今回は久しぶりに気になる選手やっていきます。
昨季から少し注目をしていて、2年目のここまでスタートを務める試合もあり期待の高まる選手です。

Maxi Kleber(マキシ・クリバー)
images (2)

ドイツ出身のクリバー。2年目ですがドイツ、スペインでのプロ経験があり現在27歳になります。
今季もスタッツ自体は平凡ですが、プレーには目を見張るものがありマブスのストレッチ4として役割をこなしています!

まずは今季のスタッツから
44GP 18.8min 6.2pts 3.9reb 0.7ast 1.3blk +/- +3.1
FG%44.5%(2.2/5.0) 3P%33.1%(1.0/3.0) FT%80.0%(0.8/1.0)
NBA.com/Stats | Maxi Kleber

スタッツはそこまで目立つもののではありませんが、短い出場時間を考えると1.3blkそして+/- +3.1は立派な数字です!


プレータイプとしては、自分からシュートをクリエイト出来るタイプではなく、オフェンスではチームの潤滑油的な存在、ディフェンスでは身体を張ってインサイドプレイヤーに立ち向かうことが出来るチームとしてはとても重宝する選手です。
images


クリバーがコートにいることでもたらしている効果がスペーシング!
NBA.com/Stats | Dallas Mavericks
これはダラスマーベリックスの各選手のOn COURT,Off COURT時のRATING。

ON COURT
OFFRTG 109.3  DEFRTG 101.7  NETRTG +7.6

OFF COURT
OFFRTG 105.5  DEFRTG 110.2  NETRTG -4.6

ON COURT時の存在感は一目瞭然、驚くことにスーパールーキーとしてチームを牽引しているドンチッチよりもこれらの数字は良い数字です!
ローテーションメンバーの中だとクリバーの数字はオフェンス(OFF RTG)、ディフェンス(DEF RTG)ともにチームトップの数字です!
クリバー自身のスタッツは伸びてはいないものの、チームとしての数字を見たときにこのようにクリバーのOn COURT,Off COURT時のスタッツが存在の大きさを表しています!
GettyImages-887283256_master-001-826x620



オフェンスではストレッチ4として、基本的にはピック&ポップで3ポイントを狙ったり、スポットアップで待機していたりとコートを広げることが大きな役割です。

ドンチッチとのピック&ポップから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポットアップでも安定して決められます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




ただ時折見せるのがこのようなプレー
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

シューターのようにスクリーンを使いカールして3ポイントを狙っていく場面がたまにあります。この器用さを見ると、もう少しハンドリングに力を入れるとボールプッシュも覚えてしまいそうな予感があります。現在のNBAにおいてビッグマンのボールプッシュは大きな武器です。これを身に着けることで更にチームに必要不可欠となる存在になった行くかもしれません。

images (1)


そしてクリバーのストロングポイントはやはりディフェンス!
先程のON COURT,OFF COURT時のDEFRTGを見てみると-8.5もの差があり、マブスにおける隠れたディフェンスのキーマンとなっています。
フィジカルが強く身体にも厚みがあります。そのためポストプレーのディフェンスではフィジカルを活かして、守ることが出来ます。また機動力・フットワークも良いものを持っており早くて上手いビッグマンにも対抗できます。

そんなクリバーのいいとこが詰まったこのプレー
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

グリフィン相手に巧みなフットワークとフィジカルで付いていき、最後はブロックショット、そしてトランジションでしっかり走り最後は3ポイント!この柔軟なプレーこそクリバーの真骨頂と言えると思います!

1試合平均1.3blkが示している通り、リムプロテクターとしての能力も高く6ft以下でのDFG%に関して、クリバーは50.6%に相手のショットを抑えています。40試合以上の出場の選手の中では今季5番目に低い数字となっており、デアンドレジョーダンよりも良く、チームトップの成績です!
NBA.com/Stats | Players Defense Dash < 6FT


少し離れた場所からだけど、持ち前の機動力で追いつきます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


これは昨季のだけど豪快なブロック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリバーのDefense Dashboardのスタッツを見てみると、6ft以下だけでなくどのエリアでもDFG%を低く抑えておりDIFF%は全てマイナスを記録しています!
NBA.com/Stats | Maxi Kleber

ドンチッチ中心に久しぶりのプレーオフへ向けて手の届きそうな位置につけているマーベリックス。
次回からマーベリックスの試合を見る時はドンチッチだけでなく、脇役であるクリバーにも注目して見てはどうでしょうか?











コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット