どうやら、ニューヨーク市に世界一細長い建物が建設されることになりそうです。高さ約411メートル、幅約18メートルのとっても細長いデザイン。これを景観保存委員会が許可しました。3年以内に完成する予定です。

デザインしたのはSHoP。SHoPは、NY Daily Newのインタビューに、この建物の縦横比はほぼ25:1で、「今までにないほど細長い建物になるだろう」と答えています。

こちらの住所はウェスト57番通り107番地になります。セントラルパークの近くです。またこの建物の左隣には、建設後88年経ったスタインウェイホールがあります。スタインウェイ、あの超高級ピアノブランドのショールームです。スタインウェイの建物が石造りで重厚感のあるクラシックな見た目なのに比べて、新しいビルはガラスでできていて、非常に軽やかです。

開発業者のJDS Developmentは、建物の高さを2倍にする交渉を行うために、スタインウェイホールを4億6300万ドル(約453億円)で買い取りました。最終的な許可は、景観保存委員会が出す事になっていましたが、委員会はおおむね好意的に捉えており、許可もあっさりとでたようです。委員会の委員長ロバート・ティアニーさんは「新しい建物と歴史的な建物、双方にとってベストである」と言っています。

「面白い! 行ってみたい!」という方もいらっしゃると思います。でも、このビルは全てのフロアが、1フロア貸しの住居となっていまして、つまりものすごいお金持ちのためのマンションなんです。

世界1細長い建物に入るためには、世界で何番目くらいのお金持ちになればいいんでしょうね。(ギズモード・ジャパンより引用)

ちょっと怖い気もしますが…1フロア貸しの住居ということで完成が楽しみです。

エリアクエストでは、オフィスの新設・移転をお考えのお客様に対して、 効率的なオフィスを 開設するコンサルティングからオフィス物件のご紹介までを 卜一夕ル的にサービス させて いただいております。