2014年05月04日

ネタばれ注意  作品の内容こっそり書こうっと

有門正太郎です


どうも 

今回の作品は、いつになく大変でした。

今まで以上に自分と向き合いそして、それを真面目ではなく

くだらなく 作品に仕上げる

この葛藤が凄かったのです

病んではいません、
焦ってはいます(笑)


まあ、お芝居を始めたきっかけですが

幼稚園の頃に「おむすびころりん」のおじいさん役をやったんですね

その時に僕のおじいちゃんやおばあちゃんが観に来てて

すごい笑顔で、面白かった〜良かったよ〜

って言われたの

「なんだかこんな事したらみんなが笑顔になってもらえるんだ〜」

みたいな記憶がうっすらあります
 

今考えると、ごく当たり前の光景なんだけど、幼少期の僕には未だに記憶にあるくらい
印象的な瞬間でした

有門正太郎プレゼンツをやってるのは
そんな原体験みたいなものがあるから笑顔になって欲しいって思うのかも。

そして会場のお客様が笑顔で元気になって

「また見に来るけー」「くっだらねー(笑)でも嫌いじゃない」

って言ってもらえる関係を沢山の人と作りたいのかもしれない。

今回は「有門正太郎」がテーマです。

伝家の宝刀も抜きまくりです。

有門家の最終兵器


俺の親父出しちゃいます。

哲夫が出ますよ皆さん(笑)

なんでもかんでも皆が楽しくなるんだったら

そこに関してはドMです。

嫁も出ます(笑)

息子は「ゴールデンウィーク、どっか連れてけ」っと連呼してます。

いつまでも皆様に支えられながら、そして成長して行ければそれでいいんじゃないかな

ありぷれ音頭なるものを今回特別にレコーディングしました。

会場で皆様に早くお届け出来ればと思っております。

ネタバレだけど、次回の予告みたいでいいよね。


有門正太郎




文字ばかりだとつまらないので
写真でも載せときますか


IMG_4609


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arikadon/52285216