カテゴリ: 香川:高松のガレージハウス

香川高松鉄筋コンクリート配筋検査

香川:高松のガレージハウス 配筋検査がありました。

この建物はシンプルながらも、鉄筋コンクリートをうまく利用した構造となっています。

4本しかない柱は、それだけにかなり頑丈です。

香川高松鉄筋コンクリート配筋検査2

事前に配管関係なども確認し、コンクリート打設に向けて現場が進んでいます。

柱状改良

香川:高松のガレージハウス 地盤改良が進んでいます。

今回は地盤がとても悪い敷地でした。

そのような敷地に鉄筋コンクリート造の建物を普通に建てると、1000万にもなる地盤改良費が掛かる敷地となります。

ですが、設計側でアイデアを出すことで、地盤改良を半額以下にすることができました。

設計段階から地盤改良を少なくし、なおかつ床面積が稼げるような、構造形式となっています。

構造の申請などなど、まあまあ時間が掛かりましたが。

ということで、地盤改良が進んでいますが、少し特殊な機械になるので、機械の順番待ちがあり少し工事が遅れています。

地盤改良の様子を見て、「普通より少し長い機械ですね」という建築主の方のコメントもなかなかすごいですが、進み始めています。


香川高松の家地鎮祭

香川:高松のガレージハウス

地鎮祭がありました。

今回の建物は、鉄筋コンクリート造2階建ての建物です。

特殊なデザインの為、建築の確認申請が、適合判定という特殊なルートでの審査となります。

ということで、申請は通常の何倍も時間が必要でした。

申請もようやく下り、工事の準備に入ります。

まずは地盤改良から。

通常より建築期間が長くなる工事になりそうです。

タイルのショールームへ

香川:高松のガレージハウス タイルのショールームに行ってきました。

今回はガレージハウスということで、家のなかからガレージが見える。

家とガレージがつながっていて、車が見えるのはいいのですが、デザイン上問題点が出てきています。

家の中には、厳選したタイルを選んだのですが、実は車用のタイルというのはとても限られた数しかないのです。

家のタイルとガレージのタイルを一緒にしたい。

でも、車にはつかえない。

ということで、家の中のタイルに近似するタイルを、沢山のカタログやらショールームをまわって、ずっと探しています。

、、、というデザイン的な仕事内容の裏側の紹介でした。

高松の家キッチン打ち合わせ

香川:高松のガレージハウス キッチン打合せを進めていきました。

工事をすることは決まっているのですが、鉄筋コンクリートの建物のため、工事や申請に時間が掛かる建物となります。

その間時間があるので、工事に関係する打合せを先行して進めていっています。

鉄筋コンクリートとなると、先に水回りやコンセントの位置などは決めておく必要があるのです。


高松の家キッチン打ち合わせ (2)

高松から大阪に来ていただいて、ショールームや事務所にて打ち合わせをしていきました。

電柱移設

香川:高松のガレージハウス 電柱移設が終了していました。

電柱を、共同管理している他の敷地に移設することになり、それが完了しました。

しばしば、敷地に電柱があり邪魔になるんですが、、、という事はよくあります。

ただ、動かすのに費用がかかったり、場所として動かせなかったり。

近隣の共同の敷地に、動かすことが出来ました。

古くからこの地域にお住いの建築主さんのお人柄ということと、地域性でしょうか。

設計作業としては、図面完成に向けてフル回転していくところにきています。

ガレージハウスの計画ですので、これで車がスムーズに入る計画が進めることが出来そうです。

香川:高松のガレージハウス キッチンの検討のため、ユーロモービルへ行ってきました。

最近ショールームがリニューアル&拡張されて、より良い雰囲気に。

ユーロモービルキッチン2 (2)

最新のモデルもラインナップ。

実際に水がでるものもあり、これからいろいろイベントもできるスペースになるそうです。


ユーロモービルキッチン3

今回はキッチンだけでなくソファーも検討しています。

イタリアのソファー

desiree

を検討しています。

建築主の方は、以前東京に行ったときに、150件ほどソファーのショールームを巡られたそうで、いかにもという主張がないけれど、デザイン性のあるソファーを探していたという事です。

高松ガレージハウスキッチン

香川:高松のガレージハウスキッチンの打ち合わせ。

今回は、室内の空間が白がベースです。

どのような色味にするか、あらかじめ決まっていたのですが、物自体を見ると、また違ったイメージに。

ちょっとしたものでも、写真と実物は違うもので、イメージしてもらう事の難しさを感じます。 

↑このページのトップヘ