親不知が痛みだしたら

親不知が生えてもそのままにしている人が多いかも
でも親不知っていきなり痛みだし、その痛さは虫歯以上だとか。。

で、どんな時に痛みだすかというと、妊娠、ストレス過多、睡眠不足・過激なダイエットなど免疫力の低下がきっかけになるというから恐ろしや・・・

生活を改善して4日たっても痛みが治まらない場合はやっぱり病院に行くしかないみたい
歯医者さんは細菌感染が原因ならば歯に薬を塗って治療し完治できるみたいよ
ちなみに、歯医者も矯正専門医・インプラントに強い医者、虫歯に強い医者など色々あるから調べてから行くのが大事。

でも妊婦さんは、軽々しく薬もつかえないし・・どうやって痛みを回避するのか考えると怖いね。
だから計画的に妊娠を考えているのであれば、先に歯の治療が必要かもね。

それには、結局は親不知の抜歯という処置になったとしても、免疫力をあげておくことは大事みたい。
抜歯後、免疫力が下がっていると化膿するリスクが高いから、どちらにしても親不知が痛みだしたら、即生活習慣の見直しが必要みたいよ
 

専門歯科へ

親知らずを簡単に抜きたいならって
紹介されている歯医者もある。
とはいっても、歯を抜くわけなんで
簡単にいくものか。。。
痛みは必ずある。
グラグラ揺れている歯を抜くのとは
違うから、ちょっとツライ思いは
承知しておくべきでしょう~^^
でも、それを後にまわしておくと
大変なことにもなる。
別の歯にも影響して、もっと痛い思いを
しなくちゃいけないからね~。
見つけた時には覚悟を決めて
抜歯しましょうね^^ 

見つけたら早く処置を

親知らずが生えてこない人も
います。ないならそれがいちばんいい。
でも、親知らずとしらないでいる人も。
わからないで過ごす人もいる。
親知らずは前後の歯に影響を
出すし、歯並びにも影響を与えて
しまうのです。
見つけた時にはすぐに処置しましょう!!
って、自分でこの歯が親知らずなんだってことは
気づかないけどね^^
妊娠中はとくに、ホルモンのバランスで
歯の炎症が起きやすかったり
虫歯にもなりやすい。
歯が欠けることも。
あかちゃんに、カルシウムを奪われるからですね~~^^ 
ギャラリー
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ