Hi-log 3

日々の生活と仕事を綴った雑記

昨日で3月が終わりましたが、やー長く感じました。
引っ越しを中旬に挟んで、前半は旧居の荷造り。
後半は新居の荷解き、なんですが、なんでしょう荷造り&引っ越しで何かが燃え尽きたのか、荷解きはあまり真剣に行なわず、まだダンボールが残っている状況。

最終週は父の入院・手術があって、その付き添いでの病院通い。
病院付属レストランの日替わりランチが楽しみになってました。
父の手術は無事終了、手術同日に母が倒れるというハプニングがありましたが、病院内だったのですぐ救急に運ばれて結果、事なきを得ました。
その後の検査でも大きな異常は無し。
父もグッタリはしてますが(これはもうデフォルトですね)、こちらも大きな異常は無し。
父母ともに年齢を考えれば、今後体調が大きく回復することはないでしょうが、まぁ自然現象なのでそれを前提に無理なくフォローできる体制をこれから作っていけたらといったところです。
頼るべきところは外部に頼ることを基本にして。みな無理なく。

明日から新しい職場での仕事が始まり、また環境が変化しますんで、さらなる無理しないスタンスを継続しつつ。

引っ越しから一週間ちょいが経ち、引っ越し直後の非日常から少しずつ新環境での日常が形成されつつある。
まだ段ボールがあちこちに転がってはいるのだけど。

そんな感じで落ち着きが見え始めた先週は、以前札幌にいたときによく顔を出していた札幌・小樽圏の各所に挨拶を兼ねて再び顔を出す。
また一緒に何かやりましょうという感じで、今後の活動の基盤を確認。
まぁどこも苫小牧にいたときにも顔を出していたので久々感は薄く、いつもの関係性のまま、またよろしくという感じではありましたが。

今週は父の再手術が最大のイベント。
明日入院で水曜に手術。
結果に応じて、自分としてどうフォローしていくかの範囲が分かってくる。
そして来週から次の職場で勤務開始。

今後、何をしていくかにあたっての方向性というのは、ほぼ固まってはいて、限られた時間でそれぞれをどうしていくかという割合というか配分を今週・来週で見出していくのかなといったところ。

早いもので引っ越しから1週間、と感じるのと同時に、ここまでずいぶん長かったと感じることもある不思議な感覚。
実家に依存していた風呂と洗濯も自宅で出来るようになった。

この1週間、転入手続きで区役所に行ったのと、退去立ち合いで苫小牧に行った以外は、ずっと自宅周辺にいて。
昨日、4月から務める職場にて雇用契約の確認をするため、久々に札幌駅まで出る。
これだけで驚くほど体力を消耗して、ずいぶんと体がなまっていた模様。

以前、札幌にいたときのような過剰なアクティブさは少し抑えようと思っていたので、体がなまるくらいでちょうど良いのだけど、今後それなりに活動はしていくことになるので、それに体を慣らしていく必要もあり。
明日以降、ちょこちょこと出かける目的を設定している。

引っ越し後、転入手続きやら苫小牧の退去立ち合いやらインターホンの修理やらがありまして、新居の整理がなかなか手付かず。
まだ新居での洗濯や入浴も出来ない状態なんですが(徒歩で行ける実家で行なってます)、今日は午後から少し昼寝しようと布団に入ったら、がっつり3時間熟睡。
やはり疲れが溜まってた模様。
身体のだるさがかなり消えたので結果オーライ。
残作業はまた明日からやっていこうかと。

毎日、顔を合わせるようになって、両親の身体の不調をより実感するようにもなって。
自分も年齢的に以前のように身体を動かすことも難しく。
それでも生活を継続していくのなら、無理することを抑えつつというのが大前提で。

そんな中にあって、どんな人にも活躍の場を、という考え自体は良いことだと思うけど、どのレベルで活躍するかはその人その人の体調も含めた境遇に合わせてじゃないとならないわけで。
そういったときに「みんな一緒」という考えが先に来てしまうと、上手くいかないだろうなぁなんてことを昼寝から目覚めて思ったところです。

昨日、引っ越し。
今日、新居のネットが繋がりまして、自宅PCからこの記事を書いてます。
本当は昨日の時点で回線は開通していたのですが、接続の仕方が取説だけでは分からず。
昨日の時点で電話窓口が終了してしまったので、日付が変わってから相談して、なんとか使えるようになったと。
途中、ワイヤレスキーボードが反応しなくなったり、けっこう困難続きでしたが、いろいろやってるうちにこちらも再び使えるようになりました。

荷解きがまだ大量に残ってるのだけど、ネット環境が整ったので、まずゲーム機の接続や録画環境を整える。
北海道は広いのでチャンネルの地域設定を変更しないと、受信できない罠が地味にあったり(今回は室蘭から札幌にエリア変更)。
必死に詰め込んだ荷物を今度はまた解放していかねばならず、荷造りに比べて時間の制約が少なめとはいえ、ハードな作業と言えばハード。
なので合間の息抜きとしての娯楽は重要で、そちらを先に整備した方が気持ち的に楽なこともあり大枠では効率的だと思うんですよね。

親の世話の兼ね合いで実家から徒歩圏にしたので、風呂・洗濯はとりあえず実家を使えるのは便利なところ。
自宅側でこの辺を整えるのは後回しでいいので、作業の優先順位も付けやすいと。

面積としては新居の方が広いんですけど、収納スペースは旧居の方が豊富だったので、物を置く・しまうといった辺りは以前の方が使いやすかった。
ただ今の部屋は室温が暖かくて、暖房の使用率は低め。
こんな感じで、一長一短ありますなと。

↑このページのトップヘ