カテゴリ: 大阪:千里山の家

カーポート

車1台分と、自転車置き場を製作していくことになりました。

木構造で構造金物を見せていき、屋根はガルバリウム素地の折版を載せる計画です。

量産品とは違い、建物に合う雰囲気でアプローチ部分が仕上がっていくかと思っています。

IMG_1156

検査機関の完了検査も下りました。

先日、建築主さんと、工務店と竣工部分の確認を行いました。

床の施工確認や、壁クロスの傷などの補修箇所の確認が主な内容となります。

まだ、今回は外構工事が手つかずでしたので、それの打合せを行いました。

製作カーポートで施工されることになったので、こちらも詳細検討し、継続して施工確認を行っていきます。

IMG_4588

内部工事もひと段落がつきそうです。

奧にはキッチンも設置されました。

視線が自然と上を向くような空間かと思います。

吹抜けの天井仕上げを、床の材と同じ材料、貼方向でまとめながら吹抜け空間の特徴を作っています。

次の工程は検査機関の完了検査となります。

20

足場が外れ、外観が現れました。

足場にはシートや横断幕が掛っているので、外観がしっかり確認できるのは、足場が外れないとなかなかわかりません。

工事中の外観確認作業はいつも難しいと思っています。正面の窓まわりがきれいに仕上がりました。

足場が外れると、もう完成かと思われるのですが、まだまだ工事が続いていきます。

完成日が迫っているので、内部工事がこれからピッチを上げてすすむことになります。

IMG_4260

LDKにうんていが設置されています。

今までの住宅で、うんていを設置したことは、初めてなんですが、実際に雲梯を設置するにあたっては、梁を設けたり、下地に補強したりと結構手間がかかります。しかし、今回実現しました。

日常的にとても使いやすい場所に設置されたので、日ごろ、軽くぶら下がってみたりするのであれば、とても健康的だと思いました。

また、今回はさらに、吹抜け部分にロープも吊り下げられるようにもなっていて、また実際にロープなどが出来上がったらどのように使われていくのか、、お聞きしたいと思っています。

IMG_4216

正面玄関から奧の庭を突き抜けるかたちとなる吹き抜け空間の天井は、建築の構成が感じられるように仕上げを他の天井と変えることになりました。

床のフローリングと同じ素材、同じ貼方向を統一しています。

お施主さんからは、「どこかアクセントとして」ということで仕上げや色を変えるということを希望されることがあります。

その時、素材や色を変える意味をいろいろ考えます。

やはり、建築的な構成などの意味合いを大事にして、素材や色を検討していきたいと思っています。

IMG_2151

千里山の家は、左右に各個室が振り分けられて、真ん中を突き抜けるかたちで、玄関土間、吹抜けのLDK部分を抜け、南側の庭へとつながる構成となっています。

そこに一つだけその構成から外れた個室がご主人の書斎です。

眺めが良く、家の周りの様子も見渡せる場所になっています。

IMG_3655

先日、天候が良くない日が続いている中を様子を見ながら、2日間に分けて棟上げを行いました。

玄関からリビングを通り抜け、庭へと続いていく視線の抜けを、いろいろな角度から確認していきました。

これから先に鉄骨の階段が入り、大工工事が本格的に進んでいきます。


IMG_8532

基礎が完成です。

この時期は、現場以外では木構造部分の施工打合せをしています。

今回は鉄骨の階段が入るので、上棟後に間に合うようにデザインの確認もしているところです。

そろそろ上棟になります。

↑このページのトップヘ