2018年01月17日

コメント返し(2018/1/17)


DJ NKGさん、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!!

>SEBはお祭り盤でつないで、少なくともvol.250までは続く
はい!SEB VOL.250 までは発売されます。

>HP見る限りは、生まれ変わる的な感じ
私もそのような印象を受けます。
ただ、これを書いている現在追加情報もなく、とにかく情報が少なすぎて何とも言えない状況です。

avex 30th×SUPER EUROBEAT 250 Anniversary
ダブル・アニヴァーサリー・イヤーとなる2018年、
avexがSUPER EUROBEATを盛り上げます!
(中略)
そしてSUPER EUROBEATは新たなるステージへ!!(公式HPより原文ママ)

これだけ見ると“SUPER EUROBEAT”は終わらなそうですね。
単純に新生“SUPER EUROEBAT”として生まれ変わるように見えます。
ですが、SEB 246のパッケージ等にある“最後の新譜収録盤”の文字とあわせて考えると
“SUPER EUROBEAT”というシリーズは終わらないけれど、別の新しい“EUROBEAT”のシリーズが始まって、新曲はその新シリーズに収録される?とも読み取れます。
そしてそうなった場合、“SUPER EUROBEAT”は過去曲の企画盤のみたまに発売されるのかな?
最悪、もう新曲は各レーベルの配信のみになるとも考えられますが、そうなるともう実質“SUPER EUROBEAT”は終了です。

ただただ新生“SUPER EUROBEAT”として生まれ変わるから話題づくりで“最後の新譜収録盤”という表記をしているだけですよと、“最後の新譜収録盤”の意味が、2016年“最後”のという意味か、新生SUPER EUROBEAT発売前“最後”の、という意味であることを祈るばかりです。

>せめて既存のファンだけでも盛り上がるような告知してくれるといいのにな
ほんとそうですよ!もうやきもきして仕方がありません(笑)

今後どのようになるかまだ分かりませんが、新たに生まれ変わった“SUPER EUROBEAT”を見て、新規のファンが寄ってきてくれることを。
そして EUROBEAT のブームがまた訪れてくれることを私も切に願っています!



aricia2005 at 04:42|PermalinkComments(0)

2018年01月11日

コメント返し(2018/1/11)その


speedstarさん、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!!
(確かに寒中の時期なのですが、このブログの更新が遅いせいのでお気になさらずに。。。!汗)

当時のファン向け、昔からのユーロビーターへのファンサービス、本当にそうあってほしいです。
“あのリミキサーチームで”という言葉に私も心躍らされました。
出来れば誰がやるのか、どんな選曲にするのか、早く情報を出してほしい!

そういえば昔のBEST盤は5000円くらいしていたものがありましたね。
時代も金銭感覚も違う、確かにその通りだと思います。
私も当時は高いなと思いつつ、それでも買って満足して聴いていた記憶があります。

今の値段設定は過去の例にならって、原価があって、収録数も曲数がこれぐらいだからという計算ありきのものだと思います。
だから売れなくなった今、お荷物とまで思っていなくても、どうにかしなければならない状態にはなっているのだと思います。
利益を生まなければならない企業としては非常に正しいことです。
個人的な感情は別ですが。

まぁどんなことがあっても買い続けますけどね!
最後の一人になってでも!
そんな感じで私も avex の思うツボです(笑)



aricia2005 at 19:31|PermalinkComments(1)

コメント返し(2018/1/11)その


matt lenonさん、新年明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!!
本当、2018年!EUROBEATにとっていい年になりますように!!!

matt lenonさんのランキング、自分でも悩んでいた曲が上位に入っていたり、とても興味深く拝見せていただきました。

帝王Dave!すごく分かります。
“Break Into the Music”、Sun Fireの楽曲の中では一番です。
“Love & Diamonds”も上位に入っているのが嬉しい、私のランキングではそんなに高くない位置にいますが思い入れのある曲です。
確かに Delta、元A Beat-C のアーティストが多いですね、でも自分も大好きです。
そして、“Stay Together Now Or Never”も同じ意見だったのが本当に嬉しい!!
でも安心してくださいはさすがにもう。。。げふんげふん(笑)


↓私も240番台ということで考えてみました。
Sun Fire
BREAK INTO THE MUSIC / DAVE RODGERS
帝王の貫禄、文句なしです。

GoGo's
FOXY LOVE / MANUEL & LOLITA
ここは“KING OF THE ROAD”と僅差、どうしてもポップ系が好きなので“FOXY LOVE”が上位に。

Delta
I LOVE YOU FROM MY SOUL / MARI
Deltaはどの曲も素晴らしかったのですが、ここは2016年度ナンバーワンにあげたこの曲に。

SinclaireStyle
WE WANNA HAVE IT ALL / HONEY HIME
“HONEY HIME”は純粋に SinclaireStyle かと言われると1回だけのスポット参戦になると思うので、実質“REALLY LOVE YA”が一番かと思います。

SCP
UNFORGETTABLE UNBELIEVABLE / BLISS
“FACE DOWN”も捨て難いです、ここはGoGo'sの選曲理由と同じになってしまいます。

Dima
STAY TOGETHER NOW OR NEVER / DAVID DIMA
ほんとこの曲好きで好きでたまりません(笑)

エナアタ
ACROSS THE RAINBOW / LOUISE
シンセのリフとピアノがとにかく気に入ってます、“LOVE PEACE AND GUN”の良さもとても分かります。

3B
UNDER THE POWER OF MY HEART / TIPSY & TIPSY
“THE FLAME OF LOVE”も良かったですが、こちらが頭ひとつ抜けていました。


いろいろな感想があって、それを見てわぁわぁ言い合うのはやはり楽しいものですね。
ちょくちょく読みに、是非是非いらしてください!




aricia2005 at 19:29|PermalinkComments(0)

2018年01月07日

謹賀新年2018


新年明けましておめでとうございます!

というかもう1月7日ですよ!?

って、何でしょうこのデジャヴ。
昨年も1月7日に年明けの更新をしたような気がします。

戌年ですが、今年も牛歩で進む当ブログをよろしくお願いいたします。





当ブログ的 THE BEST OF SEB 2017


昨年も作成したのですが、今年も当ブログ管理人の独断と偏見の年間ランキング作成してみました。
昨年は公式で年次BESTが出なかったので、こんな選曲になったら良かったなあと思いながら作ってみました。

※ 2017年に発売されたSEB 242,SEB 243,SEB 244,SEB 246 から選曲。
※ 本家年次BEST を意識して 25曲で選曲。


第1位 STAY TOGETHER NOW OR NEVER(Extended) / DAVID DIMA
SEB 243 収録

第2位 UNFORGETTABLE UNBELIEVABLE(SEB version) / BLISS
SEB 244 収録

第3位 MY BODY IS BURNING(FULL MIX VERSION ) / CHRIS MCREA
SEB 246 収録

第4位 TIGER MASK(FULL MIX VERSION) / NICK FESTARI
SEB 244 収録

第5位 EVERY SINGLE DAY, EVERY SINGLE NIGHT(FULL MIX VERSION) / SUZY LAZY
SEB 246 収録

第6位 ACROSS THE RAINBOW(Extended) / LOUISE
SEB 243 収録

第7位 GIVE A STOP TO MIND BURNOUTS(FULL MIX VERSION) / PIMKY
SEB 244 収録

第8位 NEW DIRTY ROAD(SEB version) / ACE
SEB 243 収録

第9位 THE SPIRIT OF THE NIGHT(FULL MIX VERSION ) / DEEMO
SEB 244 収録

第10位 FOXY LOVE(SEB version) / MANUEL & LOLITA
SEB 243 収録

第11位 GIMME SOME LOVIN'(Extended) / LOUISE
SEB 244 収録

第12位 ALL EYES ON ME(SEB version) / ELLY
SEB 246 収録

第13位 KING OF THE ROAD(SEB version) / KAIOH & DOMINO
SEB 244 収録

第14位 LOVE & DIAMONDS(FULL MIX VERSION) / CHERRY
SEB 243 収録

第15位 WE WANNA HAVE IT ALL(SEB mix Japanese version) / HONEY HIME
SEB 246 収録

第16位 TIME GOES BY(main version) / STEPHY MARTIN
SEB 244 収録

第17位 UNDER THE POWER OF MY HEART / TIPSY & TIPSY
SEB 242 収録

第18位 A BIT OF EUROBEAT(SEB version ) / MANUEL
SEB 244 収録

第19位 TURN ME ON(SEB version ) / ACE
SEB 244 収録

第20位 TWIST AND SHAKE(Extended) / DEE DEE WONDER
SEB 243 収録

第21位 NEVER KNOW WHY(The Factory Team Mix) / MELA
SEB 243 収録

第22位 MY EXIT HEAVEN(SEB version) / BAMBOO BIMBO
SEB 243 収録

第23位 FREE INTO THE SKY / STEPHY MARTIN
SEB 242 収録

第24位 CRAZY CRAZY FEELING(SEB version) / SEASTAR
SEB 246 収録

第25位 BACK IN TIME(Extended) / MARTINA DRY
SEB 246 収録



今年はこのような感じに。
1位、2位にした曲なんかは巷での評価が低いんですが、好きすぎて困っています。
当ブログの管理人はこんな曲が好きなんだと思いながら見ていただければ幸いです。




aricia2005 at 21:25|PermalinkComments(2)

コメント返し(2018/1/7)


Sound Of Incenseさん、新年明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!

15年で400曲、すごい!
28作目のアルバムで最終章というのは少し寂しいですが、人のために役立つ音楽を作っていくという考えは素晴らしいと思います。
どんな形であれ作り続けてくださるというのは、
Sound Of Incenseさんの一ファンとして嬉しい限りです。

「That's EUROBEAT」、あげられている楽曲は私も大好きで、そして私の基本となっているものです。
“Boom Boom Dollar”は言うまでもなく、“Cha Cha Cha Cha ”、“Gunfire”、“Macho Man”、あげれば本当キリがないです(笑)

SEB 247、2枚組とはいえこの値段設定は私もどうかと思います。
台所事情もあるかもしれませんが、何か特別なサプライズでもない限りこの値段は新規にも古参にも、どの層にも訴求力のないものであるといことは否定できません。
NON-STOP盤の値段については再考の余地があると、以前ちょこっとだけ書いたのですが。。。
まぁまだ終わると決まったわけではないですから!avexさんしっかり考えてください!

“EUROBEAT HOLIC”、このままで続いてくれればとても楽しみなシリーズになると思います。
私は SEB も和製ユーロも熱い、そんな年になることを信じています!

今年も共にユーロビートを熱く語りましょう!

もちろんです!こちらこそよろしくお願いします!
それではまたーw




aricia2005 at 20:19|PermalinkComments(0)

2017年12月30日

C93


そんなわけでC93より帰宅しました。
今年はいろいろ忙しくて結局1日目の参戦のみでした。

いろいろ戦利品はあるのですが、その中で気になっていた2枚。

EUROBEAT HOLIC
EUROBEAT HOLIC


新企画始動! SOUND HOLIC 過去人気楽曲をユーロビートの体現者こと“Eurobeat Union”の“DJ Command”仙人&“FN2”仙人がリミックス!さらに書き下ろし楽曲2曲、新録曲、サンホリセルフリミックス曲も加え、仕上げはカリスマ“DJ BOSS”氏がノンストップミックスを施したユーロビートアレンジオンリー全14曲☆
公式HPより原文ママ
冬コミ新作特設ページ(http://www.sound-holic.com/c93/work/work01.html

ノンストップミックスを担当したのはあの“DJ BOSS”さん。
いざ聴いてみると、繋ぎがなんていうか、ものすごくマハラジャです。
けたましく鳴るサイレンにボイスエフェクト(エロボイスは無いですが)
聴いていて懐かしく、とても楽しく聴くことができました。
これが“DJ BOSS”さんのセンスなのか、そういう発注だったのかが気になるところ。


ユーロバカ一代 VOL.10
ユーロバカ一代 VOL.10


ユーロバカ一代 VOL.10 紹介ページ(http://music.geocities.jp/plum_project/c93/index.html
こちらは先に紹介した「EUROBEAT HOLIC」の説明にも書かれていた“Eurobeat Union”さんの作品。
記念すべき10作品目、3枚組の超ヴォリューム。
DISC-1 は新作ユーロ、DISC-2、3は過去曲のNON-STOP盤なのですが。
DISC-2 のノンストップミックスを、B4 ZA BEAT の“DJ SHU”さんが担当しています。
こちらは“DJ SHU”さんらしいノンストップミックスでした。


あまり時間がなく簡素な紹介で大変恐縮なのですが、とり急ぎ紹介させていただきました。
時間があれば修正および他の作品の紹介もしたいと思います。




それにしても今年も遅々として更新の進まないブログでした。
来年は“SUPER EUROBEAT”にとって、先の見えないな状況で、不安の方が大きいのですが―
こうして冬コミのユーロビート事情を見ていると悲観するほどでもないのかなと思ってしまいます。
ユーロビートというDNAは確実に継承され、新たな時代に移り変わっているのかもしれません。

って、何か暗い話になっちゃいましたね。
今年も残すところあとわずか。
来年はどのような年になるでしょうか。
ユーロビートにとっても、皆さまにとっても良い年でありますように。

この遅々として更新しないブログを今年も温かく見守ってくれた皆々様へ、良いお年を!



aricia2005 at 21:57|PermalinkComments(3)

コメント返し(2017/12/30)


コメント返し

matt lenonさん、ありがとうございます!
こちらこそよろしくお願いします。
そういえば宣伝動画、今現在直っていませんね。
たぶんこのままなんでしょうけれど。。。w
また何かあったら教えてくださいね。





Sound Of Incenseさん、私も同じ気持ちでした。
売上枚数、いざ数字として見ると現状の厳しさがよく分かりますね。
いやほんと厳しい。
SEB 100以降、3次ブームのころは特に結構な数の楽曲がリリースされましたが、あげられた楽曲のような記憶に残る名曲は少なかったと私も感じます。
あげられた楽曲の中だと、“HARMONY / VALENTINA”を初めて聴いた時の衝撃は忘れられません。
負のスパイラル、現在 SUPER EUROBEAT はその渦中にある、私もそう思います。
それでも作り続けて欲しいと個人的には思いますが、商業目的である以上売れなくなってしまったら終わりが見えてくる、というのは理解しているのですがやはり悲しいことです。

Sound Of Incenseさんは、SEB VOL.42 からでしたか。
私は“SUPER EUROBEAT”は VOL.30 あたりからだったと記憶しています。
もともと“That's EUROBEAT”から入った人間なので、“SUPER EUROBEAT”なんてものもあるんだという気持ちで買いはじめて、今に至ります。
同じくお金がなかったので、主に中古で買いあさってました(笑)

SEB 246 は、残念ながら“最後の新譜収録盤”にふさわしい出来ではなかったですね。
逆にこれが最後ではないという前ふりだと信じたい自分がいます。

「WE WANNA HAVE IT ALL」、ほんとキャッチ―な曲で良いですよね!
“HONEY HYPE! (Eurobeat ver.) ”との比較を書いてしまったためお気に入りの曲に入れてなかったりします(後悔)

「MY BODY IS BURNING」、“FESTARI & GABRIELLI”の手腕には唸らされます。
次回新曲にも期待したいところですが。。。うーん、聴くことができるのでしょうか。

「LIGHTNING OVER JAPAN」、評判あまり良くなかったんですね、SinclaireStyle の良いところがつまったとてもかっこいい曲だと思います。

「CRAZY CRAZY FEELING」、私もこの曲大好きです。トランス自体好きなのもありますがw

「Tokyo To Milano」、この曲に限らず 3Bの音割れは何とかしてほしいところですね。
感想書くときに使ってるスピーカーだとあまり気にならなかったのですが、古いスピーカーだからなのかなぁと思ったり。


自作ユーロとトランス、待ってました!
「X'mas Tree★」
イントロから心ときめかされます。
英語詞もよく調声されていて楽曲の雰囲気によくあってると思います。
これはクリスマスに聴きたかったですね。って、アップされた日を見ると 12/5、私のチェック不足でした。。。!

「Sight Of Heavenly World」
あー、いいですね。こういうのほんと大好きです。
ブレイク部からの盛り上がりも最高にアガります。
Sound Of Incenseさんらしい音使いがとても心地よかったです。

youtube へのアップおつかれさまでした。
ナンバリングを見ると、ものすごい数の楽曲。。。!
最近は少し落ち着いてきたのでのんびり楽しませていただきます。
また新曲できたら教えてくださいね!
Sound Of Incenseさんも良いお年をーw



aricia2005 at 03:25|PermalinkComments(0)

2017年12月28日

コメント返し(2017/12/28)


コメント返し

matt lenonさん、初めまして!
ほんと優しいお言葉ありがとうございます。
いろいろショックな出来事が続く中、温かな言葉が身にしみます。
すっかり感想遅れまして、つい先ほど書きあがりました。

たしかに今回はいまひとつの域を越えることが出来ていなかったと思います。
SCPやGOGO's、Sinclaireについては全くその通りだと思います。
SCPは収録曲数が多いので特にですが、Sinclaire も同様マンネリから抜け出せていないと感じます。
「Every Sigle Day,Every Single Night / Suzy Lazy」
「My Body Is Burning / Chris Mcrea」
この2曲はやはり断トツですね。
他があまり良くないのですが、この2曲があることを加味して、今回は全体の評価を底上げさせてもらいました。

「Burn The Night With You / ACE」
伴奏、確かに「Rockin'On The Highway / Lou Master」と同じもの使っていますね。
「The V.I.P. is JP / Dave Rodgers」も言われてみれば確かに。
「LOVE LOVE LOVE」と「GO KOOKY GO」で同じことがあったので、これはさすがにちょっと。。。ですね。

「Leo River」
あれって思って見直したら。“LLEO RIVER”!w
しかも宣伝動画から省かれているというオチまでついて。。。w
思わず爆笑しちゃいました(笑)
これはavexさん修正してアップし直すのかな?

それにしても
matt lenonさん、細かいところまで気がつくなぁと感心しました。
このように更新が遅かったりするブログですが、これからも気長にお付き合いいただければ幸いです。
あと長文はどんと来いです!
こちらも長文で返しますので(笑)




aricia2005 at 03:23|PermalinkComments(4)

2017年12月27日

SUPER EUROBEAT VOL.246


だいぶ遅れましたが、SEB 246 の感想です。





SUPER EUROBEAT VOL.246
SEB 246



#06 EVERY SINGLE DAY, EVERY SINGLE NIGHT / SUZY LAZY
#10 MY BODY IS BURNING / CHRIS MCREA
この2曲が突き抜けています。
どちらもDELTA、 絶好調ですね。
その他のレーベルも当たりはずれはありますが、全体的に見ると結果そんなに悪くないといった感じに。

ただ、SEB 246 は“最後の新譜収録盤”とうたわれている1枚。
それの意味するところが、このブログを書いている2017年12月27日深夜現在で、わかっていない状況です。
SEB 246 が本当に“最後の新譜収録盤”というなら、それに相応しい出来ではないというのが正直な感想。
まだまだこれからも続くというなら良盤認定していたかもしれません。

2017年最後の1枚、いつもなら来年も聴くことが出きる新曲に期待をよせて感想を〆るとこなのですが、SEB 250 まで企画盤が続き新曲を聴くことができない状況です。
今はただ静観するしかできないのがもどかしい。
来年はSUPER EUROBEAT にとってどのような年になるのか。
結果が分かるのは恐らく SEB 250 が発売されるであろう8月以降なのでしょう。
果たしてどのような結果になるのか、良い年になることを心から願います。
そして新たな SUPER EUROBEAT に出会えることを切に願います。



SEB 246 内訳

3B 2曲
DELTA 2曲
DIMA 1曲
GOGO's MUSIC 2曲
SCP 4曲
SinclaireStyle 2曲
SUN FIRE RECORDS 収録なし
エナアタ 2曲

#02 #03 #06 #10 #11 #12 #13 あたりがお気に入り。





#01 WE WANNA HAVE IT ALL(SEB mix Japanese version) / HONEY HIME
(Leonardi - Foglia)
Produced by Bratt Sinclaire
ⓅSinclaireStyle S.r.l.

日本語ユーロといえば“DOMINO”さん。
基本的にSinclaireStyleのサウンドですが、カタコトの日本語がやはりそれを彷彿させます。
オーオオオーと歌い上げるところがすごく好きです。

「“HONNEY HIME”なるアーティストは元々イタリアのアイドル・グループとして活躍しており、コスプレイベントやアニフェス等で活躍しているそう。」ライナーノートより原文ママ

↓参考までにいろいろ視聴できます。
https://honeyhime.bandcamp.com/

↓HONEY HYPE! (Eurobeat ver.) MV、SEB 246に収録された「WE WANNA HAVE IT ALL」よりこちらの方が好きだったり。




#02 THE FLAME OF LOVE(The Factory Team Mix) / MISTER TOM
(M.Farina - F.Serra)
Produced by MARK FARINA & THE FACTORY TEAM
ⓅASIA RECORDS / THE SAIFAM GROUP

3B男性ヴォーカル哀愁系。
むせびなくギター、哀愁のサウンドを見事に歌い上げるヴォーカル、和テイストのアクセントがたまらなく琴線に響きます。



#03 ALL EYES ON ME(SEB version) / ELLY
(S.Castagna - C.Codenotti - E.Somenzi)
Produced by S. Castagna
ⓅSCP Eurobeat Productions

イントロ聴いた瞬間に分かりました、もう好きです。
SCPトランス系、どこまでも飛んでいけそうな多幸感。
優しく暖かなメロディにいつまでも包まれていたい、そんな気持ちにさせられます。



#04 BURN THE NIGHT WITH YOU(SEB version) / ACE
(S.Castagna - C.Codenotti - E.Somenzi)
Produced by S. Castagna
ⓅSCP Eurobeat Productions

少し哀愁味を帯びたメロディ、スペーシーなサウンド、スピード感溢れる展開。
SCPらしい安定した仕上がり。



#05 I WAS MADE FOR ROCK 'N ROLL(SEB version ) / MANUEL
(Manuel Caramori)
Produced by ManCar at Ritmo & Blu studios
ⓅGOGO'S Eurobeat Productions

ホラー感満載のイントロから始まる、タイトルままのロック色強めのナンバー。
クセの強い仕上がりですが、こういうのも“MANUEL”さんらしくて良いのかなと思ってしまいます。



#06 EVERY SINGLE DAY, EVERY SINGLE NIGHT(FULL MIX VERSION) / SUZY LAZY
(Matteo Rizzi - Maurizio Capaldi - Clara Moroni)
Produced by Morris Capaldi & Clara Moroni Add. Producer M. Rizzi for DMI
ⓅDELTA MUSIC INDUSTRY S.R.L.

イントロから流れてくる静かなピアノの音色。
そして激しく畳み掛けてくるシンセサウンド、静から動への移り変わりが見事です。
ハイパー哀愁ユーロ、DELTA 渾身の1曲、紛うことなき名曲です。



#07 COME BACK(Extended) / NIKITA Jr.
(Accatino - Rimonti - Malvicino)
Produced by Accatino & Rimonti
ⓅLive Music Studio

続くこの曲もピアノから始まるイントロです。
時おり使われるそのフレーズがとても印象的なナンバー。
メロディなんかはいつものエナアタですが良好な仕上がりです。



#08 TIME AFTER TIME(EXTENDED) / DAVID DIMA
(D.Di Marcantonio)
Produced by DIMAMUSIC.Co.Ltd 2017
ⓅDima Music. Co., Ltd

DIMA系男性ヴォーカル哀愁ユーロ。
ギターサウンドやアクセントとして奏でられるピアノの音が耳に残ります。



#09 LIGHTNING OVER JAPAN(SEB mix) / DEJO
(Leonardi - Foglia)
Produced by Bratt Sinclaire
ⓅSinclaireStyle S.r.l.

SinclaireStyle らしいサウンドメイキング。
ハードでアグレッシヴな仕上がり。



#10 MY BODY IS BURNING(FULL MIX VERSION ) / CHRIS MCREA
(Roberto Festari - Roberto Gabrielli)
Produced by Roberto Festari - Roberto Gabrielli & Clara Moroni for DMI
ⓅDELTA MUSIC INDUSTRY S.R.L.

“FESTARI & GABRIELLI”、第4弾。
SEB 244 に収録された3曲に劣らず、この曲も素晴らしいです。
アッパーで攻撃的なサウンドでありながら、聞き込みに耐えうる緻密な構成。
3分39秒からの展開がかなり気に入っています。



#11 TOKYO TO MILANO [ALL AROUND THE WORLD](The Factory Team Mix) / TIPSY & TIPSY
(M.Farina - F.Serra)
Produced by MARK FARINA & THE FACTORY TEAM
ⓅASIA RECORDS / THE SAIFAM GROUP

3Bらしいノスタルジック感満載のポップ系ユーロ。
もちろん大好物です。



#12 CRAZY CRAZY FEELING(SEB version) / SEASTAR
(S.Castagna - C.Codenotti - E.Somenzi)
Produced by S. Castagna
ⓅSCP Eurobeat Productions

前2作とは打って変わって、ドリーミーな世界観。
前作までのノリを期待すると裏切られる?
柔らかなサウンドと広がりのある音使いがとても心地良い1曲。



#13 BACK IN TIME(Extended) / MARTINA DRY
(Accatino - Rimonti - Malvicino)
Produced by Accatino & Rimonti
ⓅLive Music Studio

ライナーノートにも書かれてますが、たしかにピアノのイントロ多いですね(笑)
ヴォーカルは淡々とした風ですが、それ以外の部分で感情を揺さぶってきます。
行間を読ませるタイプ、聴きこむほどに惚れこみました。



#14 FEEL THE POWER(SEB version) / LEO RIVER
(Federico Pasquini)
Produced by Kaioh at Ritmo & Blu studios
ⓅGOGO'S Eurobeat Productions

聴いてすぐ分かる“KAIOH”サウンド。
スペーシーなサウンドと疾走感でしっかりと聴かせてくれます。



#15 NO GRAVITY FOR LOVE(SEB version) / ACE AND ELLY
(S.Castagna - C.Codenotti - E.Somenzi)
Produced by S. Castagna
ⓅSCP Eurobeat Productions

SCPトランス系。
繰り返しが多い展開は飽きとの戦い、安定した作りですが、もう一つくらい何かあればよかったと思います。









aricia2005 at 23:59|PermalinkComments(0)SUPER EUROBEAT VOL.246 

SUPER EUROBEAT VOL.246 感想進捗状況


SEB 246 の感想だいぶ遅くなっています。
本日中には仕上がらなそうですが、鋭意執筆中。
気長にお待ち下さい。


私事ですが、SEB 246 の感想書いてる最中にけものフレンズ、たつき監督の降板が覆されずのニュースが入ってきてだいぶテンション下がっています。
なんていうかダブルパンチです。



↓ネ申曲降臨!最後の新譜収録盤!
SEB 246 jacket


↓SEB 247 以降の告知ページ
SEB 246 kokuchi




12/26 アップされたいつもの宣伝動画




aricia2005 at 20:39|PermalinkComments(1)