カテゴリ: 大阪:かきたクリニックannex

ディスプレイ取り付け

大阪:かきたクリニックannex

今回は、掲示板代わりにディスプレイを設置することに。

ディスプレイアームの位置を決めて、取り付け工事をしているところです。

年々ディスプレイが薄くなっているので、壁掛けが多くなってきています。

実はHDMI端子というものが大きくて、シンプルにおさめるのが、いろいろと難しかったりするのですが。

照明

大阪:かきたクリニックannex 照明が取りつきました。

仕上げもほぼ完成してきて、あとはサインなどの設置。

こじんまりとした医院ですが、無駄なくすべてのスペースを生かした設計になってきています。

ソファー完成

大阪:かきたクリニックannex

ソファーが完成しました。

生地が決まるまで少し行ったり来たりしました。

医院なのでイメージを保ちながらも、清掃性の高い物を選ぶところにハードルがありました。

写真は自然光の状態です。

実際は照明をつけると、もっと明るくなる予定です。

ビルの1階で、限られた窓のサイズですが、自然光でも十分いい雰囲気になっています。

クリニックのカウンター

大阪:かきたクリニックannex カウンターが設置し終わりました。

通常、クリニックの家具は化粧板といったもので製作されます。

ですが、今回は全て無垢材で製作したカウンターになっています。

写真ではわかりにくいですが、このボリューム感の無垢カウンターはなかなかの迫力です。

長く使っていくうちに、痛んでくることもあると思いますが、きっと雰囲気がだんだん良くなるように思います。

配線多い

大阪:かきたクリニックannex 配線の仕込みが一部見えている場所です。

店舗の設計する時に、少し厄介なのがこの配線。

ひとつひとつは小さくても、数がおおくなると結構なスペースを取ります。

あらかじめ、サイズを想定しているのですが、正確にはやはり現場に入ってからでないとわからないものです。

ファサード

大阪:かきたクリニックannex ファサードが徐々に出来上がってきています。

色をどうするか、2種類のサンプルを置きながら決めていきました。

今回のファサードの難しさは、既存のビルのサッシが既にあり、そのままにしておかないといけないところです。

大きな改修ポイントはガラスです。

ガラスを元々あった、2枚の単板ガラスを外して、複層ガラスに変更しました。

見た目は変わらないのですが、いろいろなパーツを外したり付け加えたりしています。

性能をアップさせながらも、同じような見た目にするために、いろいろな検討と手数を掛けているのです。

クリニック天井

大阪:かきたクリニックannex

天井の施工が進んでいます。

無垢材を細かく組み合わせて張っています。

来られる方は大半が高齢の方なので、落ち着いた雰囲気になるようになればなぁ、と考えています。

壁の色や、塀の色や仕上げなどが決まりつつあります。

カーテン (1)

大阪:かきたクリニックannex カーテンの打ち合わせです。

クリニックの待合には、大きな窓があります。

その窓に、西日が斜めから当たるとのことで、当初はロールスクリーンを進めていましたが、最終的には、カーテンにしていくことになりました。

カーテンというと、すこしもっさりとしたイメージをお持ちの方も、居るかもしれません。

今回はプリーツを特注で小さく製作したシャープなイメージのあるものです。

写真ではわかりづらいですが、プリーツが細かく重ねる部分を増やすことで、日差しを塞ぎやすくなっています。

豊中の医院

大阪:かきたクリニックannex 家具の打ち合わせを行いました。

藤原・室建築設計事務所では、家具を造ることも多いです。

今回は洗面台や作業台、受付、待合室のソファーが主な家具です。

家具は買ってきたほうが簡単ですが、スペースや雰囲気などでオーダーで製作したほうがいい場合は、製作をおすすめしています。

新築の場合でも、持っている家具の大きさによって、プランが大きく変わることもしばしばあります。

新調したほうが、プラン的にもコスト的にも有利な場合もよくあります。

↑このページのトップヘ