カテゴリ: 兵庫:神戸の家

神戸北の家絵画


兵庫:神戸の家 住まいの様です。

最近、神戸北区のほうで建築が完成しましたが、同じ北区にある数年前に設計した建物です。

住まいも数年が経過し、お子さんもすごく成長されていました。

絵もすっかり上手に。


神戸北の家わんこ

新しい家族が増えていました。

神戸北飾り

兵庫:神戸の家 住まいの様子です。

一番上は、洗面の横の飾り棚

神戸北飾り (2)

階段の三角コーナー

神戸北の家陶器

お手洗いの収納棚の上



といった具合に、好きな作家さんの陶器を中心に。以前伺った時から、新しいものもあります。 

取材の方々は、パントリーの食器を見て、お店みたいと驚ていました。

一見すると少し無駄なスペース、と思えるところも、あえてつくることも大事なことだと感じさせられます。 

大阪ガス住まう6000

住まうVOL60 に掲載されました。

先日、取材の報告をしていた、大阪ガスの住まうという、大阪ガスの住宅広報誌に、神戸北の家が掲載されました。

巻頭ページに掲載していただき、建築主の方との長い家づくりの良い記念になりました。

事務所のほうに冊子はありますので、事務所に来られる方で、ご希望の方には差し上げます。

プレビューの写真を掲載しておきます。

大阪ガス住まう60

大阪ガス住まう6001
大阪ガス住まう6002

大阪ガス住まう6003

庭

兵庫:神戸の家 お家を訪問するたびに、進化していく庭&駐車場づくり。

上部の写真はアプローチです。

不定型な石と植栽が目地に入り込み、いい感じに。

うまくいく植物もあれば、枯れてしまう物もありますとのこと。その一軒家ならではの、植物を植える過程も楽しそうですね。

庭 (2)

駐車場は近くの余った砕石をもらってきているのですが、既成のガレージと違って、とてもいい具合の斑が出ています。

もう、どこからが家の敷地かが不明な状態。 

取材

兵庫:神戸の家 取材がありました。

大阪ガスから、取材があり、神戸北の家を訪問してきました。

はじめにお子さんが帰ってくるまでに、外と室内の撮影、建築主の方と設計者のインタビューを済ませました。

その後、お子さんが帰ってきて、お子さんが過ごす様子も入れての撮影。

兵庫神戸北取材2

取材のディレクターさんとカメラマンさん、ライターさんは、以前河内長野の家が受賞した時の取材のメンバーと全く同じでした。

それもあってか、なんとなく緩やかな雰囲気での撮影でした。
竣工当初は少し気にされていた、木の雰囲気も大分と色やけもして、いい雰囲気になっています。
建築主の方が住まいを大変丁寧に使われていて、所々にある飾り付けや備品がいいかんじで、撮影はスムーズに。

一緒に土地を決めるために、現地にて打合せしていったことがとても懐かしく感じられます。
藤原・室 建築設計事務所に会う前の経過などは、インタビューを通じてはじめて知ったこともありました。

似顔絵

最後の別れ際に、お子さんに即興で描いた似顔絵をいただきました。

kobe

兵庫:神戸の家

大分前に報告していました、神戸の家を掲載しました。

神戸の北の方になりますので、神戸北の家としています。

お住まいにうかがった時、2階リビングにお子さんが 「ただいまー!」 と帰ってきて、ダイニングやリビングで、楽しそうに過ごしていらっしゃいました。

よろしければ、こちらからご覧ください。

神戸北の家のページはこちら

神戸の家植栽の様子2

兵庫:神戸の家 外構の様子です。

駐車場から階段やアプローチへと、ランダムに石が敷き詰められています。

これは、建築主の方が徐々に施工をされているそうです。

近隣から出る砕石をもらっているそうで、すごく味わいのある良い雰囲気になってきています。

最終は、まだまだかかりそうですが、また様子を見に伺いたいと思います。

神戸の家植栽の様子

神戸の家ロフトの様子

兵庫:神戸の家 お子さんのお気に入りの場所はどこ?

と聞いてみると、ロフトだそうです。

天井は1Mを切る部分もあるくらい、低くて狭い場所です。

写真は、リビングダイニングからロフトを見上げたところです。

お気に入りのおもちゃを、手摺に並べてくれました。 

神戸の家住まいの様子

兵庫:神戸の家 撮影をさせていただきました。

撮影が終わってから、丁度お子さんが帰ってきたので、ちょっとだけ撮影に入ってもらいました。

はじめはあまり撮影には興味がなかったようですが、協力してもらいました。

でも、当日、寝る前に写真の仕上がりを楽しみにしている、との会話があったそうで、良い思い出になったようです。

写真 1

兵庫:神戸の家 住まいの様子の写真を送っていただきました。

2階から見える景色が、この季節どんなふうに見えているか知りたかったのです。

北側に見える山は、それほど季節によって変化はないそうです。

ベンチや椅子、家具と建物の雰囲気が揃っています。

天井の板の色も、竣工当初より大分濃くなってきています。

↑このページのトップヘ