<ラフィアン公式サイトより>

マイネルローゼンは、ビッグレッドファーム明和で調整中。この中間から騎乗を再開。大暴れをした過去からも初日は補助をつけてロンギ場に向い、そこで試し乗りを行ってから坂路へ向かいました。さすがに精神的に成長していて、終始大人しいまま。坂路でキャンター1100m1本の運動をしていますが、現在も特に問題はありません。乗り始めたばかりもあってまだ太めで、トモに緩さを感じるのは仕方ないでしょう。菊花賞への出走を意識しており、夏開催中に500万下を卒業して秋のトライアルへ挑みたいと考えています。

やはり、ローゼンにとって、菊花賞がこの秋最大のターゲットのようです。京都新聞杯は先行有利の重馬場とは言え、きわどい競馬をしましたから、出走できれば見せ場以上も夢ではないと思います。

そのためには、まず、500万卒業です。小倉か札幌か、どちらかを使ってくることになるでしょうけど、今度は右回りの競馬。まっすぐ走ることができればスンナリ卒業してくれるはず!期待しています!!