2005年12月17日

好きな街

好きな街は横浜です。中学高校時代からずっとお世話になっていますが、本当にいいところです。もちろんみなとみらいとか桜木町とか中華街とか最高です。でも横浜駅近辺もかなり好きです。渋谷に比べて人が少なくてやや落ち着いているし、必要なものはしっかりそろっている。飯も渋谷よりうまいとこが多いし、雰囲気もよい。うん最高の街だな!!

  
Posted by areaakber at 00:30Comments(0)

今年やり残したこと

 英語の勉強ですかね。全くやってないわけじゃないけど、思うように伸びていない気がする・・・研修で全部英語のプレゼンとかやるらしいし、入社までにはきちんとやらなければ。最近は卒業研究が追い込みでろくに暇な時間がありません。会社からの宿題にも追われ、英会話もあるし、年間購読してる日経ビジネスも読まなきゃならんし、バイトもあるし・・・

まあとにかく英語頑張りたいと思います!

  
Posted by areaakber at 00:27Comments(0)

2005年11月30日

ニートが問題視される中、社会人としてギャップを感じる。皆さんはギャップを感じていませんか?

これは第三回のトークライブの講師を務めてくださった寺井様から頂いたお題です。

 結論から言えば、「普段生活の中でギャップを感じたことはありません。しかし、言われてみれば、実際ギャップはあると思います。」といった感じです。

 普段私が生活している中で接するのはFCのメンバーや、家族、大学、塾講師バイトの仲間などです。これらのコミュニティーで出会う人々は、ニートと呼ばれる人たちと比較すれば意識をしっかり持っています。そのため私からすればそれが「普通」になっており、ニートやフリーターを意識してギャップを感じたことはありません。

 しかし客観的に考えれば、ニートと呼ばれる人々との間にギャップが存在していることは事実であると思います。ニートはバブル期の日本が金回りがよかった時代に、何もしなくても回りから自分の欲求が満たされるという環境で育った世代に多いように思います。さらに現代の携帯電話やEメール、インターネットなどの発達により、自ら動かなくても簡単に用事を済ませることができるといった要因も大きいでしょう。いずれにしても「豊かさ」「便利さ」の副産物であると思います。

 今後少子化や企業の外国人労働者の雇用拡大、実力給の拡大などにより日本は2極化が進むことはほぼ間違いありません。そうすれば日本の治安は悪くなるし、国力も間違いなく低下してしまいます。どうにかしてニートの人たちにも日本の将来に対して責任を感じてほしいです。同じ日本国民として、現在のFCの活動が何らかの形でできるだけ多くの人々に、日本の将来によい影響を与えられればよいと思います。

  
Posted by areaakber at 18:01Comments(0)