供養地

ポケモン対戦用 変な型の整理 なんちゃって考察など

5tE6zO4fdZ


S8ぐらいにブニャットに遭遇しなめてかかったらボッコボコにされた。
というのを踏まえてガエンが多い今、こいつは刺さるのではないかという考えで組んだ。

結果として刺さるPT刺さらないPTがわりとはっきりする上、
相手の行動にも左右されるため使いづらさは否めない。

この最終形に持っていくのに時間がかかったのもあるが、
やはり根本的な強みを出せない状況が多いのが1800に乗れない原因だったと思う。
頑張ればいけなくもない(毎回言ってる)











続きを読む

7E9sX3u00L


結構前から考えていたが、
GTSでようやくかるわざアギルダーが手に入り、終盤から回した構築。
最終日に1800に滑り込んでもうそこで満足したが、楽しいのでまだ回す可能性はある。

強い相手にはとことん強いが耐性ガバガバなため、一度崩されるともうどうしようもない。

このフェアリー環境で格闘2枚、フェアリー弱点3体は攻めすぎた気もするが、
コンセプト的にはこれが最良な気がしなくもないから不思議。

ガチガチに組んだつもりのバンギ軸よりも、
こういうPTのほうが好成績残すのは釈然としないものがある。


QR


続きを読む


S7



 恐ろしい勢いでレートがあがった構築。
12月10日時点で46位まであがったんだが、そこで手を抜いてWCSに走る。

その後1月から再び潜った結果、全くレートが伸びずゲームセット。
伸びないだけならまだしも、1600まで割ったのはひどい。



この構築は絶対1800は超えれると思ったのだが、結局行けずじまい。
未だにカイロスが一番好成績なのはどういうことですかね…。



続きを読む


S4~6を殆どやらなかった分、
思いついたPTをこれでもかと試してしまった結果、恐ろしい数を試すハメになった。
しかも早い段階でダブルのレートがあがってしまったため、気軽に試したくなくなる。
そして運用の大半がWCSになったため、育成が死ぬほどめんどくさくなった。 

数として統計12PT使ったが、まだ頭のなかに片鱗浮かぶPTが5つぐらいは残っている。


続きを読む

このページのトップヘ