カテゴリ: 大阪:此花の家2

IMG_0637

とうとうお引渡しとなりました。

計画から、しばらく敷地境界確定に月日がかかり長くなりましたが、無事に竣工となりました。

大阪市内に平屋住宅は、滅多にあることではないので、とても良い経験をさせていただきました。

また、しばらく後になりますが、ホームページに掲載していきます。

IMG_0586

今回は、撮影のタイミングが良かったので、お引渡し前に撮影を行いました。

平屋でコンパクトな住宅で、プランも比較的単純ではあるのですが、意外に撮影するポイントが多いようで、思ったより時間がかかりました。

真上からのドローン撮影もしていただいたので、この建物の円弧状のコンクリート塀の様子が面白く撮影されたカットで出来てくるかと思っています。

楽しみです。

IMG_0466

今回は、デッキスペースに使用するデッキ材を使ってL形の目隠し塀のようなものを作っていただきました。

裏に既製品のポスト、それとドアホンを設置しています。

正面には、表札のみが現れるかたちとなります。

IMG_0485

型枠も外れ、外構の床、コンクリートの洗い出しも完了しました。

円弧の型枠を反転させて再利用した形状は、きれいに仕上がりました。

あとは、少し遅れてしまったキッチン部分の設置工事が、内部で進んでいました。

もうすぐ、この工事も終了に差し掛かっています。

IMG_0429_R

コンクリートの円弧状の塀の型枠が出来上がりました。

工事途中で工務店からの提案があり、最初に使った円弧状の型枠を再利用することとなりました。

円弧状の型枠は他の現場で使いまわしが難しく、円弧に曲げた型枠を1回きりで処分するのはもったいないということから、再利用できないか検討しました。

最初はうまくいかないだろう、と思っていたのですが、思ったよりうまく配置ができました。

工事側からの提案は、設計側には思いつかないこともいろいろあり助かっています。

良い工務店ほど、いろいろなことに気づき、このような提案が出てきます。

IMG_0170_R

工事打合せは、定期的に1週間に1度は行われて、その時にいろいろと出来上がっているところを見ながら、次へ進んでいく工事の状況を想像し、現場で検討も行います。

ほぼ立ちながら、またあちこち動き回りながらの打合せです。

今の状況は、もう細かい納まり方とか、家具関係の話などをしているところです。

このあたりが最終的に見え方につながるところで、私たちの仕事としては最もデザイン的で、繊細な場面です。

でもこの辺りを通り過ぎると、そろそろ終盤だ、という思いを持ちます。

IMG_0187_R

今回は正面の道路側はガラス窓がほとんどなので、あまり壁面が見えない感じです。

ガラスの納め方などなどで、少し外壁工事の工程が後にまわりました。

もう今月末には足場が取れて、全体がわかるようになるかと思います。

コンクリートの円弧の塀もそろそろ現場検討がはじまっています。

201_R

内部工事が進んでいます。

今回は構造の柱や梁が連続して部屋内に見えてくるように計画しています。

現場打合せは、どこが隠れていき、見せるところがどのように出てくるかという打合せを行っていきました。

だんだんと、部屋に現れてくる構造部分の梁や、柱の様子が見えてきました。

IMG_5114_R

今年から大工工事が進んでいく此花の平屋の現場ですが、昨年末上棟式がありました。

もう屋根もかかり、内部空間が想像できます。

RC打ち放しの曲面の塀が、外部から内部に入り込んでいます。

また今回、キッチンがLDKの中心に配置されていることもあって、造作キッチンの仕上げを再検討中です。

あと、照明も再確認中。

今からが一番忙しくなるところです。

↑このページのトップヘ