カテゴリ: 大阪:豊中の家

ABBLEAFAWARDS


少し前ですが、LEAFAWARDSのトロフィー到着が到着しました。

海外からの発送でしたので、予定より大分と遅れての到着です。

正式には THE ABB LEAF Awards(リーフ賞) Best Residential Building Project – Single Occupancy 2019(個人住宅部門最優秀賞)という形での受賞となります。

海外での大きな賞を受賞したということもあるのか、この受賞の後、外国人の方からの依頼が連続して来ています。

海外からのインターンや就職希望も多々ありますが、日本語ができない方についてはお断りしている状況です。

LEAF AWARDS fujiwaramuro

豊中の家が、THE ABB LEAF Awards(リーフ賞) Best Residential Building Project – Single Occupancy 2019(個人住宅部門最優秀賞)を受賞しました。

審査員は、Sir Peter Cook(イギリスの建築家)他が選定委員でした。
ショートリストの段階では、イギリスの建築事務所 Zaha Hadid ArchitectsやSteven Holl Architects、日本からは日建設計が他の部門にノミネートされているなど、世界の第一線で活躍している建築家が名を連ねている、世界の建築界では権威ある賞です。

今年はベルリンにて、ファイナリストとしてノミネートされた世界各国の建築家が集合し、その場で発表がありました。ノミネートされたものの、当日に行かないと結果がわからない、というのもなかなかの事です。

場所はベルリンのマリオットホテル。

LEAF AWARDS fujiwaramuro2

無事、スライドが映し出され、受賞することができました。

私達の提案を受け入れていただいた建築主のK様をはじめ、難しいディテールを綺麗に施工してくれた工務店、実務作業や応募をしてくれた事務所スタッフのおかげでこのような賞をいただくことが出来、皆様に感謝しています。

なかなか簡単に取ることが出来ない権威ある賞だそうで、これからもよりよい建築を、社会に提案していく励みとしていきたいと思います。

LEAF AWARDS fujiwaramuro2

リーフ賞とは(Wikipediaより)

世界の建築家コミュニティーにおいて次世代の基準となる作品を評価し、建築デザインの発展を目的とする国際建築賞。ヨーロッパ主要建築家フォーラム(Leading European Architects Forum、LEAF)の運営で、2004年に始まり、年に一度開催される。現在の正式名称は、スポンサーの名前を冠し、ABB・リーフ賞(英:ABB LEAF Awards)。


ABB LEAF AWARDS2019

「ABB LEAF AWARDS 2019」ショートリスト選出


建築デザインの発展を目的とする国際的に有名な建築賞、リーフ賞のショートリストに、豊中の家が選ばれています。

ショートリストには、ザハ・ハディドやスティーブン・ホールなど海外の有名な建築事務所が連なっています。

ABB LEAF AWARDS 2019」の「Best Residential Building Project - Single Occupancy」部門

FujiwaraMuro Architects was seleted to be part of the shortlist released by ABB LEAF AWARDS 2019.
 
Competing for 「Best Residential Building Project ? Single Occupancy」 category with "House in Toyonaka", 
 the project is now one of the four projects that were selected to continue in the competition.

藤原・室 建築設計事務所豊中の家

大阪の豊中の家が、dezeenに掲載されました。

豊中の家 dezeen のページへ

デザインやプロダクト、建築関係では有名なサイトで、掲載されることも少ないので、うれしいかぎりです。

また、別の取材の件で、後日こちらのお住まいに伺う予定になっています。

コンクリート打ちっぱなし

大阪:豊中の家 夜景の様子です。

再度撮影してもらいました。

夜の様子もなかなかいい感じです。

IMG_3459

計画中にポスト・ドアホン・表札まわりの位置などを決めていくのですが、細かい仕様決定まで追いつかないことがあります。

豊中の家では、RC壁だったので先に大きさと位置までは建物のバランスに合わせて決めることが出来たのですが、そこから他の検討が先にまわり、最終になって決まっていきました。

外壁の杉板にあわせた素材と色味、郵便物は取手を開いて入れるという形で造っていただきました。

建物には、とても馴染んで仕上ったかと思っています。

↑このページのトップヘ