株をする子供が増えているそうです。

面白いので、子供が夢中になるのはよく分かりますが、
個人的にはあまり関心しません。

株をすることで、社会や経済に関心を持ったり、
お金に関するリテラシーが高まると言われていますが、
子供の時からそんなもの身に付ける必要ないと思います。

これを好ましいと考えるか、好ましくないと考えるか、
意見の分かれるところだと思いますが、
私なら、小学生に相応しい本を読んだり、
友達と遊びまわることを勧めたいですね。

流行りすたりに惑わされずに、どんな時代にも必要とされる
基礎力を身に付けさせるのが、親の義務だと考えています。

「時間を仕事に削ってるってやつは信用できますね」
って、テレビである会社の(偉いっぽい)人が1人の新人社員に話していた。

「24時間」誰にとっても、これは同じだ。だからこそ、時間を仕事の為に費やすやつは評価される。

新入社員が他の新入社員より評価を得る方法は、この「人より時間を仕事に費やす」というのが1番だと思う。
誰よりも、いい仕事をするといった、内容で勝負するのが1番正しいのだが、それは不確かな方法だと思う。

人より仕事ができるやつは、放っておいても上に上がっていくのだ。
そして、取り残される人が大多数なので、その中での勝つ方法を考えなければならない。となると、他よりも「がんばっている」と印象づけることが重要になる。となると、人より仕事の為に時間を使っているのだと示すのが、能力に関わらずに確実な方法だとなる。

平等に与えられた時間と言う空間だからこそ、使い方次第で、人からの評価や信頼を得ることにつながると思う。

でも、時間を他の人より、仕事の為に使って当たり前、と周りに考えられるようになったら、おしまいになってしまう。
時間の見せ方って、仕事の能力の次に使えるものだと思う。

本日は夜勤明け。

帰宅し、少しネットしたあと妻がひいておいてくれた布団に入ると暖かい@@

そういえば、メールで妻から【びっくりすることあるかもよー。】というのがあったのですが、、

足で暖かいものを触っていると、湯たんぽであることが判明。

結構長持ちするんだなーとびっくりでした@@

湯たんぽは妻の持ち物です。実家から持ってきたものの一つなのですが、長年愛用しているそうです。

ココ最近の冷え込みで湯たんぽを使い出したようですが、頻尿だったのが少し減ったと喜んでいました

↑このページのトップヘ