カテゴリ: 広島:福山の家3

東広島の平屋

広島:福山の平屋 

写真をホームページアップしました。

お仕事をリタイアされ、いままで住んでいたマンションを引き払っての、2人暮らしのお住まいです。

いままで使われてきた家具も、空間に違和感なくおさまっています。

家具というのも長年使うものですので、購入はかなり慎重に考える必要があります。

4つほどある庭スペースの植物は最小限にしての竣工ですので、年々住まいの雰囲気が良くなっていくのが楽しみです。

藤原・室 建築設計事務所 南福山の平屋のページへ

広島福山内装 (2)

広島:福山の家3 設計検査時の内観です。

まだ、調整するところは幾つかあります。

写真はダイニングからリビング方向を見ています。

ここに、いろいろな家具が来る予定で、どのような雰囲気になるか楽しみです。

福山の家竣工直前

広島:福山の家3 設計検査がありました。

ほぼ完成で、植栽がまだです。

平屋の住まいですが、それなりに工事期間が掛かりました。

建物が完成してくるにしたがって、建築主の方もよりデザインの意図をより理解していただき、それによってより良い建物になりました。

工務店さんの現場監督さんもかなり頑張ってくださいました。

出来上がると、簡単に出来上がったにように見えてしまいます。

福山植栽

広島:福山の家3 植栽が一本植わりました。

もともとは、隣地にいらっしゃるお子さんが、庭づくりをしてくださるとのことで、庭は土のままのよていでした。

ですが、お住まいになってから長期間何もないのも居心地が悪いので、一本だけシンボルツリーを植えることに。

1本あるだけでも、内外からの見え方が変わってきます。

広島福山照明

広島:福山の家3 照明を試験的に点灯してみました。

昼間でしたが、少し調整が必要なところがあり、指示していきました。

照明の微妙なところは、どの工事でも、現場で調整が必要です。

照明周りのガラスもきれいにおさまり、夜も良い雰囲気になりそうです。

広島福山の家棚

広島:福山の家3 台が壁面に取りついています。

建築工事で先行して棚を付けているので、すっきりとした感じになりました。

シンプルに納めるほうが、事前にいろいろ計画や仕込みが必要で、実は難しく手間が掛かり難易度が上がります。

広島福山の家内装タイル

広島:福山の家3 内装が徐々に進行してきています。

建築主の方は、明るさを心配されていました。

実際出来上がると十分な明るさがあり、安心しましたとの事。

イメージしていた以上のものが出来上がるように、進めていきたいと思います。

広島福山の家玄関木戸

広島:福山の家3 玄関建具が取りつきました。

アプローチ部分も進んできています。

ちょうど玄関の前に駐車場があり、車止めの位置を建築主の方と位置を確認して、決めていきました。

福山のタイル施工中

広島:福山の家3 リビングの壁にもタイルを張っています。

タイルですが、張るのは簡単そうですが、実は結構難しいのです。

角や梁、窓など、すべての目地を計算して張っていかないと、変なことになってしまいます。

タイルの目地によって、ドアの大きさも逆算して調整をしていったりと。

とはいえ、それを逐一説明することは難しいところでもあります。

建築主の方も、むしろきれいに進めてほしいという意向もあり、工期を結構延長して慎重に進めていくことになりました。理解をしてただきありがたい限りです。

↑このページのトップヘ