カテゴリ: 大阪:深井の家・2世帯

気が付くと、2世帯住宅の設計が10件ほどになってきました。

2世帯住宅のいままでの事例を、紹介していきたいと思います。

fukai3372


2世帯ならではの考えるポイントを、紹介しながらまとめていければと思っています。

1世帯でもいろいろな考えがあり、さらに2世帯となると、それぞれの希望があります。

世帯間のつながりをどうするか?

という事は、大きな課題のひとつです。

堺に建つ深井の家は、お子さんが巣立っていき、ご両親が暮らしている建物がありました。

そこに、

息子さんご夫婦も一緒に住める2世帯住宅を建てたい。

という希望でした。

一番難しい点は、敷地が2世帯を建てるには一回り小さい。

という事です。

fukai3328

周囲を見渡しても、2階建ての建物が建ち並んでいる地域です。

色々試行錯誤した結果、道路斜線をうまく処理して、なんとか3階建てのボリュームが入りました。

問題は1階に駐車場を取ると、1階の親世帯の住まいの面積が小さくなっていくことが、一番の課題でした。

fukai3335

そこで、何かを兼ねること、1階で用途を満たしつつもコンパクトにしておき、本格的に利用したい時だけ、2階の共用部分を利用するという方針です。

大きな提案としては、1階の中庭を玄関アプローチと兼ねることで、1階に和室兼寝室を設けることができたところでした。

1階を親世帯

fukai3269

2階を共有スペース


fukai3247

3階を完全子世帯のスペースとしています。

fukai3309

2世帯の場合お互いの気配をどうするのか?というのは大きな課題です。

深井の家は、吹き抜けを介してお互いの気配を感じつつ、距離感も取れる。

見学会をした際は、大きさ以上に広く見える、という感想をたくさん頂くことができました。

そんな2世帯住宅となっています。

MYHOMEvol132000

MYHOME100選Vol13(扶桑社)に、深井の家が掲載されました。

最近、2世帯住宅や1.5世帯や2.5世帯といった、オーダーが増えています。

深井の家はそんな中でも 、とびきり小さな敷地での2世帯住宅となっています。

スペースがかぎられている中でも、皆さんが何事も前向きに、知恵を出しあって、工夫を重ねた結果だと思います。 

住まいの設計キッチン

大阪:深井の家 昨日発売された住宅雑誌、住まいの設計に、堺:深井の家が掲載されました。

建築主の方々には、取材にご協力いただき、ありがとうございました。これから住まいづくりを考えてく皆様の、何か参考になればと思います。

よろしければ、書店などでご購入ください。

堺:深井の家 1年以上も前に完成した、大阪府堺市の深井に完成した住まいを、藤原・室 建築設計事務所のホームページに掲載しました。

仲良しの2世帯住宅で、各世帯が繋がり感ある住まいとなっています。

よろしければご覧ください。

堺市に建つ、深井の2世帯住宅

DSC08041
 2世帯住宅の一例として、住宅雑誌の取材がありました。親夫婦、子世帯夫婦、そして2人のまだ小さい子供たち。不安だった天気も、晴れ間が見えて光が差し込み、2世帯を繋ぐ外部吹き抜けが、住まい手の協力もありましてとても良く表現できたと思っています。5時間に渡る取材、皆様どうもお疲れさまでした。ありがとうございました。
 
 3月頃の雑誌に掲載されます。また、報告します。

おしらせ

大阪の松原市にて小さな家(狭小住宅)のオープンハウスを開催します。

よろしければご参加ください。
 
松原の小さな家(狭小住宅)の見学会のページへ

ハシゴ

大阪:堺 深井の家 屋上に上る梯子が隅っこにあります。

この梯子、打ち合わせ中、時にあったり、時にはなかったりしたものです。

梯子は屋根をメンテナンスできたりするのに便利だったり、といったこともあるかもしれませんが、メインの利用は、屋上に上ること(子世帯夫)。

屋上に上るとなにかあるか?といえば、特にこれといった利用方法はないのですが、気持ちとして、屋上に上がりたいということでした。

ということで、時には(家族全員?)反対され、なくすことを検討したり、ときには拡張してデッキをつくることを検討したり、階段で行くことを検討したり。

理由はないけど、色々考えてみて反対されてもやっぱりそうしてみたい希望というのは、住まいのづくりの上では大事な気がします。

大阪:堺 オープンハウス

先日、深井の家の完成見学会を、建築主の好意により行わせて頂きました。天気予報は台風が接近するかもしれないという状況でしたが、2日目の午後から雨が降ってきたものの無事に見学会を終えることができました。

今回は問い合わせを多数頂きまして、一人一人に十分な対応ができない時もありましたが、実際に小さな家を考えている人が多くいることを実感しました。小さな家は、自分自身がどの様に生活するのか、自分は大きさをどの様に実感するのかを、通常サイズの家より深く想像してみないとまとまらなくなります。今回はその実例の一つとして見て頂けたのではと思っています。
これからも小さな家を楽しく計画して行きたいと思います。

次回も引き続き上野芝の家の見学会があります。是非お問い合わせ下さい。

オープンハウス開催します。
詳しくはこちら

藤原・室 建築設計事務所 大阪;堺 上野芝の家 オープンハウスへ

↑このページのトップヘ