週末のレスキューではようやく、以前授乳中でリリースしてしまった花梨ちゃんを無事保護出来ました。

 今回、依頼の飼い主さん宅に行ったとき、出入り口から飛び出してきた猫がいて。。

 驚いて飛び出したものの、花梨ちゃんらしき猫は数メートルの距離から動かず、
IMG_0946

 でも、近づいて来るわけでもなく、

 ずっと私たちを見つめていました。

 子猫を連れてる様子がなく、がっかりしたものの、痩せてガリガリの花梨ちゃんが心配で、
捕獲器をかけることに。

 数時間後戻ると、

IMG_0953

IMG_0954

 すごく痩せてて、ひどい脱水だったけど、

 良かった。

IMG_0961

 花梨ちゃんも、補液が終わったあと、安心したように眠りこけ、

 でも、心残りは子猫のこと。

 念のため。。と花梨ちゃんを保護した後、もう一度同じ場所に捕獲器をかけ、

 すると2匹の子猫が入ってくれてたんだけど、捕獲器の外にもう一匹子猫がいて。。
走って逃げてしまった。

 でも、家の中だったので急いで出入り口を閉め、願いを込め、もう一度捕獲器をかけて。

 翌朝見に行くと、
IMG_0965

 残り一匹の子猫ちゃん。

 皆、花梨ちゃんそっくりで、
IMG_0979

 痩せてボロボロな花梨ちゃんとはうらはらに、子猫たちはふくふくしてて。

 今回保護した花梨ちゃんの子猫たちはボンママが連れて帰ってくれました。こちら


 花梨ちゃんは、あの過酷な地で、見守ってくれる飼い主さんもいない中、頑張って子猫を育てたんだろと思う。
IMG_0960

 必ず、再び保護したいと思ってはいたものの、9月17日にリリースして、一ヶ月経った頃からかなり頑張ってたんだけど、なかなか姿を見ることが出来ず、一ヶ月半過ぎてしまった。

 あの時子猫は1ヶ月ちょっとだったんだと思う。

 警戒区域でのリリースは本当に残酷で。

 本当に迷ったけど、もう一度会える。そう信じ、

 必ずもう一度保護する。と皆で誓った。

 保護できて、本当に嬉しかった。


 警戒区域は、すっかり秋で、
IMG_0963
柿の木が生ってて。

今の季節は、自然の恵みが多いせいか、捕獲器にはいるタヌキや他の野生動物が少ないように思う。

 もうすぐ2回目の冬が来る。

 皆さんに沢山支援していただいたモーションカメラの映像には、本当に沢山の猫が写っていた。

 まだまだ、まだまだ沢山頑張っている。

 この前の鈴を着けた猫もまだ保護出来ない。

 冬が来る前にって気は焦るけど。

 
 今週末は、私は福井で譲渡会なので、週末は福井で頑張ってきます。


**********************************

 「日経ウーマンオンライン」でレスキューの様子や活動の様子が紹介されています。お時間のある時にでもご覧になってください。



 ******************


  福岡:『南相馬にゃんこはうす写真展』実行委員会さまが開催予定の、
にゃんこはうす写真展IN福岡の準備が早くも始まっています→こちら




------------------------譲渡会のお知らせ-------------------------

11月10日に福井での猫の譲渡会&チャリティーバザーを開催します!
日時 11月10日土曜日

時間 午前11時〜午後3時まで
場所 福井市開発1丁目714−2(啓蒙小学校グラウンド沿い)A'sパソコンスクール
 
 
ご支援お願い

「ねこさま王国」

毎回お願いばかりで心苦しいのですが、現在福井では福井の保護猫、仔猫成猫あわせて39匹います。毎月保護費、医療費がかさんでいます。
 いらなくなったタオル類。毛布、フリース。保護費用にあてるバザー用品等猫用餌 
猫砂(固まらないタイプ、紙砂、鉱物系砂もーなんでも!)ペットシーツ。子猫の季節なので子猫用のものは助かります。

○福島でのレスキュー費用や、にゃんこはうす以外で保護している猫たちの為等(全国で保護しています)

 医療費、活動費のご協力をお願いします。

 北陸銀行 開発出張所 普通 5019400  
 口座名義 A-NETふくい 会計 中山 (エーネットフクイ カイケイ ナカヤマ)
 
問合せ先

 連絡先 E-mail ariko602@yahoo.co.jp  
 携帯 SB090−3885−1673 ドコモ080ー8250ー8902 (中山ありこ)


 jisinbanner

http://tohoku-dogcat-rescue.com/
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

去年から作家の「森絵都」さんと同行取材を重ね、私たちの活動や、保護した子のその後までまとめられ、森さんの一冊の本が出来上がりました。

 130802479

 「おいで、一緒に行こう」  森 絵都 著