カテゴリ: 大阪:阿倍野の家

11

階段部分を真ん中に持ってきて、吹き抜け部分の視線の広がりを考えていきました。

こういったサンルーム的な空間は、動線的に立ち入る空間にしたほうが自然と過ごしやすい場所になるかと思います。

階段もただ移動だけのものと思わないで、座って過ごすこともあると考える空間づくりです。

そろそろ設計作業に入っていきそうです。

IMG_2059_R

敷地の大きさが確定し、内容も変わってきたのでまずは軽く小さい模型をつくり提案させていただきました。

サンルーム、通り抜けの土間、その上にデッキスペースといったところをどのように組み合わせて、日々の生活において楽しく過ごしていこうか、というところの検討が大きな方針です。

↑このページのトップヘ