あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

ずいぶんほったらかしにしていましたが(汗)、今年はマメに書いていこうと思っております。

さて、新年早々、1頭追加出資することにしました。

マイネフューチャーの07

です!

当初は2次募集のラモレイエの07への出資を検討していたのですが、もう一度1次募集のカタログをパラパラしてみて、はっ!と目に留まった馬がこの馬でした。

「おそらく満口やろなぁ・・・」

と思って、公式サイトをチェックしてみると、まだ残口あり!

↑のような状況になったのが12月の半ばでした。そこからカタログを何度もチェックし、予定厩舎の岩戸先生のこともチェックし、近況もチェックし、半月で決心しました。

決め手は、スラっとしたシルエットの馬体とラフィアンと好相性であろうロベルト系種牡馬のマヤノトップガンが父であること(加えるなら、母父のコマンダーインチーフの影響が色濃く出ているところもグーです)です。

ステーブルメイトであるフサイチアソート、ゲットフルマークスに続いて2歳Sを制覇してくれると勝手に想像しております(笑)。

お仲間の皆様、一緒に応援しましょう!!

ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 日記 

シラユキは冬?

<ラフィアン公式サイトより>

マイネシラユキは、20日(日)、小倉で出走し、レース後、左ヒザに違和感があったため、レントゲン検査を行ったところ、剥離骨折が見つかりました。全治6ヶ月以上の見舞金の対象となります。近々、骨片を取り除く手術を行う予定です。

2歳愛馬の先陣を切って(もっとも2頭しかいないのですが)先週デビューしたマイネシラユキが故障発生。復帰は冬頃になりそうです。やはり、シラユキの季節は冬なのでしょうか?

僕の愛馬ではマイネルマルスも早期デビューにもかかわらず、骨折休養し、見舞金の対象となりました。奇しくも同じマイネルラヴ産駒。しかし、マルスの場合、約4ヶ月の休養でターフに戻ってきました。シラユキも思ったより早い復帰となってくれることを願っております。
ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 日記 

ローゼン、実りの秋へ!

<ラフィアン公式サイトより>

マイネルローゼンは、ビッグレッドファーム明和で調整中。この中間から騎乗を再開。大暴れをした過去からも初日は補助をつけてロンギ場に向い、そこで試し乗りを行ってから坂路へ向かいました。さすがに精神的に成長していて、終始大人しいまま。坂路でキャンター1100m1本の運動をしていますが、現在も特に問題はありません。乗り始めたばかりもあってまだ太めで、トモに緩さを感じるのは仕方ないでしょう。菊花賞への出走を意識しており、夏開催中に500万下を卒業して秋のトライアルへ挑みたいと考えています。

やはり、ローゼンにとって、菊花賞がこの秋最大のターゲットのようです。京都新聞杯は先行有利の重馬場とは言え、きわどい競馬をしましたから、出走できれば見せ場以上も夢ではないと思います。

そのためには、まず、500万卒業です。小倉か札幌か、どちらかを使ってくることになるでしょうけど、今度は右回りの競馬。まっすぐ走ることができればスンナリ卒業してくれるはず!期待しています!!
ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 日記 

マイネシラユキ8着

本日の小倉4レースでデビューを果たしたマイネシラユキは8着という結果に終わりました。

道中はスンナリ先団に取り付いていったのですが、勝負どころの3コーナーで急に手ごたえが怪しくなり後退。高脚を使ったことが原因で、故障ではなくほっとひと安心でした。

まだ、競馬に慣れていない様子ですので、叩いて2戦目の次走、どう変わってくるか期待しましょう!
ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 日記 

今年の出資馬は・・・

drawing

この馬、マイネガイアの07です!

ラフィアンの命運のかかった種牡馬・ロージズインメイの仔です。ロージズインメイ産駒らしからぬボリューム感に乏しい馬体と頼りなさげな顔に惹かれて、さらに、ミヤリン厩舎ということで応募したのですが、応募者多数で抽選に。はずれを覚悟しましたが、なんと抽選突破!!

つい興奮してお絵かきしてしまいました(笑)。

ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 日記 

マイネシラユキ、デビュー!

すっかり更新サボってしまって・・・気がつけば1年になろうとしています(汗)。

そんなこんなで、前回の記事で取り上げたマイネシンデレラの06=マイネシラユキが今週日曜日にデビューすることになりました!

鞍上は若手のホープ・浜中騎手。今日のニッカンスポーツの特集記事で、今週の期待の1頭として、マイネシラユキをあげてくれていました!うれしぃ〜〜!!

減量の特典を活かし、スピードで押し切る競馬を見せて欲しいものです。

もし、シラユキが新馬勝ちということになれば・・・

マイネシンデレラの07への出資決定です!!

と宣言しておきます!!
ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 日記 

マイネシンデレラの06近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネシンデレラの06
父マイネルラヴ/母マイネシンデレラ栗東・佐々木晶三厩舎
マイネシンデレラの06は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。午後1時半頃に放牧して、翌朝の午前8時頃に集牧されています。この両親の仔ということもあって、気が強いのは驚きません。放牧地ではしなやかな動きが目立っており、それに加えて力強さも感じます。父そっくりの体のラインで、気の強さが良い方向へ向いてくれれば楽しみ。値段的にもお買い得な1頭ではないでしょうか。
ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  マイネシンデレラの06 

マイネルローゼン近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルローゼン
父グラスワンダー/母フラワーケープ 栗東・宮徹厩舎
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。先日はMサニーを追いかける形で縦列のままスピード調教を行いました。後ろからつついて、Mサニーの気持ちに刺激を与えるためです。タイムは55秒。騎乗スタッフは「坂路の終盤で息を抜く癖は残っていますが、ようやく体つきや前半の行きっぷりが良化してきました」と評価していました。
ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  フラワーケープの05 

マイネルオスカー近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルオスカー
父トワイニング/母レディウィンダーメア 栗東・佐々木晶三厩舎
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。7日(火)、Mクロイツ、Mビビッドらとともに追い切りを消化。2頭の走りと比べて、力強さが足りない印象。馬体が幼く、気持ちにむらもあり、まだ子供っぽいようにも思えます。

ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  レディウィンダーメアの05 

マイネルマルス近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルマルス
父マイネルラヴ/母イブキローマン 美浦・畠山重則厩舎
ビッグレッドファーム明和で調整中。休養を終えて先週から、坂路でキャンター1100m1本の運動を再開しています。現在は1ハロン17〜18秒ペースをメインに単走で乗り込んでいます。休養あけとしては、若干肉づきが物足りないので、飼い葉をしっかりと食べさせて、ふっくらと造るように心がけいます。馬自身は相変わらず元気一杯で、油断すれば持って行かれそうな勢いです。

ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  マルス 

マイネルオレア近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルオレア
父スペシャルウィーク/母マイネオリーブ 栗東・荒川義之厩舎
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。先週はMスケルツィ、Mキッツ、Mグリッツァとの集団での追い切りを消化。追いかけてきたスケルツィに先着を許しましたが、同馬の動きも着実に上向いています。首を下げる走法は変わりませんが、これは同馬の特徴といえます。馬体重はまだ550キロ台をキープしており、4月に福島で出走したときを40キロ上回っていますが、数字ほど重々しさは感じられません。

ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  オレア 

マイネルローゼン近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルローゼン
父グラスワンダー/母フラワーケープ 栗東・宮徹厩舎
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。ゆったりしたペースからスピードアップするときの反応がいまひとつです。独特の鈍さがあり、騎乗者は「走りにメリハリがない」と表現していました。父の産駒に先行押し切り型が多く、ある程度は仕方ないのかもしれません。もう一つ上のレベルに向上させるため、古馬のグループに組み込み、もう少し攻めを強化してみることも検討しています。

ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  フラワーケープの05 

マイネルオスカー近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルオスカー
父トワイニング/母レディウィンダーメア 栗東・佐々木晶三厩舎
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。先日の集団での追い切りではリードホースを務めました。後半は手応えが怪しくなりましたが、鞍上の激しいアクションに応え、ラストまでしっかりと走っていました。相変わらず、線が細いため、頭が大きく見えます。もっと肉付きが良くなってくることが理想です。

ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  レディウィンダーメアの05 

マイネルデュベル近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルデュベル
父フォーティナイナー/母デモンリー 美浦・池上昌弘厩舎
ビッグレッドファーム明和でパドック放牧されていましたが、腰萎(通称:こしふら)の状態が悪いままで、回復の見込みが立ちません。獣医によると頸椎の神経に異常をきたしている可能性が高いとのことですが、馬体には外傷や打撲痕がなく、原因についてははっきりしない状況です。このまま放牧していても治る可能性がないことから、池上調教師との相談の結果、引退することになりました。高い能力を秘めた馬だけに残念です。長い間、ご声援をいただきありがとうございました。

ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  デュベル 

マイネルマルス近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルマルス
父マイネルラヴ/母イブキローマン 美浦・畠山重則厩舎
ビッグレッドファーム明和で休養中。正午過ぎから翌朝の8時までの時間帯で昼夜放牧され、馬房で管理する午前中には飼い葉を与えたり、手入れをしながら馬体のチェックを行ったりしています。もういつでも騎乗できる状態。入厩予定馬の移動に伴い、馬房に空きが出る今週、育成厩舎に移して乗り出す予定です。

ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  マルス 

マイネルオレア近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルオレア
父スペシャルウィーク/母マイネオリーブ 栗東・安藤正敏厩舎
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。先日の計測では3キロ増の558キロ。思うように馬体重が落ちないものの、動きは順当に上向いています。荒川師が来場した先週、調教の進捗状況を伝え、相談の結果、8月中旬の入厩を意識して造っていくことになりました。

ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  オレア 

マイネルローゼン近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルローゼン
父グラスワンダー/母フラワーケープ 栗東・宮徹厩舎
(7月17日)
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。過敏な面が落ち着きつつあり、攻めを強化してくことに。3日間ほど間隔をあけ、中間に2本、追い切りを済ませています。追走の途中、気を抜いてふわっとしてしまった初回の内容を踏まえ、2回目はテンからMパルティアと併せて行いました。結果、上々の手応え。いきなり54秒のタイムで駆け上がりました。その後、精神状態も安定していて極めて順調です。
(7月24日)
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。中間も2度のスピード調教を消化しており、スタートをゆっくり出して直線で気合いをつけるなどいろいろ工夫しています。先日は強めで55秒をマーク。反応が鈍かったのは単走だったせいもあるのでしょう。ハードに攻めても馬体減りがないのは評価できます。

ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  フラワーケープの05 

マイネルオスカー近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルオスカー
父トワイニング/母レディウィンダーメア 栗東・佐々木晶三厩舎
(7月17日)
真歌トレーニングパークで調整中。先週お伝えしたとおり、この中間から坂路でキャンター1500m1本の運動を再開しています。稽古を始めて間もないものの覇気に欠け、「元気一杯で溌剌している」といった印象はありません。鞍上の指示に従って淡々と調教をこなしています。まだトモを中心に緩さがあるので芯を入れ直していきます。
(7月24日)
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。3頭の縦列から併走に切り替えて追い出すスピード調教を消化。結果としては2頭に1馬身ほど先着したものの、道中はなかなかギアが変わらず、前に並びかけるまでかなり苦労させられました。ずるい面があるのではないかと疑っています。4月末の休養を境に低迷した過去があり、もしかすると、それについても気性が絡んでいるのかもしれません。


ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  レディウィンダーメアの05 

マイネルデュベル近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルデュベル
父フォーティナイナー/母デモンリー 美浦・池上昌弘厩舎
(7月17日)
ビッグレッドファーム明和で調整中。この中間から坂路でキャンター1100m1本の運動を開始しています。現在はハロン17〜18秒ペースで様子を見ていますが、単走もあって行きたがるところもなくリラックスした走りを見せています。体をほぐすにはちょうど良い感じ。あとは馬っ気が治まってくれればといったところでしょうか。牝馬が滞在している厩舎を横切るといつも雄たけびをあげています。
(7月24日)
ビッグレッドファーム明和で休養中。馬房から連れ出した先日の朝、歩様の乱れが確認され、獣医に診てもらった結果、腰萎(通称:腰ふら)の診断を受けました。一般的には寄生虫など(今回については馬房で体勢を崩して痛めた可能性も考えられる)による神経障害が原因といわれ、これといった対処法がありません。能力への影響も含め、今後について現段階では何ともいえません。パドック放牧だけで運動を制限して経過を観察しています。


ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  デュベル 

マイネルマルス近況

<ラフィアン公式サイトより>
○マイネルマルス
父マイネルラヴ/母イブキローマン 美浦・畠山重則厩舎
(7月17日)
ビッグレッドファーム明和で休養中。1日の大半を屋外で過ごす昼夜放牧に体力が奪われているのか、函館競馬場から到着した当初よりも大人しくしています。先日は、集牧にきたスタッフに鼻面を寄せていました。ぐったりしているほどの疲れは感じられません。馬体が徐々にふっくらしてきました。
(7月24日)
ビッグレッドファーム明和で休養中。昼前から翌朝の5時頃まで昼夜放牧されています。この生活にも慣れてきたようでぐったりした様子も見せなくなりました。到着後すでに2週間が経過しましたが、リラックスした表情も見せるようになり、リフレッシュできたように思えます。近日中に調教を再開する予定です。


ardoreardoreコメント(0)  
カテゴリ: 愛馬近況  マルス