カテゴリ: 大阪:東住吉の家

IMG_1991

 完成して3年程経ちました。訪問する機会がありましたがとてもきれいに住まわれていました。いろいろな素材が時間が経過して、壁とか床などが雰囲気よく見えました。フローリングで作ったテーブルもきれいでした。

MYHOME100選vol12

MY HOEM 100選 vol12 (扶桑社) に、大阪の東住吉の家が掲載されました。

幅が狭く、細長い敷地に建つ住まいです。

キッチンがど真ん中にあり、家族との会話を楽しみながら、キッチンで作業ができます。

映画好きなご家族です。3階に浮かんでいるようにある部屋が、スクリーンを下げればシアタールームに変化します。

また、テーブルも設計段階でデザインしたもので、脚がなかったりします。

東住吉の家のページはこちら。 

大阪:東住吉の家 取材

大阪:東住吉の家 取材がありました。

写真は家の中央にあるオープンキッチンで、料理中の様子を撮影しているところです。

また、報告します。

大阪:東住吉の家 植栽

大阪:東住吉の家 植栽が植わりました。

植栽は、大学の同級生の一平ちゃんにお願いしました。

大学時代は法律の学部で、交響楽団でオーボエを吹いていたのですが、造園の道を進んでいて、数年前に独立しました。

大阪:東住吉 グラウンド

大阪:東住吉の家 家の前にグラウンドがあるのですが、いつも野球をやっている人が居ます。

平日の日中、工事の打ち合わせに行っても、大人数で野球をやっています。

先日の撮影の時も、外に少し居るだけでも汗が出てくるような天気でしたが、何組か入れ替わりながら、野球をやっていました。

家を一生懸命撮影しているのを、時々不思議そうにこちらを見ながら、攻撃側の選手やそのご家族が応援していました。こちらも不思議そうに?撮影しながら、この天気の中すごいな〜、とか言いながら野球の様子を見ていました。

矢野紀行さん 建築写真家

大阪:東住吉の家 写真家 矢野紀行さんによる撮影をおこないました。

当日は快晴、、、ですが、間口が狭い家なので、残念ながらあんまり外観がないですね〜、と言われながらも、蚊にさされまくりながら、撮影をしてもらいました。

ホームシアターの撮影のときに、earthという映画を流してみたのですが、すごい映像で、しばし皆で見入ってしまいました。そういえば随分前に、TVで見たことがあったのですが、スクリーンで見るのとは別物です。

住まい主の方は、このDVDを建物が出来上がってから見ようということで、パッケージを開けずにずっと保管していたらしいです。

矢野さんとしては、写真家目線で映像を見ているようで、カメラの精度や撮り方に興味をもたれていました。ホームシアターっていいですね〜、との感想でした。

大阪:東住吉の家 ipad

大阪:東住吉の家 シアタールームの様子です。

シアタールームにはプロジェクターもありますが、大きなTVもあります。

KUROという黒の表現にこだわったTVだそうです。手前にあるipadがこのTVのリモコンになっています。

このシアタールームのスクリーンの作動やチャンネル、TV、DVDの操作はすべてipadで操作できるようにシステムが組まれています。住まい主の方の話を聞いてみると、その他、家のエアコンなど13種類位のリモコンがipadで操作できるように特殊なシステムや配線となっているそうです。

あまりに設定が複雑すぎて、詳しくはわかりませんが、奥様もこの操作を覚えないといけないのですが、まだ色々な操作がよくわからないそうです。

大阪:東住吉の家 畑

大阪:東住吉の家ですが、この敷地も後ろに畑があります。

狭小間口の敷地だけに、外から一見すると建物内部は大分と圧迫感があるのでは?といったイメージがあるのですが、建物の奥側にこの畑があるので、建物内部は、ファサードからはうかがい知れない抜けと開放感があります。

ここでは、各エリアが細かく分かれていて、それぞれにつくっているものが違うようで、いつもおじさんたちが楽しそうに畑作業をしています。

ちょうど和室の窓からこの畑が見下すことが出来、目を楽しませてくれます。

大阪:東住吉の家 スピーカー

大阪:東住吉の家 の家にあった照明器具のように見える器具は、実はスピーカーだそうです。

これはサラウンドスピーカーとして利用されていて、電波で信号を受け取り音を出すそうで、スピーカー配線が不要なもの、だそうです。

この前、ふと、電波で飛ぶようなスピーカーがあったらいいなーと思っていたのですが、ここにありました。 

↑このページのトップヘ