カテゴリ: 大阪:高槻の家

SUMAI no SEKKEI(住まいの設計)藤原・室建築設計事務所

高槻の家が、住まいの設計11.12月号に掲載されました。

今回の特集は光と風、緑を取り込む家ですが、高槻の家は、造作キッチンについての記事として掲載されています。

よろしければ、購入してみてください。

藤原・室建築設計事務所 高槻の家のページへ

高槻の家キッチン

海外の建築WEBサイトARCHI DAILYに、
が掲載されました。

この家の一番はやはりキッチン。

玄関からいきなりキッチンがあって(奥様の希望)
しかもコンロがダイニングテーブルとくっついている(奥様の希望)

というところでしょうか。

藤原・室建築設計事務所 北摂:高槻の家のページはこちら

IMG_2583

ピザを、子供たち参加で作っています。

日常もピザを作っているそうで、生地作りから、ベーコンまで作ったりと、手慣れている感じでしたが、結構凝っていました。

お子さんもテーブル前で作業するのに慣れた感じでした。

とてもいい写真が撮れたと思います。

雑誌の掲載が楽しみです。

花火
花火大会があちこちで行われているかと思います。

建築主さんから写真をいただきました

家の窓から花火が上がったお写真。

他にも数枚いいお写真をいただきました。

「どこをとってもいい写真が撮れるのが、この家の良いところですね〜」

というお言葉を頂いたのですが、たしかにホームページなどでお伝えしている写真はほんの一部で、見せるカットが限られています。

しかし、実際にお住まいになる方は、日々の生活でいろんな見え方があると思うのと、発見もあるのかと思っています。

いろんな場所での見え方をいつも考えて、計画を検討しています。

その結果、「どこを撮ってもいい写真が撮れる」というメールをいただいて、うれしく思っています。

IMG_2575

玄関というのか、窓から入り、すぐにこの木テーブルに備わったコンロがあります。

そこのまわりに取材のための食材が並んでいきます。

雑然としているといえば雑然としているのですが、日ごろちゃんと使われているものが並んでいて雑然さが、いい落ち着き感になっています。

取材のための料理メニューは、子供が参加する料理でした。

IMG_2574

高槻の家には、そういえばテレビがありませんでした。

当初の計画とおり、天井にプロジェクターがついていて、壁をスクリーンがわりにしてテレビを見ています。

昼間でも、若干薄くなるのですが、日常見るテレビとしたらありかなあという感じでした。

かなり大画面で、夜に映画を見たりすることもあるそうです。

以前はテレビというのは家の主役のような感じで配置されていましたが、だんだんとテレビの存在は変化し、家のプランにも影響がでています。

IMG_2561

住宅雑誌の取材がありました。キッチン特集というテーマでもあり、お住まいの方に料理もしていただきながら、お住まいの様子を直にお聞きする、とても丁寧な記事づくりをされています。

その分、お住まいの方の協力には、いつもありがたいと思っています。今回も有難うございました。

もう竣工から3,4年かが経過していて、子供3人のにぎやかな、住まいの雰囲気がとてもいい感じで出てきていました。

写真は、奥さんがキッチンに立ちながらの取材風景です。

この家は、まさに「キッチン中心」という言葉通りの家だなあと、あらためて思いました。

08

大阪:高槻の家 雑誌の取材の申し込みがありました。

建築主の方は、快く引き受けてくださいました。

キッチン特集だそうです。

高槻の家のキッチンは、コラボレーションで出来上がった、他に似たものがないキッチン。

一枚板のダイニングテーブルの中央に、コンロがある大胆なレイアウトです。

完成すると建物は成長するといいますが、どのように成長したか楽しみな取材になりそうです。

また、取材の報告をしたいと思います。

本棚

壁面作り付けの本棚です。

職業柄、本が多いのですが、こういった壁面収納の本棚は整理が出来て、なおかつインテリアにもなり、理想です。

本棚2

高槻の家で設計した本棚は、吹き抜け全面に本棚があって、さらに理想的ですね。

大阪;高槻の家

大阪:高槻の家をホームページに掲載しました。

建築主の方が買い集めた、アンティークの家具や備品を、沢山使っているお住まいです。

お子さんの成長とともに、建物がどんなふうに変化していくか楽しみですね。

吹き抜けに面した、大きな本棚がいっぱいになるとまた雰囲気が大きく変わりそうです。

大阪:高槻の家のページへ

↑このページのトップヘ