カテゴリ: 奈良:あやめ池の家

IMG_2699

竣工してから、1年が経ちました。

1年検査を行いました。庭がとても大きくて、傾斜地と平坦な場所が楽しめます。

まだ、ゆっくりと庭づくりをされている感じでした。

傾斜地部分にジグザグに作られた階段のようなところと、所々に植栽部分があります。

お施主さんが作ったようです。すごいです。

だんだんと、公園みたいになっていきそうで、楽しそうです。

IMG_0497

天板の下に薄く引き出しを造っています。

天板下の引き出しは、脚を入れたときにじゃまになりやすくて計画が難しいところですが、
少し引き出しを奥まらせることで、座りやすくなっています。

また、引き出しを奥まらせることが、外観的にも天板の線が強調されて、きれいな見え方になっていると感じています。



IMG_2093

お引渡しを行いました。

少し手直しと製作家具設置等々と残りはあり、まだ引き続き工事確認などありますが、まずは一区切りとなります。早々にお引越しです。

敷地の状況からの建物配置の検討、敷地レベルを考えてなるべく外構に費用を取られないようにするにはどうしたらよいかに今回検討時間を要しました。

テラスも今の時期過ごしやすそうです。

でもまだ敷地まわりのフェンス検討などがあります。

今後も、お手数かけますが、様子を確認していきます。

IMG_1806

設計側と施工者で完成部分の検査を行いました。

いくつか、仕上がり状況の是正箇所を伝えていきました。

もう早々に引き渡し、引っ越しとなります。

ちょうど、具合良く雨が降ったので、雨天の家の状況が良く確認できました。

検査の時も、ついつい外の景色ばかり眺めてしまうくらい良い景色です。


IMG_0886

玄関を入ると、長い通り土間があります。

通り土間を抜け、5段ほど階段を下りてテラスへ。

テラスからは池を見下ろす景色が広がります。
 
写真は土間部分の工事途中。

2階のガラス床から土間へ光がまわります。

工事は完成めざして追い込み中です。


IMG_1705

外観が現れました。

この地域は、形状や色等々と規制されています。

見え方は、いろいろな規制とともに何度も模型をつくりながら検討していきました。

屋根、開口部分をきれいにまとめていきました。

正面に取りつくスチールバーは、植栽がとりつくために設置されています。

そろそろ外構部分をまとめていく段階です。

きれいに植栽ができれば、と思っています。


IMG_1708

建物まわりの足場が取り除かれて、庭を望む景色が見えてきました。

見下ろす感じで、庭そして池が広がります。

植栽などもしていくと、もっと素晴らしい、窓からの風景になるんでしょう。

工事も追い込みです。


IMG_1543

上棟すると、次に入っていく工事は設備工事となります。

壁をふさぐ前に配線や配管を通す工事が入っていきます。

すんなりといく工事内容もあれば、思うように経路がいかない場合や、最終の見た目を想像したときに機器類の配置が目立つのでどうしようかと、変更を検討することもあります。

設備の打合せという完成形の見えにくい工事打合せをしながら、後々の雰囲気を想像して打合せしているのが、今の段階です。


↑このページのトップヘ