カテゴリ: 兵庫:武庫之荘の家

a2000


再び告知させて頂きます。


4月19日土曜日午後5時から

毎日放送の『住人十色』という番組で武庫之荘の家が放送されます。

武庫之荘の家は兵庫県尼崎市にある8.2坪の狭小住宅です。

藤原・室建築設計事務所をより多くの方に知って頂く機会となりました。




http://www.aplan.jp/works/mukonoso/mukonoso.htm

a2000

 関西エリアですが、4月19日(土)毎日放送TV 17:00-17;30 「住人十色」で武庫之荘の家が放送されます。

「最初は大変緊張していましたが次第にカメラマンの
要求通り出来るようになりました。
一生の記念ができました。 
ありがとうございました。」

施主さんから、収録後の連絡をいただきました。

こちらこそ、お疲れ様です。有難うございました。

是非、見て頂けたらと思っています。

mukonoso

兵庫:武庫之荘の家 ホームページに写真を掲載しました。

わずか12坪程度の土地に、建物が建っています。

建築主の方が育った実家を、新たに建てなおした建物です。 

よろしければ以下のリンクよりご覧ください。

藤原・室 建築設計事務所 武庫之荘の家のページへ 

IMG_1177

 いつも、家が竣工したあとに、家族の記念写真を撮影させてもらっています。とうとう、この日がきたなあ、という感じです。武庫之荘の現場も楽しい現場でした。いろいろ協力いただきましてありがとうございました。

IMG_1387

 外部吹き抜けを、僕たちは数多く作ってきました。

  今回の外部吹き抜けは今までで一番小さいです。1畳程でしょうか、そこに筒状のガラスが建物の中心を突き抜けている感じです。綺麗に仕上がりました。

 このガラスの筒による毎日の生活、また思いがけない使い方が出てくると思っています。この日は雨が降っていて、その様子が不思議で、綺麗でした。楽しみです。

IMG_1287

 キッチンが設置されました。

 何回かの打ち合わせの末に出来上がった製作のキッチン。製作されたキッチンは他には無いただ一つのものです。

 既製品ばかりの、なにかを選んで当てはめるばかりの工事が増えていきます。いろいろ苦労はしますが、考えて製作するという姿勢は無くしていきたくはないです。

IMG_1222

 浴室と洗面部分がガラスで仕切られて、一体的な感じに仕上げてゆきます。今回は床、壁、天井がFRPの仕上げとなっています。そしてついでといいますか洗面カウンターもFRPで造ってもらいました。

 FRPのツルッとした、波打った表情に囲まれた空間が、どこか良くわからない白い洞窟に入ったような雰囲気です。

IMG_1049

 現場で、ある部分の納まりの話し合い。現場の人はよく下地の板に描くことが有ります。そういった何か検討の後が見られるスケッチが書かれた材料が使われていきます。
 
 工事の見えない記憶として仕上げの下に隠れています。

IMG_0936


 2階から3階へ上がる階段は各部屋への動線は途中階段の踊場で2手に分かれます。これは、意図的というわけでもなく、プランにより自然とそうせざるを得ないところから出てくるのですが、この二手に分かれた階段によって、各階の繋がり感が強くなって広がりを感じたり、見た目雰囲気が出たりします。
 階段の造りが雰囲気を左右します。これからが楽しみです。

↑このページのトップヘ