カテゴリ: 家具

テーブル

事務所の丸テーブルをつくってみました。

テーブルの脚は3本で、スッキリとした印象のあるテーブルです。

なかなかいい感じに仕上がりました。

丸テーブルの直径は120僉

ホワイトオークの製作テーブルです、高さの調整や大きさの調整は可能です。  

大阪の建築家

最近フェイスブックをはじめていますが、ブログは日々更新しています。
丸いテーブルを置きたいです。という話が増えています。

また、自宅に伺った時に丸いテーブルがあって、新築したときも、やっぱり丸いテーブルにしたいんです。
という希望があったり。

写真は福山の家のダイニングです。
また、現在工事が進んでいる、生駒の家の家具は、一回りおおきい最大6人掛けの丸テーブルを製作することで、検討しています。

生駒の家の見学会を開催します。
2015年 4月4日(土) 4月5日(日) 10:00〜16:00
詳しくはこちら
奈良 生駒の家 見学会のページへ 
 

CIMG6325

タオル掛けなどの制作を考えています。

普段生活の中で使っていても、特に気にしないですが、

製作することを考えると、寸法が重要になってきます。

徳島:羽ノ浦の家 家具

hanoura4

羽ノ浦の家のために、オーダーで製作したテーブルです。

この住まいは基本的には、リビングで床に座って食事をするスタイルです。

そうなると、すこし既製品になると、うまい具合のサイズのテーブルがない。

特に鍋をするときに、鍋を置くと、手間にお皿がぴったり収まるサイズのテーブルがない。

ということを踏まえて寸法を決定していきました。

sofa

兵庫:甲陽園の家 ソファーが完成しました。

思いのほか皆がくつろいでいるとのことでした。

ということで、2人がくつろぐ姿勢をとると、満席状態。

もう一つ欲しいなぁ〜、ということになってきているそうです、、、

sofa

兵庫:甲陽園の家 ソファーを現在製作しています。

2階の床が特殊な形なので、既存のソファーがことごとく合いません。

なので、今回はオリジナルでソファーをデザインしたものを、製作しています。

kishi38

大阪:南河内の家 ロッキングチェアの写真をスライドに加えました。

冬場暖炉の前でくつろぐために、この家のためにデザインしたロッキングチェアになります。

暖炉は使用しない夏場には、向こうの景色が見えるようにデザインしたのですが、スライドの写真ではその様子がよくわかるようになっています。

最近はテーブルだけでなく、椅子もデザインすることが徐々に増えてきています。

他の物件では、ソファーなども現在デザインし始めています。
 
南河内の家のページはこちら

椅子

奈良:香芝の家3 南河内の家とおなじく、こちらの住まいも椅子を家にあわせて、藤原・室 建築設計事務所でデザインしました。家具の方と何度も打ち合わせを重ねていると、いつの間にか、かなり時間が経過していました。

箱のような椅子で、ワークスペースの為の椅子です。

通路も兼ねたスペースに、椅子が置かれるので、移動のしやすさがありながらも、背もたれをつける等、スツールよりより座り心地が良くなるよう、工夫してみました。

ロッキングチェア

大阪:南河内の家 ロッキングチェアをこの家のためだけに、デザインしました。

写真は、工場での最終確認の様子です。

この家のためだけにデザインした薪ストーブの前に、ゆったりとくつろぐためのロッキングチェアです。

昨年末から、革や材や細かなデザインを詰めて、ようやく完成しました。

兵庫県三田の家 美しい布

兵庫県三田の家 家具について

雑誌の撮影時にも好評だった家具の様子です。

設計側では想像がつかなかったアレンジが色々と施されていて、とても参考になります。

写真は階段の踊り場に設けられた、椅子と植栽のコーディネートです。
窓にもきれいに布が施されていて、綺麗な空間になっていました。

↑このページのトップヘ