カテゴリ: 奈良:西ノ京の家

石


奈良:西ノ京の家 完成へ向けて植栽工事が進んでいます。

底が平に加工された石が現場に置かれていました。

玄関前には円盤状の植栽に囲われたエリアあり、そこにアプローチするための踏み石になる予定です。


外構

奈良:西ノ京の家 外構工事が進んでいます。

少し遅れての外構工事ですが、植栽の計画を練っていたので、時間がかかりました。

結果的にいろいろ良いことが多かったようにおもいます。

いままでとは違った雰囲気の庭ができそうで楽しみです。

薪置き場

奈良:西ノ京の家 薪置き場ができていました。

写真ではわかりませんが、結構高く積まれていて、迫力があります。

これに近い様子で2階のバルコニーにも薪があり、いろいろな方が薪をくださるそうです。

さらにあと2つほど薪置き場を新設するそうで、家で過ごされる時間がもっと楽しくなりそうです。

薪割り

奈良:西ノ京の家 薪ストーブの備品が次々揃っています。

こちらは薪割りの台となる木の幹だそうです。

薪ストーブを入れることは多いのですが、西ノ京の家は、本格的に薪をストックしていく方向です。

ピザ

奈良:西ノ京の家の薪ストーブで、ピザを焼いている様子です。

先日、西ノ京の家におじゃましてきました。

この冬いちばん冷え込む時期だったのですが、薪スーブのある暖かいリビングで、前日に生地から仕込んだという、ピザをいただきました。薪の香りがとても素敵でおいしかったです。
時間がゆったりと流れる空間で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

大阪から奈良に移り住んだことで、不便さなどがあるか気になったのですが、全く問題がないとのことでした。
お子さんたちも、転校してすぐに学校になじんでいるそうで、よかったです。

薪

奈良:西ノ京の家 薪がデッキに置いてありました。

薪は、ストーブを燃やすだけでなく、置き方も大事で、重要な雰囲気づくりの要素でもあります。

ソファー

奈良:西ノ京の家 ソファーが入っていました。

手持ちの家具と一緒の、チーク材でフレームがつくられている、素敵なソファーです。

このソファーに座ると、別世界がひろがります。

名称未設定 1

奈良:西ノ京の家 薪ストーブが点火されました。

十分なあたたかさで、途中からむしろ暑いくらいで、窓をあけるくらいでした。

お子さんたちも、薪ストーブに興味を持ったようで、もっと燃やそうか?などといった具合です。

この冬は、薪ストーブであったかくなったリビングで、皆が炎の様子を見ながら、ゆっくりとくつろいで過ごせそうです。

IMG_9081

奈良:西ノ京の家 引き渡し


引き渡しがおこなわれました。記念に、住まい主のご家族がケーキ用意してくださいました。


建築主の方とは、お会いしたのは5年前、そして、話をしていくと、たまたま友人のお店のお客さんだったりと、、、いろいろなご縁がありました。


当初は大阪の堺で土地を探していのたのですが、最終的には奈良の西ノ京となりました。


住むのはこれからですが、すでに思い出のいっぱいつまった家であったりもします。


17年目の結婚記念日に引き渡しとなり、ご家族の思い出となる、住まいの竣工でした。


外構のほうは住まいになってから進める予定です。

↑このページのトップヘ