カテゴリ: 広島:広島の家

広島の家住まいの様子 (5)

住まいの様子シリーズです。

今回は、広島の向洋の家。

広島の家住まいの様子 (4)

このミモザを生かして設計をしてほしい、というリクエストでした。

写真を整理していると、ライトアップされたミモザの写真を、建築主の方から送っていただいていたのを見つけました。

広島の家住まいの様子 (1)

60代のご夫婦で、リタイア後の住まいです。

現在はもっと植栽が増えてると思うので、また訪問する機会を楽しみにしています。

広島の家評判

お住いになってから、少し年月が経過している広島の家にお住まいの田村さんに、オーナーズボイスを書いて頂きました。

この住まいは、特に住まい方のイメージが難しいですが、楽しそうに住まわれています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

設計士の方の発想にびっくりしました。

デザイン性重視かと思っていましたが、天井の高さ、窓のサイズ、建物のつくりすべてが理にかなっていて、住んでからびっくりしました。

図面上ではリビングの平米数や、広さを気にしていましたが、出来上がった部屋は、まったく狭さを感じさせない間取りになっていました。

限られた予算・スペースでの快適な空間を創っていただきありがとうございました。屋上場も外構も今では、子供たちの格好の遊び場となっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広島の家 住まいの感想を頂いたので、報告しておきます。

東広島の家オーナーズボイス


家の裏に1坪くらいの畑を作ったり、木材を埋めて子供の遊び場を作ったりしています。


東広島の家オーナーズボイス (2)

ほかには外構の中を芝生にするか、日よけをつけるかなど、いろいろと試行錯誤をしています。

表札2 (2)

広島の家:広島の家の表札です。

表札については、家族で激論。

金属プレートにするか、ポストを建てて、そこに表札をつけるか?

表札2 (1)


、、、最終的な回答としては、

このような表札になったそうです。

文字はお子さんが書いたそうで、建物の感じとすごく合っています。


広島の家

広島の家:住まいの様子の写真を送っていただきました。

「当初から言われていた通り、外周の内側は、外から全く見えないので、プールをしたり、BBQを毎週しています。」


広島の家 (2)

「完成度は低いですが、滑り台を作ったり、ブランコを作ったりと楽しんでいます。」

とのことです。

建築の形状や敷地を生かして、いろいろと遊んでいらっしゃる様子が伝わってきます。

まだ、写真は撮影していませんが、、、

広島:広島の家 斜面

広島:広島の家 そろそろ1年が経過しています。

植栽の進行を待っている状態です。

木を植えるといろいろな見え方をして、面白い住まいとなっています。

ご夫婦で何度も植栽屋さんに見に行っているらしいのですが、決まらないそうです。

それはそれで、家づくりを楽しまれているようでよかったです。

広島:広島の家 その後

住まい後は快適で楽しいとのこと。

お子さんが家を気に入りすぎて、友達が毎日沢山集まる家だそうです。

、、、ゆえに芝生の斜面は子供たちの足で削られ、育成にもうすこし時間が掛かかるとのこと。

と、嬉しそうに話をされていました。

撮影はもう少し先にすることになりました。

広島の家食事

広島:広島の家 住まい後の様子の写真と感想を送っていただきました。

----------------------------------------------

引越しも終わり、デッキでプールやミニBBQをしたりと毎日楽しく、快適に暮らしております。
長女のお気に入りは、屋上に上がることで夜は星を見たりしています。
写真は若干前のものですが、外構もほぼ出来上がりました。
近所の子供たちの恰好の遊び場になっています。

----------------------------------------------


広島の家空

お子さんに気に入ってもらえているようで、うれしいかぎりです。
建築途中でも、女の子らしくお茶していましたが、この家はお茶するところが沢山あるので、大分楽しんでもらえるのではないか、と思っています。

広島の建築

先日の広島での見学会の様子です。

遠方は愛媛のほうからはるばる起こし頂き、ありがとうございました。

このような見学会を開催させていいただいた、建築主の方に感謝したいと思います。

IMG_2365

見て初めて分かることも多く、現在建築計画が進んでいる方は、いろいろな発見があったようです。

福山で以前竣工した建築主の方にも訪問してくださり、ほのぼのとした雰囲気の見学会でした。

↑このページのトップヘ