livedoor Blog 開発日誌」によると、
> ■トラックバックスパム防止策導入につきまして
> 今まで、トラックバックによるスパムを防ぐためにいくつかの施策を
> 行ってまいりましたが、2006年1月10日より、トラックバック元の記事に
> トラックバック先のブログURLが含まれていない場合、
> 受付を拒否する仕組みを導入します。
 というようなことだそうです。

 …アニメ感想blogにとっては死活問題なのですが。
 アニメ感想blogでは記事中にURLなしでTBを送る行為は日常的に行われています。それが「拒否」になってしまうと、そもそもTBによる交流ができなくなってしまうのですが。…よく分からないけど受け入れる設定にもできるのかな。
 分からないことが多いのでまだ戸惑っている段階ですが、なんというか「ああ、またライブドアブログが余計なことをしそう…」という嫌な予感を感じています。

 スパムは確かにうっとうしいです。けど、セキュリティを厳しくしちゃうと自由な交流すらできなくなってしまう。兼ね合いが難しいけど、自由な交流をしようと思ったならば、気に入らない存在がうろうろすることも我慢しないといけないのではないかと思います。逆に言えば、気に入らないやつがうろうろできる状態を「自由」と呼ぶのではないか。それこそスパムを断絶しようと思ったらいっそTB欄そのものを消すとかしないと無理ではないか。今回の拒否の仕組みが任意であって、ユーザーに選択権があるという形ならば良いかなとは思うけど、一律で全部拒否してしまう仕組みはやめてほしいです。
 今のところ、私としては自由な交流のためにはある程度のスパムも許容するべきだと思っています。というか、「無重力実験とアニメについて」程度の小規模blogだと、スパムよりも自由のほうを優先したいのです。大手だったらまた違う意見でしょうけど、小規模blogの管理人としては、一律の拒否には賛成できないです。

追記
 ふと思ったのですが、相手側のURLの表示なし(リンクなし)でTBを送りあう習慣というのはアニメ感想ブログ独特のものなのかな。大体TBの説明を見ると「リンクを張った場合にそれを相手に通知する方法」というような説明があって、それに従えば、アニメ感想ブログで日常的に行われている感想文へのTBの送りあいはちょっと異例なことになる。…こういう異例はどう扱われるのかな。TBの使い方としてリンクなしのやり方があるということも分かってくれるとうれしいんだけど。

人気blogランキング
↑こういうのは結構難しくて、そして本質的な問題だと思います(66位です)。