますが、今回のようなかたちで、年月を通して住まう方が作り上げていくのもすごくいいですね。
全部が出来上がったら、改めて報告していきたいと思います。

↑このページのトップヘ