カテゴリ: 大阪:東大阪のアパートメント

IMG_1635

竣工して1年が経過しました。

少し前に1部屋が空いた状態であとはお住まいとの事でした。

お住まいの方が入れ替われば、いくらか仕上げなどをメンテナンスしていくので、これからのメンテナンス方法のことも話をしていきました。

無垢フローリングや、塗装仕上げの壁、製作キッチンなど、ほぼ戸建て住宅と同じような仕様でこのアパートは仕上がっています。

まだ1年ですが、良い状態で経年していくのではと思っています。

03

竣工写真を掲載しました。

1階には庭、2階は天井高く空が広がる視線という特徴を持っています。

バルコニーが部屋内に入り込むことで、デッキ部分がいろいろ使えそうです。

また、戸建て仕様の材料を多く使っています。

集合住宅の可能性を、少し提案できたかと思っています。

是非ご覧いただければと思います。


IMG_2395

外観の撮影の為、2か月ぶり程になりますがお伺いしました。

植栽のまわりには雑草が生えていました。

オーナーさんの希望でもあったのですが、雑草の雰囲気というのも、作られた感じがなくなって良いです。

これでも大きな雑草は抜いているそうで、庭の手入れというものは少なからずは必要のようです。

アパートメントも全戸埋まったそうです。

植栽

種類の違った植栽をまばらに配置

そのほか土のままの部分は、雑草が生える様子を見て考えるとの事。

そっけない配置なのですが、オーナーさんの強い要望です。

こういう造園方法もあるのかな、と思いました。

あまり「お庭」という感じにはしたくないようです。

僕らも、様子を見てみようかと思いました。

東大阪アパート

大阪:東大阪のアパート 1階の様子です。

アパートですが、1階には、それぞれの住まいに庭があります。

なんとも贅沢な感じを受けるのは気のせいでしょうか?

隣地が迫っているため、プライバシーも守りつつ、植栽やデッキスペースに繋がっていきます。

東大阪アパート

東大阪のアパートメント 内部の様子です。

入居される方も、次々と決まりつつあります。

完成直後に入居されるとのことで、合間をぬって撮影をしました。

2階の部屋の様子です。

天井が高く、明るくも落ち着きある部屋になっています。 

DSCN1410

植栽の樹種が決まり、工事をしていただきました。

今回も何回かお願いしている造園家です。

3戸の庭に種類の違うものを2本ずつ植えてもらいます。

入居者予定者もだんだんと決まっていっているなか、3月入居に向けて進んでいます。


↑このページのトップヘ