カテゴリ: 長野:千曲の家

リビング

長野県千曲市で竣工した住宅をホームページに掲載しました。

個室で区切るということを少なくして、10層にわたるスキップフロアによって、目線のズレを考えて、いろいろな場所を見つけて過ごせるような住宅を提案していきました。

平面的ではなく、立体的に視界が広がっていきます。

これから住宅をお考えの方の、ご参考になればとも思っています。⇒千曲の家

1492

竣工して1年が経過しました。

計画時に更地だったときの桜の様子、工事が完了するころの桜、と千曲川の桜を眺めていたのですが、
(桜開花の時期を合わせるのは難しく、写真でしたが)

今年は竣工1年経過した桜の様子と、建築主さんからのコメントもいただきました。

友人は、この家の作りに、感動して、
(マンガみたいに目をキラキラさせて✨)
絶賛してました‼

土手にお花見に来ている人からも、
「素敵なお宅ですね〜」と、
声をかけてもらったり、
「いつも気になっていたんです〜」
なんてお褒めの言葉を頂いて、
家族一同、天狗になってます(笑)

家の北の窓全て(子供部屋・寝室・リビング等)、桜が見えるので、
家の向きも、良かったです。

 
事務所一同、温かいコメントは本当に励みになり、これからもいろいろと設計活動をしていきたいと新たな気持ちになります。

有難うございました。

また長野での計画も進んでいるので頑張ります。


IMG_0782

竣工写真の撮影をしました。

とても天気がよかったのと、お施主さんのご協力もあって順調に撮影も進みました。

まだ、引っ越し後の荷物の整理途中でもあり、お手数おかけしました。

また長野のほうでお仕事ができればと思っています。

また後日に竣工写真をホームページにも掲載していきます。


IMG_0778

竣工してしばらく経過しました。

天気も良く、竣工撮影のために現地に向かいました。

現地の最寄り駅へさしかかるところで、車内で車窓の案内がなされます。

何回かこの車窓を眺めていたのですが、今日が一番きれいだったと思います。

日本3大車窓の一つである、棚田風景です。


IMG_0110

千曲の家の引渡しがありました。

鍵をお渡しして、基本的な設備関係の一通りの説明をしていきます。

その後、お引越しとなり新居での生活が始まることとなります。

しばらくは慣れないことも多いかと思うのですが、これから本当の家づくりという感じで、家で過ごすことを、まず楽しんでいただければと、思っています。

大阪と長野という距離は遠いといえば遠いのですが、いろいろな地域で設計をさせてもらっていることで、こちらも得られることも多く、またいろいろな地域で、他の地域で得られた経験を活かすことができます。

今回も、とても良い経験となりました。

まずは、お施主さま、本当に有難うございました。

また、工事のかたも、始めてでしたが、とても工事がスムーズに進むことができて、良い出会いでした、有難うございました。

ひとまず、千曲の家の工事報告は一区切りとなります。

有難うございました。


IMG_0100

現地へは、最寄りの駅から歩いたこともあります。

駅からは、歩いて20分以上かかる感じです。

いつもこの程度は歩いているのですが、道中はあまり歩いている人が少なかったです。

ほとんどが車移動みたいです。

現地にさしかかるとき、遠方に家の外観が見えてきました。

背後に山が。

白い外観が、天気も良くて、綺麗でした。


IMG_0109

玄関の大きさというのもいろいろ話になるのですが、玄関に入ったときの眺めというのも、家それぞれの考えがあって興味深いです。

千曲の家は、玄関に入るとそのまま家の特徴が感じられる風景となります。

下は土間のような場所が続いて、外まで繋がっていく。

スキップフロアや、階段越しに景色が広がる。

そこまで大きくはないのですが、家の構成がわかる、広がり感のある玄関です。


IMG_0111

子供の勉強部分を、個室に作らないでコーナー部分に長いデスクを設置することが事例として多いです。

今回もそんな形です。

デスクから眺める景色は1階フロアから踊り場、窓は緑といったとても開放感ある場所です。

勉強だけではなく、のんびり過ごすにも良さそうな場所です。


IMG_0127

この家は踊り場のようなフロアがあり、そこをどのように使うと決めることよりも、過ごすことによってどのように使おうかと、楽しむような感じです。

階段、土間、踊り場越しに見える景色。

そういった家の様子と外との重なりも一つの風景です。

とても明るく開放的でした。

この明るさは模型では想像できなかったようです。


↑このページのトップヘ