浅岡家山の名言のブログ

私のHPに来て下さってありがとうございます。 私は浅岡家山といって、40代の男です。 このブログでは、名言の作り方や、私が作った名言を紹介するブログです。 私のHP→https://arigatoukansya8.wixsite.com/arigatoukansya

「人生を好転させたいのなら、全てを肯定するところから始めよう。人間は生きているだけで、辛いことや悲しいことが起きる。そして、ネガティブな気持ちから、陰口を叩いたり、相手を批判したりする。それは人によって対象が変わる。身近な親だったり、友達だったり、はては総理大臣であったり。自分がこんなに辛いのは、あいつのせいだと糾弾する。でも、疲れるだけで何も変わらない。一時の安心感を得るだけだ。もっと良い人生を送りたいのなら、まず、全てを肯定するところから始めよう。今の境遇は自分の選択で置かれたものであり、全ては未来の成功のための伏線であり、必要な学びであったと考えよう。辛かったことも、悲しかったことも、全ては未来の成功のための伏線であった。そして、自分は過去を肯定し、親・先祖・を肯定し、友人や職場の人間や総理大臣を肯定する。そして、この人から何を学ぶために出会ったのか、考えてみよう。すると、相手の嫌なところが、自分の修行のためだったと気づけるだろう。そして自分を変化させると、相手も変化し、もう学ぶことがなければ、お別れとなる。すると、また新しい出逢いが起きて、新しい学びの時間となる。人間はそうやって成長し、幸せになっていく。全てを肯定し、学びから成長していけば、最期には成功を収め、有意義な人生を送ることになるだろう。人生の成功者とは、全てを肯定できる人ではないだろうか」


私は不登校時代があって、学校教育を否定していましたが、こうやって名言を書いていくことで、気づきが起きました。全てを肯定しないといけないということです。気付かせてくれてありがとう。感謝します。

今日はここまで!

ブログの記事の著作権は浅岡家山に帰属します。無断転載を禁止します。
すべてはあなたのライフが成功するために。
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

「親を否定してはならない。親を否定することは、先祖を否定することになり、子孫である自分をも否定することになる。子供は生まれ落ちた家系ごとに、乗り越えるべき課題があり、たとえ、ひどい親の元に生まれたとしても、それを乗り越える力を持って生まれてくる。大切なことは、どんな親の元に生まれたかではなく、どんな人生を送るかだ。そのためにも、親を肯定し、自分を肯定することが大切だ。親を肯定できる人は、自分の力を信じ、勇気を持ち、新しい世界を切り開き、後々は、家系を背負う大きな人物となれるだろう」

よく宗教なんかだと、「人は乗り越えられない試練は起こらない」なんて言われますが、それは正しいと思います。ただ、本人が、自分で考えて、自分で道を切り開く勇気や思考を持っていないため、試練の前で、立ち止まってしまうと思います。良い習慣を身につけよう、ここを乗り越えるんだと、強い意志で、必死に考え、挑戦していけば、必ず道は開けると思います。私はそう思います。 

今日はここまで!


ブログの記事の著作権は浅岡家山に帰属します。無断転載を禁止します。
すべてはあなたのライフが成功するために。
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

 

「人間は親子関係から、人間関係の基礎を学ぶ。他人との距離感であったり、言葉使いであったり。
 でも、もし親が、歪んだ人間だった場合、子供は歪んだ形で、人間関係を作ってしまい、トラブルを起こす。親は、子供を思い通りに動かし、親のトラウマやストレスの発散に利用する。それは意識的にも無意識的にも行われる。そのため、良い子ほど、親の要求に従い、親を喜ばせようとする。たとえ自分の望まないものであっても。
 良い子ほど、自分のことより親のために生きようとする。そういう子供が大人になると、自分の心がわからなくなり、過食症や精神疾患になったりする。親は慌てるが、自分たちが原因だとは思わないので、子供の病は良くならない。親は自分の過失を認めたくないからだ。そのため、病を治すのに、かなりの時間がかかる。
 大切なことは、自分が何を望んでいるのか、どうしたいのか、そういう欲求に合わせた行動をしていくこと。
 たとえば、良い人間関係を作りたければ、書籍やセラピストとの関係から学べばいい。そして行動をし、上手くいけば続ければいいし、失敗すれば、反省すればいい。そうやって行動を変えていくことで、良い未来を得ることができる。もし、親から受けたネガティブな影響を乗り越えることができた人は他人の痛みがわかる、優秀なセラピストになれる」


よい子ほど、自分の欲求を無視していたり、見ないようにしていると思います。自分の欲求をどうやって満たしていくか、それが、この歪みを正していく一つの方法だと思います。
 
今日はここまで!

ブログの記事の著作権は浅岡家山に帰属します。無断転載を禁止します。
すべてはあなたのライフが成功するために。
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

このページのトップヘ